オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今冬の流氷終日は3月8日

2015/04/07 21:40
 
網走地方気象台から今日「流氷終日」が発表されました。「流氷終日」は「視界内の海面で流氷が見られた最後の日」とされていて、先日発表された海明けと同じく過去に遡って決められて発表されます。今年の流氷終日は3月8日だったということで、平年より34日早く、昨年より53日早いとのこと。これは1946年からの統計開始以来最も早い記録だそうです。

そして流氷初日から流氷終日までの「流氷期間」は56日で平年より25日短く、昨年より44日短いとのこと。
いつもなら3月でも着いたり離れたりしながら流氷が見られるのですが、今年は見えなくなったらそのまま帰って来ませんでしたね。


流氷終日が発表された今日、濤沸湖畔と能取岬でエゾエンゴサク、アズマイチゲ、キバナノアマナが咲き始めたのを見つけてちょっとびっくり!先日のミズバショウも早かったですが、何れもいつもより1週間から10日くらい早いです。ヒバリのさえずりも北浜で今年初めて聞かれました。

濤沸湖畔のエゾエンゴサクです。
150407-002.jpg


濤沸湖畔のアズマイチゲ
150407-005.jpg


能取岬のキバナノアマナ
150407-019.jpg


フクジュソウはまだ見られますが、もうピークを過ぎたようです。
150407-011.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad