オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

留学生達とおーろら乗船

2009/02/17 18:15
 
今年も北大をはじめとする札幌の外国人留学生との交流会が先週末14~15日の2日間行われました。

毎年この時期に留学生に網走に来てもらい、冬の網走を体験してもらいながら私達地元のボランティアとしてお世話をする人達との心と心の触れ合いを通して網走のファンになってもらおうというもので、私は今年で3回目のお手伝いとなりました。
私は英語など全くできませんが、過去2回お手伝いさせていただいて、言葉が通じなくても心は通じるものだということを経験しています。もちろん、ボランティアスタッフにも英語が出来る人はいますし、留学生の中にも日本語ができる人もいますが。

今年も自分の仕事の合間にボランティアでお手伝い、留学生達との楽しい2日間を過ごしました。

今年の参加者はエジプト、インドネシア、イギリス、ブラジル、ロシア、アルゼンチン、ボリビアから20人くらいでした。2回目の参加の人も居ました。
初日の14日、早朝夜行バスで網走に到着した彼らは日中、濤沸湖の白鳥公園、「あったか網走」や流氷館などで楽しんだようです。私はこの日は日中ガイドの仕事があり、夕方から夜の「あったか」の仕事に行くまでの間に参加。
毎年恒例の、留学生達がそれぞれの母国の料理を自分で作る夕食会が開かれました。
私は残念ながら夜の仕事のため、料理が出来上がるのを見る事無く「あったか」会場へ。
090214-1.jpg


翌15日は交流会のメインイベントである、天都山で開催された「歩くスキーの集い」に留学生達も参加。私もこの日は朝からお手伝いに加わりました。
皆不慣れな歩くスキーですが、楽しそうにスタートを待ちます。
090215-1.jpg

天気も良く、会場からは接近した流氷も綺麗に見え、7キロのコースを皆見事に完走。
スキーで歩きながら見た流氷が綺麗だったと喜んでいました。
090215-03.jpg

午後はいよいよ流氷観光船「おーろら」に乗船。今年の流氷は不調で、流氷の中を航行できない日も多いですが、この日はみんなの日頃の行いが良かったのか、流氷が近付いていたため、流氷の中を航行できました。
私も一緒に乗船。何度も乗っている私ですが、先月オープンした道の駅からは初めての出航でした。
090215-3.jpg

全速力で20分ほど走って流氷帯に突入!写真で見ての通り、私から見れば大変貧弱な、流氷といえば流氷ではあっても、薄い蓮葉氷の集まりですが、それでも留学生達にとっては生まれて初めて見る流氷です。もう皆大はしゃぎ!
何はともあれ、流氷を見てもらえて良かったです。
090215-4.jpg

090215-5.jpg

090215-6.jpg

090215-7.jpg


夕方、私はまた「あったか」での仕事のため、夜行バスで札幌へ帰る彼らと別れました。
これも毎年の事ですが、情が移った彼らと別れるのはやはり寂しいものがあります。
みんなはやがて自分の国に帰りますが、それぞれの国で自分の友人達に網走での楽しい2日間の事を話してくれるでしょう。
大掛かりなイベントよりも、このような心の触れ合いこそが網走にとって意義のあることではないかと思います。
留学生の皆さん、どうぞお元気で。また網走に来てくださいね。



 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad