オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

サンゴ草

2009/09/21 18:21
 
090917卯原内1

能取湖卯原内のサンゴ草が今ちょうど見頃を迎えています。
ただ、今年は7月下旬の大雨の時に泥水を被った所があり、その部分は土埃を被ったようなくすんだ色になってるほか、奥の方は一部枯れてしまってる所もあります。
でも手前の方は綺麗な赤い絨毯のようになって、訪れる人々を楽しませてくれています。
上の写真は17日に撮影したものです。


さて、サンゴ草は赤くなった時に海のサンゴのように見える事から「サンゴ草」とも呼ばれるようになりましたが、正式には「アッケシソウ」といい、アカザ科に属し、海水が混じり合った塩湿地に群生する1年草、春に芽を出し、秋に赤く色付き、その後種を落として枯れていきます。
能取湖だけではなく、サロマ湖や濤沸湖、風連湖など、道東各地の汽水湖の湿地で見る事ができますが、環境省のレッドリストに載っている絶滅危惧種でもあります。

観光で来られるほとんどの方々は9月になって赤く色付いた姿しか見ていないと思いますが、春に芽を出してから成長していく間は普通の植物と同じ緑色をしています。そして8月に入る頃に少しづつ茎が赤くなり始めるのです。
葉もありますが、大変小さいもので、虫眼鏡で見ないとほとんどわかりません。また、花もあるのですが、これは虫眼鏡で見ても白い点のようにしか見えないほど小さいものです。
私も昨年までは赤く色付いた状態ばかり撮影していましたが、今年は春の発芽から成長していく様子を時々写真を撮っていました。以下、アッケシソウ(サンゴ草)の発芽から赤くなるまでをご覧下さい。


まずは4月30日、ゴールデンウイークが始まった頃、小さな芽が出ているのを見つけました。
090430卯原内2

5月27日
090527卯原内1

6月14日
090614卯原内1

7月20日
090720卯原内4

8月18日
090818卯原内4

9月2日
090902卯原内7


ところで、17日に卯原内のサンゴ草群生地の真正面の宿「かがり屋」さんの屋上にNHKのお天気カメラが設置されました。サンゴ草の期間のみの設置ですが、全国版のニュースや天気予報でもここからの映像が放送される事もあるそうです。
皆さん、ニュースや天気予報はなるべくNHKを見るようにしましょう(笑)
090917カメラ




 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad