オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今年のサンゴ草は・・・

2011/08/31 21:31
 
110830-1.jpg
また蒸し暑さが戻ってきました。
今日の網走の最高気温は28度。
明日の予報はなんと30度!


網走の秋の見所、能取湖のサンゴ草が赤く色付いてきました。
写真は昨日(30日)に撮影したものです。
しかしこれからの時期、多くの方々が訪れる国道238号線沿いのこの卯原内群落地のサンゴ草に今年は異変が・・・。

既に道内だけではなく全国ニュースにもなったのでご存知の方もいると思いますが、この卯原内の群落地は30年以上毎年地元が手を入れている人工的な環境です。
しかし今年はそれが仇となり、サンゴ草が今までの半分以下まで激減してしまいました。

私も報道された事しか分からないのですが、ここは網走国定公園に含まれていますので、何かをするには道の許可が必要です。
今回は隣接する漁港の浚渫工事で出た土砂をここに入れたのですが、まずその量が許可の数倍と多過ぎたうえ、その土砂で湖との間に無許可で堤を造ってしまいました。
その影響か、特に奥の方を中心に乾燥化。
110830-2.jpg

それでも何とか生き残って成長していたものもこのように黒く変色して枯れていくものが増えてきています。
110830-3.jpg


網走市としても大学の先生を交えていろいろと対策をしているようですが、今年はもう無理なのは明らかですが、果たして来年とか、短期間で復活するものなのか?
サンゴ草については専門的に深く研究している学者さんは殆どおらず、まだまだ分からない事が多いと聞いています。
今回の問題に取り組んでいる大学の先生もサンゴ草の専門家と言うわけではないとのことです。



同じ能取湖畔で人の手を入れていない、本当の自然状態の所へ行ってみました。
面積は小さいですが、赤い部分がサンゴ草です。ここでは特に問題なく、綺麗に色付いてきています。
110830-4.jpg

他にも能取湖には各所でサンゴ草を見ることができますが、このように自然状態のものは特に異変はありません。
やはり自然のものは本来の自然のままが一番なのでしょう。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad