オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

美幌博物館常設展示リニューアル

2011/03/28 22:10
 
ブログの更新遅くなりましたが、先週24日、網走地方気象台から「海明け」が発表されました。
今年の海明けは2月21日だったとの事で、平年より31日早く、昨年より1日早いとのことです。
また、1956年の統計開始以来、3番目に早い記録となりました。

北浜では今月初旬まで流氷が着いたり離れたりを繰り返していましたので2月21日と聞くと違和感がありますが、今年は市内前浜付近だけ流氷がぽっかりと空いている事が多く、市内にある気象台基準で言えばそうだったのでしょう。

この後、視界内に流氷が見えた最後の日となる「流氷終日」が発表されて今年の流氷期間が決まります。



話し変わりますが、いつもお手伝いさせていただいている美幌博物館の常設展示の一部をリニューアルすることになり、昨年11月から作業していましたが、このたび完成し、27日より公開されました。
今日はその一部を簡単にご紹介します。
110328-01.jpg


今回のリニューアルはこれまでの特別展などのように、展示物の大部分が学芸員さんや学芸協力員による手作りとなりました。
私もオフシーズンとなった11~12月に博物館に通い、お手伝いさせていただきました。
様々な材料を使い、切ったり貼ったり削ったり、そして色を塗ったり・・・。
毎度の事ながら細かい作業に目がしょぼしょぼし、なかなか思うようにいかず、ため息をついたりと、悪戦苦闘しながらも頑張りましたよ。

昨年11月に私が作ったヘイケボタルの模型。
110328-02.jpg

それがこのジオラマに配置されました。
ちょっとグロテスクなホタルの幼虫や、幼虫に食べられるモノアラガイも他の方が作った物です。
こうしてジオラマに配置してみると自分で言うのもなんですが、なかなかリアルでしょ。
110328-03.jpg


そしてこの大量の樹木
110328-04.jpg

これはこのジオラマに。
110328-05.jpg


美幌博物館ではザリガニと共にホタルの調査研究に力を入れていることもあり、ヘイケボタルについて分かりやすく楽しめる展示コーナーを作りました。
110328-06.jpg

目玉はこれ。
暗幕で囲ったセットの中にLEDを使い、ホタルが暗闇に舞う様子を再現しています。
この装置も手作り。とてもリアルでびっくりしますよ。ぜひ美幌博物館に行って体験してみてくださいね。
110328-07.jpg



魚類コーナーでは主にヤチウグイとアメマス(エゾイワナ)についての展示。
昨年の特別展「美幌川の魚たち」で好評だったスマートボールゲームを更に改良しました。
打ち出された木製のボールをアメマスに見立て、実際のアメマスが生きていく中での様々な困難をくぐり抜けて見事真ん中のゴール穴にボールが入ると、スイッチが入り、アメマスの産卵シーンの映像が出てきます。
このアメマス産卵の瞬間を捉えた貴重な映像は、魚類専門の学芸員さんが3年がかりで撮影に成功したものだそうで、必見です。
実際、ゴール穴に入れるのは結構難しいのですが、この映像が見られるまで頑張りましょう。
110328-08.jpg



そしてエゾリスコーナーでは私が今まで撮影したエゾリスの写真を提供させていただきました。
こうして改めて自分の写真を見てみるとちょっと恥ずかしい気もしますが、使っていただいて感謝です。
110328-09.jpg



更に是非見ていただきたいのがオニヤンマのヤゴと成虫の模型です。
これは網走在住のプロの方が製作したものですが、塗装に至るまで材料は100円ショップなど、どこでも手軽に入手できるものを使い、全て完全に手作りです。
以前からこの方が製作した模型のリアルさには驚かされてきましたが、本当に凄いです。
110328-10.jpg

そしてこのヤゴの模型はなんと餌を捕食する時に飛び出すアゴが本物と同じように出すことが出来る可動式なんです!
110328-11.jpg

そして成虫。体も大変なリアルさですが、透明な羽の複雑な網目模様もご自身の手で入れたのだとか!
いくらプロだからとはいえ、もう絶句!
まさに神の手ですね。
110328-12.jpg


今日ここでご紹介したのは一部ですが、今回の美幌博物館の新しい常設展示、学芸員さんたちが日頃調査研究しているものを、楽しく分かりやすく見ていただけるように工夫しました。
模型やジオラマ、標本、セットなど、展示物のほとんどは多くの人達の手作りです。
ぜひ美幌博物館に足を運んでいただき、ご覧になってくださいね。






 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad