オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

3月10日 オランダの方と知床へ

2007/03/10 20:57
 
一昨日の話ですが。

この日はオランダから来られたバードウオッチャーのお父さんと息子さんをご案内することになりました。
知床にも足を伸ばしたいということでウトロへ行くことになっていたんですが、僕、英語全然できません・・・。
先月札幌の留学生のお手伝いをした時は、責任者の方は英語出来る人でしたし、留学生の中の何人かは少し日本語が出来る人も居たのでそれほど困らなかったんですが、今回は僕一人。そしてオランダの方は日本語全く出来ないとのこと。
そんな状況で半日案内するなんて出来るのかと正直とても不安でしたが、「まあ何とかなるだろう」と開き直って網走観光協会前を出発!

と思ったらオランダ人のお父さん、いきなり運転席に乗り込もうとし、僕が「ノー!ノー!」と言って気付きました。
ヨーロッパはイギリス以外は左ハンドルですから、日本は逆というのを忘れて無意識に乗ろうとしてしまったようです。ご本人もそのような事を言って大笑いしてました。

そして出発。僕が英語が出来ないのを分かってはいながらも、いろいろと質問されます。まあ、当然ですね。せっかくはるばる日本までバードウオッチングの旅に来られたのですから。
見るからに本格的なフィールドスコープと双眼鏡、服装から靴まで、事前にしっかり北海道を調べてきてるようです。相当筋金入りのバードウオッチャーとお見受けしました。息子さんは20歳くらいでしょうか。
お父さんに引っ張られてこの道に入り込みつつあるようです。

一応僕も網走知床周辺で見られる代表的な野鳥の数種類は英語名を知ってはいました。

・オジロワシ→White-tailed Eagle
・オオワシ →Steller's Sea Eagle
・シマフクロウ→Blakiston's Fish Owl
・タンチョウ→Japanese Crane
・クマゲラ →Black Woodpecker

まあこれだけですが(笑)
でもこの5種類の英名で何とかコミュニケーションを取っていかなければなりません。

海外のバードウオッチャーからはオオワシがかなり人気があると聞いたことがあります。オジロワシは少ないながらもヨーロッパでも見ることが出来ますが、オオワシは世界でもこの極東地域でしか見られない事と、黒白黄色とコントラストがはっきりした美しさが人気の理由でしょう。

今回のオランダ人の方もオオワシをかなり楽しみにされていたようで、日本の野鳥を紹介した図鑑を見せてくれましたが、表紙はオオワシが大きく描かれていました。

様々な質問の中で何とか理解できたものは、「シマフクロウは見れるか?」「タンチョウはこの辺にはいないのか?」くらいだったんですが、答えるのもまた一苦労です。シマフクロウやタンチョウの英名は知っていてもそれ以外の言葉が分からない・・・。
「フィッシュオウルはレアだからベリーディフィカルトというか、ほとんどノー」
「ジャパニーズクレインはウインターはクシロ、この辺はスプリング、サマー、オータム」

と、日本語混じりで答えましたが、分かってもらえたような、やはり無理みたいな・・・って感じでした。ただ事前に調べて来てるので、釧路という地名は知っていましたし、冬にタンチョウが釧路方面に居るのは「やはりそうか」みたいな感じでした。

いろいろ大変ではありましたが、オオワシを自前のフィールドスコープで見ながら「オーベリービューティフル!」と感動されてましたし、知床の風景、僅かに残った流氷にも喜んでおられたようです。
ウトロの定番、プユニ岬のこの風景も気に入っていただきました。
20070310204604.jpg


網走に戻り、「アイキャンノットイングリッシュ アイムソーリー」
と、英語が出来なかった事を謝りましたが、お二人とも喜んで「アリガトウ」と日本語で答えて頂き、何とかほっとしました。

中学生くらいの英語をしっかり覚えていればもう少しうまくお話出来たかもしれませんね。
やはり学校の勉強は大事です。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanazashi.blog2.fc2.com/tb.php/366-fa9a95d9

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad