オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今の小清水原生花園

2010/06/07 20:43
 
100607-1.jpg
今日の網走は晴天。そして何よりも最高気温が16.8度と、寒くも無く暑くも無くこの時期の北海道らしいとても爽やかな最高のお天気でした。
昨日も天気は良かったんですが、最高気温が24.6度まで上がり、ちょっと暑かった。
今日はまさに北海道のお手本のような天気です。

そんな天気の中、今日(7日)現在小清水原生花園で咲いている花を撮影してきましたのでご紹介します。
先月まで気温が低い日が続いていましたので全体的に花はやや遅れていますが、多くのお客様に人気のあるクロユリが見頃を迎えてきました。
100607-2.jpg

100607-3.jpg


スミレも見頃。
100607-4.jpg

砂浜に旗竿のようにスッと立っている事から名付けられたハマハタザオも見頃です。
100607-5.jpg

こう見えてもユリ科の花、ヒメイズイは間もなく開花。
先っぽの緑色の部分がぷちっと開きます。
100607-6.jpg

ハマエンドウは一部で咲き始めました。この花はけっこう長い間見る事ができます。
100607-7.jpg

バラ科のエゾノコリンゴもちょうど咲き始めたところ。この花は桜同様、満開になると短期間で散ってしまいます。
来週あたりが見頃でしょう。
100607-8.jpg

タンポポといえば殆どが外来種のセイヨウタンポポですが、小清水原生花園ではほんの少しですが、在来のエゾタンポポを見る事ができます。この写真の通り、がく片が反り返っていないのがエゾタンポポです。
100607-9.jpg

ツルキジムシロ。この花も長期間見る事ができます。
100607-11.jpg

アブラナ科のハルザキヤマガラシ。
ちょうど見頃で目立ちますが、これも外来種です。
100607-10.jpg


以上が現在小清水原生花園で見る事ができる主な花です。
ハマナスはまだ咲いていません。今月中旬頃からぽつぽつと咲き出すと思います。

小清水原生花園が最も華やかに彩られるのはハマナスやエゾスカシユリ、エゾキスゲがピークとなる6月下旬から7月上旬くらいですが、他にもそれぞれの時期で様々な花を見る事ができますので、どうぞお立ち寄り下さい。
このブログでも適時花の情報をお伝えします。
クロユリを見るならこれから来週にかけてが良いですよ。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad