オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

SLオホーツク号

2011/07/06 00:23
 
6月29・30日の試運転から始まったSLオホーツク号、大きな事故やトラブルもなく楽しい雰囲気の中で無事終了。
先日このブログに書いた原生花園植物群落への立ち入りですが、心配したほど大勢の踏み荒らしは無かったものの、やはり立ち入った者がおり、中には原生花園管理人さんが何度注意しても無視する者も居たと聞きました。
多くの方々は良識ある行動でしたが、一部の不心得者が居ると次々と真似をする人が出てきます。今後の運行継続を考えると、正直者がバカを見ないように対策が必要なのではと感じました。

何はともあれ、全体的には今回のSLオホーツク号は楽しく盛り上がり、成功と言っていいでしょう。
私も小清水原生花園でのガイドをしながら、SLを誘致したMOTレール倶楽部のメンバーの1人として網走駅でのイベントのボランティアスタッフとして忙しくも楽しい1週間を過ごしました。



網走周辺の鉄道路線では1975年に全ての蒸気機関車が引退。
2~3年前に石北線北見~遠軽で運転され、また釧網線では毎年冬に釧路側で「SL冬の湿原号」が運転されていますが、今回の石北線、釧網線の北見~網走~斜里では36年ぶりの蒸気機関車ということになります。

機関車はC11型207号機、北見にも網走にも斜里にも機関車の向きを変える転車台が残っていませんので、午前中の北見→網走→斜里への下り列車は前向きで運転、折り返しの上り列車は後ろ向きで客車を牽引します。
後ろ向きで牽引するのはカッコ的にはイマイチな感じもしますが、小型機関車のC11型は本来ローカル線用で、現役時代もこのようなバック運転で列車を牽引する事も日常的でしたのでこれもC11の本来の姿です。

前向きの下り列車は原生花園ガイドの真っ最中の11:31に原生花園駅に到着なので私は撮影する事が出来なかったのですが、お客様には花の解説をしながらSLを見ていただくことができました。

ガイドが終わった午後の上り列車は試運転日に撮る事ができましたので、その写真も含め、SLオホーツク号で盛り上がった網走の数日間をご紹介します。

6月29日の試運転、手前に樹木や電柱などがあっていい写真にならないのを承知の上で誰にも迷惑にならない(笑)自宅の屋根に上って撮影です。
110629-01.jpg

110629-02.jpg


30日、この日は網走市など、沿線市民の試乗会を兼ねた試運転でした。
この時原生花園を訪れていた観光客の方々はSLの運転があることを知らずに来た方が多いようで、思わぬ偶然に喜ばれたことでしょう。
110630-01.jpg


MOTレール倶楽部では網走駅の以前観光協会が入居していたスペースをお借りして、網走在住の国鉄OBの方が所有する貴重な鉄道用品を展示。「鉄道秘宝館」としてオープンしました。
鉄道秘宝館はSL試運転が行われた6月29日から7月2日まではそれぞれ18:00~20:00に「鉄道夜祭り」としてその日ごとの鉄道に関連したテーマで座談会や討論会が行われ、SL本運転の7月2日は9:30~20:00までオープン。
3日は9:30~16:00までオープンし、多くの方々に楽しんでいただきました。
110626-2.jpg

110629-1.jpg


6月29日~7月2日まで4日間18:00~20:00まで鉄道秘宝館で行われた座談会、29日のテーマは「ずっとそばにいてね」と題して、鉄道旅行の経験のある人なら誰でも絶対に利用したことがある駅の立ち食いそば。
来場されたお客様にまず網走駅の立ち食いそば屋さんでかけそばを買っていただき、皆でそばを食べながら全国各地の印象に残った駅そばを挙げながら語り合いました。

30日は「網走鉄道秘話」と題し、実際に蒸気機関車を運転していた国鉄OBの方3名をお招きし、釧網線、石北線をはじめとした道東各路線での興味深い経験談をお聞きする事が出来ました。

7月1日は「特急オホーツク大感謝祭」 
網走と札幌を結ぶ特急オホーツク、オホーツク管内にとってはとても重要な列車であるはずなのですが、札幌と道内各地を結ぶ他の特急列車が高速化されていく中、旧態依然のまま取り残され、乗客が減り続けている現状。
特急オホーツクをなんとかしなければ石北線自体が危ない、しかし高速化には巨額の費用が掛かる。
それならばその遅さを逆手にとって魅力ある列車にできないか・・・様々な意見が出されました。

鉄道夜祭り最終日の2日は2部構成、最初は「鉄道が変われば地域が変わる」と題し、MOTレール倶楽部のメンバー4人がパネラーとして鉄道が地域の重要な公共交通として果たす役割について訴えました。
110702-01.jpg

そしてその後は日高管内新冠町出身のシンガーソングライター向井成一郎さんをお招きしてミニライブ。
私は昨年初めて向井さんの歌を聴いたのですが、とても素敵な方です。
特に昨年網走のために特別に創って下さったバラード「オホーツクの碧(あお)」はじわっと心に響く素晴らしい歌です。残念ながらまだCDになっていないのですが、網走の全ての人に聞いて欲しいと思います。
この日も最後に歌ってくださいました。




SLオホーツク号本運転の2日と3日はとても良い天気に恵まれました。
そしてこの2日間は鉄道秘宝館の他に網走の味や特産品の屋台村を作り、網走市内の様々な業者さんが参加。SLオホーツク号を記念したこの2日間だけのオリジナル商品も販売され、多くの人々で賑わいました。
110703-02.jpg

110703-01.jpg




試運転も含め、4日間網走を走った36年ぶりの蒸気機関車、最終日の上り北見行きをMOTレール倶楽部メンバー皆でホームに出て見送りました。
発車直前、写真に写っている手前の女の子は汽笛に備えて耳を塞いでいます。蒸気機関車の汽笛がどんなものか既に学習したんですね(笑)
この直後、腹に響く大きな汽笛と共にゆっくりと網走駅のホームを離れていきました。
110703-03.jpg


SLオホーツク号、私はいろいろと心配もしましたが、鉄道マニアよりも多くの地元市民や一般観光客の方々の喜ぶ姿が印象的で、蒸気機関車の求心力はやはり大したものだと感じました。
この関心が地元の鉄道に目を向けるきっかけになればと思います。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad