オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

5月18日 美幌博物館の自然講座

2008/05/18 23:41
 
学芸協力員としてお世話になっている美幌博物館が地元の人達に地元の自然を知ってもらう事を目的として行っている自然講座。
今日は今年度1回目「森の木をじっくりみてみよう」と題して開かれました。

私は博物館スタッフとしてお手伝い。
北海道らしい爽やかな好天の中、小学生から年配の方まで多くの参加者の方々と一緒に針葉樹、広葉樹が入り混じった豊かな森を歩き、講師を務められた専門家の方から森や樹木についての説明を聞きながら皆さん楽しそうに学んでいたようでした。
080518-1.jpg

080518-2.jpg


ヒグマの爪痕もありました。
080518-3.jpg




自然講座は午前中で終わり、昼頃に博物館に戻ったところで解散。
その後私達学芸協力員は午後から絶滅危惧種でもあるニホンザリガニの調査に行きましたが今日の調査場所では十数人で探してみたものの、1匹しか確認できませんでした。
しかしその1匹はお腹に卵を抱えた大物のメスでした。
080518-4.jpg



体長測定です。
この個体は77ミリという事でしたが、ニホンザリガニとしては最大級だと思われます。
美幌博物館では毎年何回かニホンザリガニの調査を行っていますが、これほど大きい個体は滅多に見れません。
080518-5.jpg



体重測定をし、元居た場所へ放しましたが、それにしても大物でした。
080518-6.jpg


 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad