オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

5月19日 魚類調査

2008/05/19 23:51
 
今日は美幌博物館の魚類調査に行ってきました。

網走川水系の美幌川にある農業用水取水口に通水するために、今日、取水口付近の可動堰を上げるという事でした。
この可動堰は川を少し堰き止める事によってその堰き止めた所の水位を上げ、横にある農業用水取水口に川の水の一部を流し込みます。必要な水位に達すれば可動堰から溢れる形でそれまで通り水は下流へ流れていきますが、堰き止めてから溢れるまでの間、一時的に可動堰の下流側は干上がり、浅い水溜りが出来ます。その溜りに取り残された魚を捕獲して調べました。
農業用水に通水し始めるこの時期にしか出来ない調査方法です。
今日の調査は網走にある東京農業大学の学生さん達と一緒、十数人で行いました。


可動堰を上げる前
080519-1.jpg


寝ていた鉄製の堰が油圧で起き上がり、一時的に川が堰き止められ、水が引きました。
みんなタモ網を持って一斉に魚を追いかけます。
080519-2.jpg


すぐに水が溢れ出て来るため、短時間でしたが、みんなが捕獲した魚を入れたバケツを持ち寄り、種類を確認、体長、体重などを測定し、放流しました。
ウグイ、アメマス、ヤマメ、カワヤツメ、フクドジョウ等等。特に珍しいものは今回は無かったようです。
080519-3.jpg


アメマスの体長測定をしているところです。
080519-4.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad