オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

エゾキスゲ・ヒオウギアヤメ開花

2010/06/12 21:09
 
100612-1.jpg

100612-2.jpg
6月に入ってから晴天が続くようになり、気温も上がるようになりました。
今日の網走の最低気温は14.4度、最高気温は22.5度。日なたに居ると心地よい暑さを感じます。
先月までの寒さで花は全体的にやや遅れ気味でしたが、この好天続きで遅れを取り戻したようです。
今日も濤沸湖畔、小清水原生花園の花の開花情報です。

濤沸湖畔の白鳥公園ではヒオウギアヤメが咲き始めました。あと1週間くらいで見頃になると思います。


そして小清水原生花園ではエゾキスゲもまだ数えるほどですが咲き始めています。(後ろ向きの写真、ご容赦下さい)
エゾキスゲの見頃は今月下旬から来月上旬頃です。
100612-5.jpg


小清水原生花園から国道を挟んで濤沸湖側ではセンダイハギがだいぶ咲き揃ってきました。
後ろの山は斜里岳です。
100612-3.jpg

100612-4.jpg


原生花園の駐車場ではハマナスが開花。園内はまだです。これも見頃は今月下旬から来月上旬でしょう。
100612-6.jpg


エゾノシシウドは開花直前です。
100612-7.jpg


クロユリは満開状態になりました。クロユリ見るならこれから来週にかけてが一番ですよ!
100612-8.jpg



様々な花が咲き出している濤沸湖畔ですが、その上空を飛び回るオオジシギ。遥かオーストラリアからやって来る渡り鳥です。「ジジジ・・・ズビャーク ズビャーク・・・」という独特の鳴き声と、ザザーッと大きな羽音が特徴で、その鳴き声と羽音は昼間はもちろん、深夜でも聞こえてきます。
100612-9.jpg



夕方6時過ぎ、自宅で今日撮った写真の整理をしていたらタンチョウの大きな鳴き声が聞こえました。
湖畔に行って双眼鏡を覗いてみると、いつものタンチョウ夫婦がゆっくりとお散歩中。そしてその後ろにはまだとても小さな雛が1羽。
親鳥はゆっくりと歩いているのですが、それでもその歩幅は雛とはまるで違い、雛はすぐに遅れてしまいます。すると雛は慌てて小走りで親鳥を追いかけ、追いついてホッとしてるとまた距離が離れてまた小走りで追いかける・・・ずっとそんなことを繰り返していましたが、一生懸命親鳥に付いて行こうとしている雛の姿は本当に可愛らしいものでした。
今年もこの雛が無事大きく育ちますように。

 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad