オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

オホーツクノロッコ号

2011/06/05 19:55
 
110604-3.jpg
4日と5日、JR石北線・釧網線の旭川~知床斜里に臨時観光列車「オホーツクノロッコ号」という列車が走りました。
昨日(4日)は旭川から網走まで。
そして今日は網走から知床斜里まで走って引き返し、旭川に帰っていきました。
写真は昨日網走に到着し、お客さんを下ろした後側線に引き揚げたオホーツクノロッコ号です。

網走では毎年冬の流氷シーズンに「流氷ノロッコ号」が走っていますが、今回のオホーツクノロッコ号は夏季に富良野線の旭川~美瑛~富良野で「富良野・美瑛ノロッコ号」として走っている車両で、網走に来るのは今回が初めてです。


ゆっくりのんびり沿線の景色を眺められることが売りのノロッコ号ですが、旭川から7時間以上もかけて網走まで走ってくるオホーツクノロッコ号、石北線、釧網線を盛り上げようと活動しているMOTレール倶楽部の仲間でこの列車の乗客の皆さんを網走駅で歓迎しようという事になり、昨日私も参加してきました。

オホーツクノロッコ号から降りてきた乗客の方々を改札出口で出迎え、網走の洋菓子店「ダニエル・ドゥ・ノゥ」さんが販売している「オホーツクにSLを走らせよう 石炭風ラスク」と、レール倶楽部のメンバーが作ってくれた記念グッズを手渡すというものです。

15時過ぎくらいからメンバー達が網走駅に続々と集まり、談笑しながら15時38分に到着する列車を待ちます。
メンバーのお子さん数人も参加。
小さな女の子も真剣な眼差しでオホーツクノロッコ号の到着を待っています。
お父さんから大役を仰せつかり、緊張しているのかな(笑)
110604-1.jpg


定刻通りに列車が到着。
3両の客車から約90人の乗客の方々が次々と改札を出てきます。
「ようこそ網走へお越しくださいました」と声を掛けながら私達大人も子供達も記念品を手渡しました。
110604-2.jpg


乗客の皆さんは記念品を受け取り、それぞれ送迎バスで網走の各ホテルへと向かいました。


そして今日は斜里へ。
原生花園を通過するオホーツクノロッコ号です。
天気も良く、乗客の皆さんは釧網線、石北線の景色を満喫されたのではないでしょうか。
110605-1.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad