オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

釧網本線を世界遺産に!

2016/02/19 21:30
 
160219s1-081.jpg
私も設立時から参加している、鉄道を通してまちづくりに取り組む任意団体 MOTレール倶楽部 は多くの方々、関係機関の協力を頂きながら、これまで「オホーツク食い倒れ号」など数々のイベント列車の企画運営、「SLオホーツク号」として実現した蒸気機関車の誘致、網走駅開業100周年記念イベントの企画運営などで地元の石北本線、釧網本線を盛り上げる活動をしてきました。

わしのとまり木に宿泊して下さるお客様も多く利用するJR釧網本線は沿線に世界自然遺産知床をはじめ、ラムサール条約登録湿地の釧路湿原と濤沸湖、そして小清水原生花園や摩周湖があり、冬は車窓から北半球南限の流氷を間近に見られるなど、大変大きな魅力に満ちています。その釧網本線の価値は日本だけではなく世界レベルのものではないかとも思います。

2月18日、釧路で北海道鉄道観光資源研究会、釧路臨港鉄道の会、MOTレール倶楽部、そして鉄道フォトライターとして活躍されている矢野直美さんが発起人となり、「釧網本線世界遺産登録推進会議」が設立されて釧網本線を文化、自然の複合世界遺産への登録を目指すことになり、同日記者会見が行われました。
写真は今日の北海道新聞朝刊のオホーツク版に掲載された記事です。
これまで世界遺産に登録された鉄道路線は海外に数例あります。長く厳しい道のりだと思いますが取り組んでいく価値は十分あると思っています。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad