オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ウチダザリガニ駆除調査

2011/05/28 20:26
 
今年初めての美幌博物館のウチダザリガニ駆除調査に参加してきました。
2008年のちょうど今頃、それまでオホーツク海側にはまだ居ないとされてきた特定外来種に指定されているウチダザリガニが、美幌町内を流れる網走川水系のある小さな川で美幌博物館のニホンザリガニを目的とした調査で発見されました。
その後関係機関の許可を得てその年の夏から駆除調査を行っており、今年で4年目となります。

午前中は博物館の学芸員さん、私達学芸協力員の他、地元高校生達も加わり13人、午後は11人で作業。
取材に来られたテレビ記者さんも胴長を履き、私達と一緒になって川に入り作業しました。
今日の網走の最高気温は22.2度でしたが、網走から30キロほど内陸の美幌は26度! 暑かった~。
110528-1.jpg


今日は大体200mくらいの区間で作業を行いましたが、午前と午後全員の合計で1403匹。
減りませんね~。
これは午前の作業を終えた時の私のバケツ。112匹でした。
110528-2.jpg


今日捕獲した中で最大の個体。体長124ミリでした。
ザリガニの体長の測り方はこのノギスの通り、ハサミは含みません。
ウチダザリガニは最大で150ミリくらいと言われていますが、私は150ミリの個体はまだ見たことがありません。これまでの美幌博物館の調査で見つかるのはこれぐらいが最大クラスです。
昨年捕獲した個体で130ミリくらいあったかな?
110528-3.jpg



今日の調査では体長10ミリくらいの小さなニホンザリガニが1匹だけ確認されました。
ここではほとんどがウチダザリガニですが、それでもこれまででニホンザリガニが3匹見つかっているということで、私達はウチダとニホンを見誤らないように気を付けています。

多分、昔はここでもニホンザリガニがもっと普通に居たのでしょう。実際、今でもニホンザリガニが生息するには十分な環境です。
人為的に持ち込まれたウチダザリガニによって駆逐され、ここでは激減してしまったのかもしれません。



川岸にはニリンソウが咲いていました。
110528-4.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad