オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

3月29日 サケの稚魚

2008/03/29 21:10
 
080329-1.jpg

東京では桜が満開と言う事で、この週末はお花見で賑わうことと思いますが、こちら網走の今日の最低気温は-2.3度、最高気温は-0.2度、真冬日でした。
一昨日の夜から雪が降ったり止んだりし、一時ゼロとなった積雪も現在は2センチです。

今日はいつもお世話になっている美幌博物館のサケの稚魚の調査に参加してきました。
サケ、カラフトマスは法令で厳しく管理されていますので、博物館でも正式に道の許可を得た上での捕獲調査です。
昨秋、自然産卵が確認された地点で雪が降る中での作業。川の水温は約5度でしたが、今月上旬の同地点の水温は3度弱でしたので、やはり確実に季節は移り変わってるんですね。

上の写真、小さいのがサケの稚魚、他に写ってるのは手前がアメマス、奥がヤマメです。
サケの稚魚と奥のヤマメには薄黒い斑点のような模様がありますが、これはバーマークといいます。
この稚魚はこの後春から初夏にかけて川を下り、大海原へ旅立っていきますが、その頃になるとこのバーマークは消えます。
今回調べたこの稚魚たちは体長5センチ前後でしたが、海へ出て約4年の長い旅を終える頃には70センチくらいの立派な姿になって帰ってきます。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad