オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

流氷物語号今季運転終了

2017/02/28 22:02
 
170228s1-003.jpg
1月28日からJR釧網本線網走~知床斜里で毎日2往復運行されてきた流氷物語号が今日で今シーズンの運行を無事に終了しました。
最終日の今日は私もMOTレール倶楽部の仲間達と共に網走市観光ボランティアとして全便に乗車し、車内放送などでご案内させて頂きました。

最終日ということもあり、各駅では一緒にこの1ヶ月間流氷物語号を盛り上げてきた地元の関係者の皆さんがメッセージを掲げて列車を見送りました。
170228s1-006.jpg

170228s1-008.jpg

170228s1-012.jpg


最後の列車となった流氷物語3号が知床斜里駅に到着して私達も降車。いろんな人達の思いを乗せた列車の1ヶ月が終わりました。
170228s1-013.jpg


さて、流氷の状況は今日現在、網走~止別にかけては沖合い遠くに離れており、流氷物語号から見ると止別~斜里の海岸では広い開水面があるものの、沿岸定着氷や、それほど遠くない沖にまとまった流氷群が見られました。
流氷物語号の運行は今日で終わりましたが、流氷は今後もまた接近してくることがあると思います。
 

網走今日の流氷

2017/02/27 21:46
 
この数日、網走周辺の流氷は沖に離れて見えている状況ですが、天気は良く、わしのとまり木のガイドツアーに参加されたお客様は網走の自然を大いに満喫されています。
今日もスノーシューで歩く森と海岸ツアーでご案内するコースでは素晴らしい景色が見られました。
170227s1-001.jpg

170227s1-002.jpg

170227s1-005.jpg

170227s1-008.jpg


海岸から沖の流氷群の中を航行する「おーろら」を見ると蜃気楼現象で少し空中に浮いて見えました。お分かりいただけるでしょうか?
晴天で風も無く、日光で大気が暖められたために小規模な蜃気楼が発生したのでしょう。
170227s1-017.jpg

170227s1-025.jpg


午後に当宿から撮影した流氷物語3号。流氷物語号は明日で今シーズンの運転が終了します。
170227s1-028.jpg


流氷は天気次第でまた接岸するでしょう。まだ楽しめると思いますよ。



 

流氷物語号にルパン

2017/02/24 21:26
 
今日の流氷は強い西風で東の方に吹き寄せられ、ちょうど北浜が境目になって網走市内~北浜は沖に離れ、北浜~斜里は開水面が混じりながら接岸という状況でした。

私は今日1日、流氷物語号全便に観光ボランティアとして3回目のアナウンス担当。
列車の編成はやはり昨日と同じく青いラッピング車+ルパンラッピング車でした。
170224s1-004.jpg

170224s1-005.jpg


車窓からの流氷の状況が一番良かったのは止別~知床斜里の海岸沿いで、流氷が溜まりやすい所。ここは並行する道路が無いので、釧網線の列車からしかこの景色は見られません。
170224s1-010.jpg

1月28日から運転されてきた流氷物語号も残すところあと4日、2月28日までです。
 

今日の網走

2017/02/23 20:57
 
網走の流氷は接岸したりやや水面が出たりしながらも十分楽しめる状況です。
今日の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」ではオジロワシ、オオワシはもちろんですが、可愛らしい小鳥のウソが見られました。
嘘ではなくウソという名前の野鳥です。
170223s1岬海岸-006

170223s1岬海岸-004


今日も午前のスノーシューツアー、午後のワシウオッチングと1日のガイドを終えた後、北浜に戻る途中の鱒浦で砕氷船おーろらの写真を撮っていたら流氷物語号の回送列車が来ましたが、白いラッピング車の代わりにルパンラッピング車が入っていました。
流氷物語号は通常だと青いラッピング車と白いラッピング車の2両ですが、車両運用の都合で他の車両が入ることがありますが、ルパンが入ったのは初めてです。
170223s1鱒浦-011

170223s1鱒浦-012

私は明日24日の流氷物語号2往復全便に網走市観光ボランティアとして乗車します。今日この編成で網走駅滞泊ということは明日の流氷物語もルパンと青かな?

 

PCの調子が悪くて

2017/02/17 21:40
 
流氷シーズン真っ只中で特に今月は宿泊、ガイド共に多くのお客様にご利用いただいており、心より感謝申し上げます。
このところブログの更新が滞っており申し訳ございません。
最近パソコンの調子が悪く、インターネットやメールのやり取りは問題無くできるのですが、写真の扱いができなくなってきました。
パソコンが苦手な上に一番の繁忙期のため、ちょっと対応に苦慮しています。
せっかくの流氷シーズンの最中に美しい流氷の写真をお見せできず申し訳ありません。

網走の流氷は昨日(16日)~今日(17日)にかけて南風、気温上昇の影響で岸から一時的に離れましたが、その後北風になっていますので、明日(18日)以降また接近、接岸すると思われます。

現在の私のパソコンの状態で写真(元画像)の表示はできませんが、撮影した画像データは外付けハードディスクに保存できていますので、また騙し騙し写真もアップしていきたいと思っています。

なお、インターネットやメールは普通にできますので、ご予約など、通常の業務には支障ございません。
今月は宿泊、ガイド共に混み合っておりますが、3月はまだ余裕があり、ご予約受付中です。
流氷は気まぐれなので予想はできませんが、今シーズンは3月も期待できそうな気がしますので(多分)
春の足音が聞こえてくる3月の網走にもぜひお越し下さい。
 

流氷は最高の状態に!

2017/02/07 22:07
 
網走の流氷は2月2日に接岸初日となった後、少し離岸して数百メートル沖にずっと見えている状態が続いていましたが、昨夜からの強い北風で一気に再接岸、見渡す限りの大流氷原が広がり、最高の状態となりました。
昨年があまりにもガッカリなシーズンだっただけにこのような光景を見るのはずいぶん久しぶりな感じがします。
今日の素晴らしい流氷をご覧下さい。

朝の北浜駅です。
170207駅展-052

170207s1-007.jpg


11時過ぎの能取岬、本当に見事でした。
170207s1-009.jpg

170207s1-012.jpg

170207s1-018.jpg

170207s1-020.jpg

170207s1-021.jpg


当宿から撮影した流氷物語4号。今日の流氷物語号は車両運用に変更があったようで、キハ54の青いラッピング車が外れて、代わりにキハ40が入っていました。
今日の流氷物語号からも最高の景色が楽しめたことでしょう。
170207-059.jpg
 

網走で流氷接岸初日

2017/02/02 19:52
 
網走では1月31日に流氷初日となりましたが、昨夜から今朝にかけての強風で流氷が接岸し、今日流氷接岸初日となりました。
平年並みとのことです。流氷接岸初日とは「流氷が接岸、または沿岸定着氷と接着して沿岸水路が無くなり船舶が航行できなくなった最初の日」とされています。

昨シーズンの接岸初日は2月22日という記録的な遅さでしたが、今シーズンは沖の流氷の量も多く、期待しています。
北浜での今日の流氷の様子をご覧下さい。
先ずは13時頃に当宿から撮った流氷物語4号です。
170202-054.jpg


そして15時頃の北浜の海岸です。
170202s1海岸-002

170202s1海岸-007

170202s1海岸-005

皆さんぜひ網走に来て下さいね!
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad