オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

美幌博物館「ザリガニの暮らし」展が始まります

2010/03/23 20:15
 
日頃お世話になっている美幌博物館で、3月28日(日)から企画展「ザリガニの暮らし」展が始まります。

これまでもこのブログで時々お伝えしてきましたが、網走、美幌など、この地域には絶滅危惧種のニホンザリガニが少ないながらも生息しており、美幌博物館では美幌町内におけるニホンザリガニの調査研究を続けています。
また、そのニホンザリガニと競合するなど、在来の生態系に影響を及ぼすため特定外来生物に指定されているウチダザリガニが、美幌博物館の調査活動の中で2008年5月に網走川水系では初めて確認され、環境省の認可を受けて同年8月から防除(駆除)作業を行っています。

今回の「ザリガニの暮らし」展はこれまでの調査研究活動を踏まえて、ニホンザリガニの生態、人間との関わり等についてや、ウチダザリガニの防除作業の経過等を模型、標本、ジオラマなどを用いて一般の人にも分かりやすく紹介するものです。

先月初めから模型、ジオラマなどの製作が始まり、私もガイドの無い日など、時間がある時に作業に参加してきました。2007年の「松浦武四郎」展の時もそうでしたが、今回も模型やジオラマは私達素人の手作りです。
私は流氷シーズン中だったこともあり、大した働きはできませんでしたが、他の学芸協力員の方々が細かいところにも拘って作り上げて下さりましたので、機会があればぜひ美幌博物館に足を運んでいただければと思います。

写真は先月、製作中のものです。
100323-1.jpg

100323-2.jpg

5月30日(日)まで開催しています。
女満別空港からは車で15分くらいなので、ゴールデンウイークなど、観光で来られる方もぜひご覧下さい。




 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad