オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ヘイケボタルの幼虫

2010/05/02 19:53
 
100501-1.jpg
昨夜(1日)美幌博物館のヘイケボタル幼虫カウント調査に参加してきました。
上の写真がその幼虫です。足がたくさんあるように見えますが、昆虫ですから足は6本、他に足のように見えるのは、水から酸素を取り込む「気管」と呼ばれるものです。この写真だと足と気管の違いがちょっと分かりませんね。ごめんなさい。

毎年継続して調査している美幌町内の用水路の決まった区間で、昨夜は4人でカウントして250匹が確認されました。
ホタルは幼虫も日光を嫌い、日中は物陰に隠れていますので、幼虫の調査も夜間に行います。
曇りの日などは日中でも見られる事があるそうです。


この写真は幼虫がモノアラガイを食べているところです。
少なくとも3匹で襲っていますね。いや4匹いるかな?
ヘイケボタルの幼虫はこのようにモノアラガイやイトミミズ、他の水生昆虫やオタマジャクシの死骸などを食べる肉食です。
100501-2.jpg


こちらでは7月中旬以降に成虫を見る事ができます。楽しみですね。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad