オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

能取岬と小清水原生花園

2014/06/10 20:37
 
140610-033.jpg
今日の網走の最高気温は23.7度。午前中は久しぶりに能取岬の様子を見てきました。


この時期能取岬で見られる花オドリコソウが目当てでしたが、期待通り咲いていました。花の形を良く見ていただくと名前の通りでしょ。
140610-006.jpg

オドリコソウに訪花するエゾオオマルハナバチです。岬を歩いている間に3頭ほどマルハナバチを見かけましたが3頭ともエゾオオマルハナバチでした。あとは会いたくないハチ、オオスズメバチが1頭・・・(怖)
140610-021.jpg


ユリの仲間でエゾキスゲに似ているゼンテイカ(エゾカンゾウ)のつぼみです。
140610-019.jpg


既に花は終わりかけていますが、能取岬もタンポポが多く、ピーク時には一面が黄色い絨毯のようになります。しかし他所と同じように全てと言っていいくらい外来のセイヨウタンポポで、在来種を探し出す気にもならなかったのですが、下を見ながら歩いていたら偶然エゾタンポポを見つけました!網走に住んで10年、この岬では初めて見たエゾタンポポです。
140610-009.jpg



そして午後はいつものように近くの小清水原生花園へ。駐車場から濤沸湖にタンチョウが見られましたが、いつもの夫婦とは違う、この春にやって来た若鳥2羽のうちの1羽のようです。
140610-079.jpg


花ですが、エゾノシシウドが咲き始めました。この花が大好きなアカスジカメムシも早速しがみついています。
140610-054.jpg


ハマナスと共に原生花園のピークを彩るエゾキスゲ、エゾスカシユリもいよいよつぼみが出てきましたよ。
140610-051.jpg

140610-052.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad