オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

能取岬のゼンテイカ

2013/06/28 20:05
 
130628岬012

130628岬020
もう咲いている頃だろうと、午前中に能取岬にユリの仲間ゼンテイカを見に行ってきました。
ゼンテイカは他にエゾカンゾウ、ニッコウキスゲとも呼ばれています。
道外のお客様はニッコウキスゲと呼ぶ方が多く、地元の人はエゾカンゾウと呼ぶ方が多いように感じます。

エゾキスゲにそっくりで、よくお客様からどこが違うのか質問されますが、まず花の付き方が違います。
エゾキスゲは茎の上部から更に枝分かれして花が咲きますが、ゼンテイカは茎のてっぺんに複数の花が付きます。
そして花の色、エゾキスゲは正しく黄色ですが、ゼンテイカはやや橙色に寄ったというか、黄色と橙色の中間くらいの色です。(多少個体差はあります)
写真を見比べてみてください。

まず昨年7月14日に小清水原生花園で撮影したエゾキスゲ。
120714原生001

そして今日能取岬で撮影したゼンテイカ。
130628岬015

このゼンテイカですが、常呂のサロマ湖畔のワッカ原生花園ではエゾキスゲと共に普通に見られるのですが、小清水原生花園では少なくとも遊歩道沿いでは見られないのです。どこかにあるのだろうとは思いますが、私はまだ見たことはありません。能取岬で見られるのにね。



そしてこの時期に能取岬で見られる私の好きな花、オドリコソウです。
130628岬022



 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad