FC2ブログ

オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

釧網線モニターツアー観光列車

2019/01/31 19:11
 
今日は流氷がすっかり離れてしまい、北浜からはほとんど見られませんでした。
ちょっと残念な状況でしたが、JR釧網線で外国人旅行者向けのモニターツアー観光列車が網走から釧路へ運転され、私も北浜駅で網走市関係者の方々と列車を待ち受けてツアー参加の皆さんを歓迎しました。

JR北海道のリゾート車両「ノースレインボウエクスプレス」を使用した列車は網走駅で市長の挨拶などの出発セレモニーの後9時24分に発車。北浜駅には9時39分に到着して15分間停車。残念ながら流氷は沖に離れて見られなかったものの、参加された100人の海外の方々は市が用意したクリオネや本物の流氷、駅の展望台、網走市のゆるキャラ二ポネとの記念撮影など、母国では経験できない寒さも含めて楽しまれていました。
190131-003.jpg

190131-004.jpg

190131-006.jpg

190131-011.jpg



流氷は日中、水平線付近になんとなく見えるかな?という感じでしたが、お昼近くになって細かい流氷の欠片が海岸に漂着しました(^^;
190131-012.jpg

これから明日にかけてもずっと西風のようで、明日も網走ではちょっと見え無さそうです。知床では接岸していると思います。
 

今日の北浜

2019/01/30 19:19
 
190130-001.jpg
今日はちょっと流氷は離れましたが、快晴の下で十分楽しめる状況でした。
砕氷船「おーろら」はもちろん全便流氷クルーズ。JR釧網線の車窓も楽しめたでしょう。


天気が良かったので斜里岳も知床連山も綺麗に見られました。
190130-014.jpg

190130-013.jpg


キタキツネさん。やはりモコモコした冬毛がいいですね。
190130-009.jpg


これから明日にかけて南風の予報なので流氷は一旦離れそうです。
 

網走で流氷接岸初日

2019/01/29 19:38
 
190129-011.jpg

190129-012.jpg
網走地方気象台から流氷接岸初日が発表されました。
流氷接岸初日とは「流氷が接岸、または沿岸定着氷と接着して沿岸水路が無くなり船舶が航行できなくなった最初の日」とされています。今日の流氷接岸初日は平年より4日、昨年より4日早い観測となりました。

網走では昨夜遅くから吹雪となり、その北風が昨日離れていた流氷を網走沿岸に押し付け、今朝起きると目の前の北浜の海では流氷がびっしり。昼頃まで吹雪いていて視界が悪かったのですが、天気が回復して視界が良くなると網走周辺が全て流氷で覆われていました。
上の写真2枚は13時40分頃、網走市街地近くの国道244号鱒浦パーキングからです。


そして15時50分頃の当宿から撮影した北浜です。
190129-013.jpg


流氷は常に動きますのでまた離れることもありますが、しばらくは全く見えなくなることは無いと思います。
2月2日からはJR釧網線の網走~知床斜里を1日2往復する観光列車「流氷物語号」の運転も始まります。
いよいよ流氷シーズン本番となりました。
ぜひ網走にいらして下さいね!
 

今日は流氷離れました

2019/01/28 19:02
 
190128-001.jpg

190128-002.jpg
昨日は流氷が接岸していた北浜ですが、一夜にして水平線付近まで後退してしまいました。
写真は今朝8時15分頃の北浜駅です。


その後明るくなり視界が良くなると知床方面に流氷が見えました。今日は知床では接岸していたようです。
写真は11時40分頃に当宿から撮影したものです。
190128-003.jpg

今日は一旦流氷離れましたが、今夜から明日にかけて雪と共に良い感じの北風が吹く予報なのでまた流氷が網走に戻って来そうです。明日は期待できますよ。
 

流氷びっしり!

2019/01/27 19:22
 
190127-001.jpg

190127-002.jpg
昨日一部接岸した流氷ですが、今朝起きて外を見たら水平線まで海が一面真っ白に!
今日は気象台から「流氷接岸初日」が発表されるのではと思っていましたが、北浜周辺から知床方面はびっしりだったものの、藻琴付近から網走市内周辺に大きな開水面があったことから基準に達しなかったようで、結局今日は接岸初日とはなりませんでした。

しかし今日は晴天の下砕氷観光船「おーろら」は全便流氷クルーズとなり、JR釧網線も車窓から流氷の景色が楽しめたことでしょう。
濤沸湖湖口を渡る釧網線網走行きの列車。
190127-012.jpg


13時過ぎ、藻琴からの様子。この辺りから網走市内にかけてこのように大きな開水面があり、接岸初日の基準に達しなかったのだと思います。
190127-018.jpg

190127-017.jpg


当宿から16時過ぎの様子です。知床方面にかけて海面が真っ白です!
190127-019.jpg

 

北浜でも流氷の一部が接岸

2019/01/26 17:06
 
今朝起きたら目の前の海岸に流氷が接岸していました。細かい砕け氷とシャーベット状の氷泥が混じったもので、沖はまだ広く開水面があり、接岸というより流氷の一部が漂着したと言った方がいいかもしれませんが、今日は砕氷船「おーろら」も全便流氷に入れたようですし、JR釧網線も網走~知床斜里で車窓から流氷を楽しめたでしょう。
今日の網走の流氷をご覧下さい。

今朝の北浜
190126-002.jpg

190126-006.jpg

190126-007.jpg



11時40分頃の能取岬です。
190126-010.jpg

190126s1-056岬


14時30分頃の北浜海岸です。
190126-013.jpg

190126-017.jpg


今日はまだ網走市内周辺は接岸しておらず、北浜周辺でも沖は広く開水面があることから、気象台からの「流氷接岸初日」は出ていません。明日の流氷はどうなっているでしょう。
 

流氷浜小清水以東で一部接岸

2019/01/25 19:18
 
190125s1-071.jpg
昨日(25日)の荒天で流氷が戻って来ました。
写真は今朝7時前に北浜の当宿から撮影したものですが、知床方面に流氷群が漂っているのがはっきりと見えました。
網走市内では見えず、東に寄っていたようです。

その後知床方面に流氷の状況を見に行ってみました。
細かい砕け氷と氷泥(シャーベット状)が混じった小規模な流氷群ですが、北浜の隣、浜小清水以東で接岸していました。
浜小清水の流氷です。
190125-016.jpg


止別川河口
190125-005.jpg


斜里町の以久科原生花園
190125-007.jpg


知床ウトロ周辺
190125-011.jpg

190125-013.jpg


JR釧網線には乗っていないのですが、止別~知床斜里でしばらく海岸線を走る所があります。そこは地形的に流氷が溜まりやすく、多分今日は車窓から接岸した流氷が見られたことでしょう。並行する道路が無いのでその海岸線の流氷は釧網線に乗った人だけが見られます。
観光列車「流氷物語号」は2月2日から3月3日まで運転されます。ぜひ釧網線からの流氷も楽しんで下さいね。
 

オオワシ

2019/01/22 18:25
 
190122-007-crop.jpg
流氷はその後見えなくなってそのままです。大きな流氷群は20~30キロ沖にあるようなのでまもなくまた見えてくると思うのですが。
写真は今日の濤沸湖でのオオワシです。流氷は見えませんがオオワシやオジロワシは毎日見られます。

24日は網走でも猛吹雪の恐れとの予報です。各交通機関が止まる可能性がありますので24日にオホーツクを訪れる予定の方はご注意下さい。
この荒天で流氷が一気に近付きそうです。
 

北浜からも流氷見えた!

2019/01/14 17:16
 
190114-004.jpg
昨日網走で流氷初日となりましたが、今日は北浜の当宿からも肉眼ではっきりと見ることができました。
写真は13時頃に当宿から撮ったものです。

この小さな流氷群は東へとゆっくりと移動していき、夕方には視界が悪くなったこともあり見えなくなりましたが、明日釧網線の止別~知床斜里で車窓から見られるかもしれません。
 

網走で流氷初日

2019/01/13 18:06
 
2019流氷初日
正直言ってまさか今日見えてくるとは思わず、日中はワシウオッチングのガイドをしていましたが、海の方はほとんど注意して見ていませんでした。
午後に市内の高台から見えたようで、網走地方気象台も流氷初日を発表。
平年より8日早く、昨年より15日早いとのことです。

今日見えたのはまとまった流氷群から離れた小規模なはぐれ氷だと思うのですぐにばらけてしまいそうですが、いよいよ来た!
て感じですね。
 

今冬初のスノーシューツアー

2019/01/10 19:57
 
190110s1-006.jpg

190110s1-010.jpg

190110s1-011.jpg
今日は昨夜お泊りのお客様を自然ガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」でご案内させていただきました。
私も今冬初めてのスノーシューツアーガイドでしたが、森の中の積雪もスノーシューが楽しめる程度にはなり、氷瀑群も綺麗に見られました。

お客様も見事な氷瀑に盛んにシャッターを切られていました。
190110s1-007.jpg


流氷はまだですが、今日は岩礁にゴマフアザラシが見られました。
保護色のように岩に溶け込んで分かり難いかもしれませんが、岩礁の上にアザラシが2頭います。1頭は分かると思いますが、もう1頭注意深く探してみて下さいね。
190110s1-003.jpg


このスノーシューツアーではこのように時々アザラシが見られることがあるんですよ。
もちろんオジロワシやオオワシも見られます。
 

おーろら到着

2019/01/09 18:30
 
190109kd-002.jpg
網走の砕氷観光船おーろら2隻がシーズン前の整備を終えて、発着拠点の網走道の駅に到着しました。
今シーズンは1月20日から4月3日まで運航されます。
この船を見ると気分が盛り上がりますね!
 

今日の北浜

2019/01/08 20:06
 
190108kd-004.jpg
網走では厳しい寒さが続いています。しかし今日は殆ど無風状態の晴天。
風が無いと外に出ていても体感的にはとても楽です。ただ気温は低いのですから手袋をしていないとすぐに指先が痛くなりますが。

写真は今日の北浜の海岸から見た知床連山です。
流氷は順調に南下中で、網走地方気象台から沖を漂う流氷が確認される「流氷初日」は平年並みの今月中旬から下旬になりそうとのことです。
この海が流氷で覆われるのが楽しみですね。
 

あけましておめでとうございます

2019/01/01 15:52
 
190101-009.jpg

190101-004-crop.jpg
明けましておめでとうございます。
網走では気温は低いものの、風はほとんど無く穏やかな新年を迎えました。
今朝は斜里岳にちょっと雲がかかってしまいましたが、山頂の少し左側から初日の出を見ることができました。
濤沸湖にはタンチョウの姿も。


そして日中のわしのとまり木から。
190101-051.jpg

190101-052.jpg

年が明けるとまもなく流氷シーズンです。
今年もお客様と一緒に感動を共有していきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad