オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

網走に流氷再び接岸!

2017/04/21 21:20
 
昨日の流氷接近を見て「ひょっとしたら接岸もあるかも・・・」なんて思ったりしましたが、今朝起きて窓の外を見てびっくり、なんと本当に接岸していました!
4月上旬に再接岸することは時々あることですし、この時期でも沖を漂う流氷が見られたことは2014年にありましたが、20日過ぎに接岸して来たのは私が移住して13年目で初めてです。

早速朝一番の釧網線の釧路行きの列車と合わせて流氷の写真を撮ろうと北浜駅へ行って待っていたら、やって来たのはこれまたなんと流氷物語号の白いラッピング車!
今年の流氷シーズン中1ヶ月間網走~知床斜里で運行された流氷物語号はシーズン中このブログでもお伝えした通り、白いラッピング車と青いラッピング車がありますが、運行期間終了後は釧路の車両基地に所属する他の同型車と共通で釧網線や花咲線の通常の列車に使用されています。何時、どの列車に入るかは公表されていないので、このラッピング車に当たるかどうかは運なのですが、とても珍しい4月20日過ぎに接岸した日に朝一番の列車で来るとは思っていませんでした。
170421-056.jpg

170421s1-001.jpg


釧路行きの列車を撮った後、海岸で撮った流氷です。
170421s1-004.jpg

170421s1-005.jpg


朝は曇っていましたが時間が経つにつれて綺麗に晴れてきたので、改めてこの時期にしては珍しく接岸した春の流氷を撮影してきました。周りに雪が無いのに流氷が接岸している光景はなにか不思議な感じです(笑)
午後には斜里岳もくっきりと美しい姿を見せてくれました。
170421-087.jpg

170421-089.jpg

170421-081.jpg

170421-094.jpg



お隣の浜小清水の海岸です。
170421s1浜小-010

170421s1浜小-017


その後夕方になるにつれて北浜では流氷が少しづつばらけてきました。
今日は今年の流氷が最後のサービスをしてくれたのでしょう。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad