オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

久しぶりの知床

2010/03/08 19:16
 
今日の網走の最低気温は-10度、最高気温は-2.6度、先日まで暖かい日が続いていましたが、ちょっと寒さが戻ってきました。

流氷情報を見るとすっかり沖に去っていた流氷の一部が何気なく知床へ近付いてきており、今日はガイドの仕事も無く天気も良かったので今年になって初めてウトロへ行ってみました。

相変わらず薄くて貧弱なものですが、小さな流氷群が近くまで来ていました。
100308-2.jpg

100308-1.jpg


歩道を歩くキツネさん
100308-3.jpg


角が生え変わる途中の1本角の若いオスジカ。
オスジカはこれから4月にかけて昨年の角が脱落します。その後皮を被った袋角と呼ばれる新しい角が生えてきます。
100308-4.jpg




濤沸湖の湖畔では今月になり、ガンの仲間のヒシクイの姿を見るようになりました。
本州各地での越冬を終え、シベリア方面へ帰る途中に羽を休めているのです。
濤沸湖は2005年11月にラムサール条約に登録されましたが、それはこのように渡り鳥たちにとってとても大切な休憩場所である事が大きな理由です。
100308-01.jpg

100308-02.jpg




今年の流氷はもう戻りそうに無く、終わったと思っていましたが、天気予報では10日から11日にかけて大荒れとのこと。猛吹雪などに注意しなければなりませんが、オホーツク海側各地で流氷の再接近、接岸の可能性が出てきました。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad