オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

8月29日 松浦武四郎展準備中

2007/08/30 01:31
 
昨年から近隣の美幌町の美幌博物館で学芸協力員として自然関係の調査や行事などのお手伝いをさせてもらってますが、その美幌博物館で9月2日から10月26日まで、「北海道を探検した男 松浦武四郎 ~未知への憧れ・挑戦~」と題した特別展が開かれます。

松浦武四郎(1818年~1888年)は幕末から明治時代にかけて活躍した探険家で、それまで蝦夷地と呼ばれていたこの北の大地、北海道の名付け親でもあります。

今回のこの特別展は様々な資料展示以外に、松浦武四郎が美幌を訪れた時の様子をジオラマにして展示するという事で、先月初めからその製作に取り掛かりました。
僕は他の学芸協力員の皆さんと共に主にジオラマの中に配置するアイヌの人々や松浦武四郎の人形作りをしましたが、これは市販のプラモデルの武士を切ったり削ったりパテで整形したりしながら、それぞれのシーンに合ったポーズのアイヌ人達に仕立てるというもので、最初はどう加工していいか分からず、途方にくれましたが、皆で試行錯誤しながら知恵を出し合い、何とか数十体もの人形を作り終えました。
20070830003850.jpg


今月途中からは情景担当の人がそれぞれのシーンのジオラマの製作に取り掛かり、出来上がったものから人形を配置、何とか形になってきました。
20070830004643.jpg


他にも大きな地図に、発光ダイオードを埋め込み、ボタンを押して武四郎の足跡を点灯させる仕掛けを作ったりと、皆さん自分の時間がある時に博物館に集まり、いろんな展示物を作ってきました。
今週は開催を前に追い込み作業、連日夜8時過ぎまで頑張ってます。
昨日と今日は北海道新聞の記者の方が準備作業の取材に来てました。
ジオラマ作りなどは皆素人で、最初はどうなる事かと思いましたが、皆で協力し合った甲斐があり、自分で言うのもなんですが、素人にしてはなかなか良く出来たのではと思っています。
20070830010318.jpg


美幌博物館は女満別空港から車で15分くらい、JR美幌駅からは車で5分くらいの所なので、観光で来られる方も是非立ち寄って頂ければと思います。
常設展示は入場料金300円(高校生以下は無料)ですが、武四郎展のみの場合は大人も無料です。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad