オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今年初のウチダザリガニ駆除調査

2010/06/03 20:54
 
100603-1.jpg
連続してザリガニネタになりますが、前回は在来の絶滅危惧種ニホンザリガニ、今日は特定外来種に指定され、問題になっているウチダザリガニです。

これまでもこのブログでお伝えしてきましたが、2008年から続けられている美幌博物館のウチダザリガニ駆除調査が今年も今日から始まりました。

昨年までと同じ場所で10人くらいで午前1時間、午後1時間作業を行いましたが、昨年までと違い、今日は明らかに少ない感じで、午前は65匹、午後は77匹の合計142匹。
昨年は5月末に1回目の調査を行い、その時は午前1時間のみ、ほぼ同じ人数の作業で139匹でしたから、単純に言うと半減したことになりますね。
これまでの駆除の効果が現れたのかとも思いましたが、そんなに甘くは無いはず。
今後の調査でどんな結果になるでしょう。

捕獲したウチダザリガニは全て体長、体重、雌雄などを測定、記録した後、美幌博物館では冷凍処理し、肥料として有効活用する実験をしています。
ニホンザリガニと競合するなど、在来の生態系に影響を与えるため、やむを得ず駆除していますが、それを単に廃棄するのではなく、その命を役立てようとする取り組みです。
昨年は一部の野菜にその効果が認められました。今年も更に実験を進めていくとのことです。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad