オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

オホーツク食い倒れ号

2012/09/30 22:54
 
ブログの更新が遅れましたが今月23日、JR釧網線網走~摩周に3回目となる団体臨時列車「オホーツク食い倒れ号」が運転されました。摩周では釧路から運転された団体臨時列車「摩周で会いましゅう号」の皆さんとの交流イベントも行われ、釧網線を地元のみんなで盛り上げていこうということで一致。
今回の交流イベントは本当は昨年予定していたものでしたが、昨年は私達網走からの食い倒れ号が緑~川湯温泉の峠で落ち葉の影響で車輪が空転したため峠の途中で立ち往生、一旦バックして勢いを付けるなど何度か峠越えを試みたものの、上手くいかずに断念し、網走に引き返すというハプニングがありました。
今年は時期も早めて落ち葉の心配が無い事のほか、JRさんの万全の対策のおかげで全てが予定通りに進み、釧路からの皆さんたちと一緒に釧網線を大いに盛り上げることが出来ました。


早朝釧路の車両基地を出た食い倒れ号の回送列車が予定通り8:41に網走駅に到着。その後裏の道路沿いの側線に移動。今回私達MOTレール倶楽部のスタッフはここに集合し、網走駅長はじめJR職員の方々の立会いの下で様々な食材を車両に積み込むなどの準備作業を行いました。準備が終わるとスタッフは一旦列車から降りて徒歩で駅へ移動です。
120923-012.jpg


そして10:30頃食い倒れ号が1番線ホームに据え付けられました。摩周行きの先頭には特製の2012バージョンの大きな丸型ヘッドマークが付き、帰りの先頭には四角いヘッドマークが付けられています。
120923-014.jpg

120923-018.jpg


食い倒れ号は乗客、スタッフ関係者合わせて100人近くを乗せて11:11定刻通りに網走駅を発車。真ん中2両のバーベキューカーから美味しそうな匂いを撒き散らせながら釧網線を快走!
斜里を発車してバーベキューカーの方が落ち着き、私達も先頭の気動車でスタッフ弁当を食べ終わった頃に昨年空転して越えられなかった峠にさしかかりました。
今年は前後とも強力なキハ54ですが、それでも25パーミルの急勾配にスピードが落ちます。今回は大丈夫と思いながらもSLオホーツク号イベントの時の赤いTシャツを着たMOTレール倶楽部のスタッフ達が最前部に集まり、固唾を呑んで見守ります。
120923-023.jpg

やがて無事峠の頂上を越え、歓声が上がりました。スタッフはみんな昨年の無念を経験してるからね。
峠を越えた食い倒れ号は下り坂をゆっくりと下りていき、川湯温泉に到着。対向列車を待つために小休止。
スタッフも、ちょうどお腹いっぱいになた乗客の皆さん達もホームに降りて休憩タイムです。
120923-025.jpg

120923-027.jpg


その後食い倒れ号は定刻通りに目的地の摩周駅に到着。キハ40国鉄色2両編成の釧路からの団体臨時列車「摩周で会いましゅう号」も予定通りに一足早く到着していました。
120923-028.jpg


摩周駅に到着後、釧路側と網走側の交流イベント「摩周で会いましゅう」が開催されるJA摩周ホールへ徒歩で移動。釧路からの皆さんと合流して楽しく盛り上がりました。
120923-032.jpg

120923-041.jpg


イベントを終え、再び摩周駅へ。釧路へ帰る「摩周で会いましゅう号」が先に発車、それを網走の皆さんで手を振って見送り、その後15:50に食い倒れ号も網走に向けて発車です。
120923-050.jpg


帰りの車内でも抽選会などで楽しく過ごし、定刻通り17:53に網走駅に到着。
3回目となった「オホーツク食い倒れ号」今回も食材を提供して下さった地元の各生産者の皆さま、参加してくださった乗客の皆さまのおかげでオホーツクの秋と釧網線を盛り上げることが出来ました。
そして万全の体制で列車を運行してくださった網走駅をはじめJR北海道の皆さま、本当にありがとうございました。


そして今回の食い倒れ号のヘッドマークにもあるとおり、10月5日に網走駅は開駅100周年を迎えます。翌6日土曜日には網走駅で記念イベントが行われ、開駅100周年ビール列車も運転されます。ビール列車は6日網走17:57発で北見まで行って折り返して20:12に網走着。費用は大人1人4900円。
お申し込み、お問い合わせは網走駅ツインクルプラザへ。


MOTレール倶楽部フェイスブックページもご覧下さい。
http://www.facebook.com/#!/motrailclub
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad