オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

流氷ノロッコ運転開始

2016/01/30 18:38
 
160130-008.jpg
JR北海道が今シーズン限りで廃止の意向との報道があったJR釧網本線の臨時観光列車「流氷ノロッコ号」が今日から運転を開始しました。写真は午後に当宿2階から撮影した網走発知床斜里行き流氷ノロッコ3号です。
28日に流氷初日となった網走ですが、流氷は周辺海域にとても小さな流氷群が散在している状況のようで、今日は沿岸からは見えなかったのがちょっと残念でした。

ノロッコ号は機関車牽引の客車列車ですが、機関車は網走側に固定され、反対側の斜里側の客車に運転室があり、斜里行き下り列車の1号と3号は客車運転室からの遠隔操作で機関車を制御して最後から押す形で走って行きます。網走行き上りの2号と4号は普通の客車列車と同じく機関車が先頭で牽引して行きます。
普通の客車列車といってももう日本には数えるほどしかありませんが。


私も参加している、地元の鉄道・バスを盛り上げようと活動しているMOTレール倶楽部では廃止が取り沙汰されている流氷ノロッコ号は地元にとっても流氷観光に来られるお客様にとっても大事な存在であり、今後も走り続けてほしいという願いを乗客や乗務員など関係者に伝えようと、運転開始一番列車の流氷ノロッコ2号を北浜で横断幕を持って迎えました。
私は午前中お客様をガイドしていましたので、この写真はMOTレール倶楽部の撮影、提供です。
160130-1.jpg

流氷ノロッコ号の利用客は決して少なくは無く、多くのお客様が楽しみにしている列車です。車両の老朽化など難しい事情もあると思いますが、沿線自治体も協力しながら来年以降も走り続けてほしいですね。
今年の流氷ノロッコは2月28日まで、網走~知床斜里を毎日2往復運転されます。

 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad