オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

網走流氷初日

2017/01/31 20:38
 
今日1月31日午前、網走地方気象台から網走での流氷初日が発表されました。平年より10日遅く、昨年より3日遅く、1946年の統計開始から5番目に遅い記録とのことです。
年末から年明けにかけての勢いではもうとっくに初日になって、今頃は接岸していると思っていたのですが、その後足踏み状態が続きました。
その間も氷泥混じりのまばらな細かい流氷が漂ってきたりしましたが、今日ようやくまとまった流氷群が接近し、市内の気象台からも確認されました。


今朝8時10分頃の北浜から見えた流氷です。
170131s1不動-002


その後流氷は徐々に市内に接近。16時過ぎに網走市内の高台から見た流氷です。
170131s1-037.jpg

170131s1-043.jpg

170131s1-046.jpg

今日の砕氷観光船「おーろら」は全便流氷の中に入っての航行となりました。JR流氷物語号からも沖を漂う流氷が見られたはずです。
オホーツクが一番輝く季節がやって来ました。流氷シーズン本番スタートです!
 

今日もまばらな流氷

2017/01/30 20:18
 
170130sh岬西
まだ流氷初日とはなっていない網走ですが、これまでこのブログでもお伝えしてきたとおり、時々氷泥混じりの小さくまばらな流氷片が漂って来ます。
この写真は今日13時前の能取岬西側の様子です。今日は網走周辺所々でこのような状況でした。
砕氷観光船「おーろら」は15時の便が今シーズン初めて流氷ありでの運航となったようです。
もうあとちょっとですね。


次の写真は昨日の北浜海岸です。
これまで時々漂ってきた小さな流氷が波で打ち上げられてゴロゴロしています。
昨日は流氷物語号にボランティアで乗りましたが、止別~知床斜里の海岸でもこれと同じ様子が列車から見られました。
170129s1-006.jpg


現在強い北風が吹いています。もうそろそろ明日あたり流氷初日が出るんじゃないかな~どうかな~・・・。
 

流氷物語号 運転開始

2017/01/28 21:42
 
170128MOT kazama
JR釧網線の流氷物語号の運転が知床斜里9:20発、流氷物語2号から始まりました。
私は北浜駅でMOTレール倶楽部の仲間達と共に網走10:56発、流氷物語1号を歓迎の横断幕を持って出迎えました。
網走発知床斜里行きの下り流氷物語は北浜で10分ほど停車します。
一昨日北浜付近を漂っていた氷泥混じりの細かい流氷は昨日の強い南風ですっかり無くなってしまい、流氷が全く見えない中での運行初日となりましたが、各駅とも賑わっていたようです。
写真はMOTレール倶楽部撮影班です。


 

釧網線「流氷物語号」

2017/01/27 22:41
 
170125-901.jpg
明日1月28日から2月28日までJR釧網本線網走~知床斜里で臨時列車「流氷物語号」が運転されます。
長い間親しまれた流氷ノロッコ号は昨シーズンをもって廃止されましたが、その代わりとなる列車です。

流氷ノロッコ号は指定席もある大きな窓に改造された展望客車4両+普通客車1両+機関車でしたが、今回の流氷物語号はラッピングされた通常の気動車2両で全て自由席です。車体の改造も無く、座席は通常のものにクリオネのマークが付いたシートカバーを付いたもので窓も小さいままです。
なので正直言いまして流氷ノロッコ号のようなイメージで乗られるとガッカリされる方も多いとは思います。

しかし流氷観光列車の灯を絶やさないようにと、沿線自治体網走市、小清水町、斜里町のお願いに応えて、大変厳しい状況にあるJR北海道が走らせてくれることになったこの列車を地元の私達は何とか盛り上げていこうと思っています。

これまで沿線自治体と連携したSLオホーツク号の誘致や、様々なイベント列車を企画して走らせてきた、私も参加しているMOTレール倶楽部は今回の流氷物語号を盛り上げて次につなげるために、網走市観光部と連携して網走市市民ボランティアとして流氷物語号に乗車し、観光ガイドアナウンスやちょっとした記念グッズの車内販売を行います。私も本業の自然ガイド、宿が最も忙しい時期ですが、運転期間中2~3回はボランティアガイドとして列車のマイクを握ることになりそうです。
なお、ガイドアナウンスの中心は流氷ノロッコ号のアナウンスが大好評だったあのももちゃんです。
また、皆本業の合間にボランティアとして乗車するので、都合がつかない場合は市民ボランティアのガイドアナウンス、車内販売が無い日もあると思いますのでご了承下さい。

流氷物語号の運転を前に先週から2回ほど網走市役所で市観光部、オホーツク振興局、私達ボランティアスタッフとJR北海道の担当者の方々との打ち合わせがあり、25日には網走駅で行われた内覧会で実際の車両に乗っての打ち合わせ、それぞれ私も参加しました。JRの方々とお話してみて、この厳しい状況で限られた条件の中、地元のお願いに本当に頑張って、消えそうだった流氷観光列車の灯を残して下さったと感じました。
もう何年もの間JR北海道は厳しい批判に晒されていますが、今回の流氷物語号を運転してもらえることに私達は心から感謝しています。地元の私達はマイレール意識を持ってこの列車を盛り上げて来シーズンも運転してもらえるようにしたいですし、釧網線の存続につなげたい。そしていつかまたノロッコ号のような立派な観光列車になるように育てていきたいと思っています。

一見しょぼい列車に見えるかもしれませんが、いろんな人達の思いを乗せて流氷物語号が走り始めます。
流氷観光に来られる皆さま、ぜひ乗ってみて下さい。
 

氷泥と小さな流氷

2017/01/25 22:07
 
170125海岸-053
年末年始にかけての勢いではもうとっくに流氷が来ているはずだったのですが、その後冬にしては珍しく東風が吹く日が多く、足踏み状態になってしまい、このブログの更新も間が開いてしまいました。
珍しい事に今日、稚内で流氷初日となっています。

写真は今日11時頃の北浜ですが、今日は網走周辺でこのような光景が見られました。
厳しい冷え込みで海水がシャーベット状になった氷泥が打ち寄せ、沿岸で凍ったものや、まだちょっと離れている流氷群から分離した細かい流氷片が漂っています。


170125s1二つ岩-023
網走の砕氷観光船「おーろら」は今月20日から運航しています。
本格的な流氷群もそれほど遠くはないのでもうそろそろと思うのですが、天気予報では27日に南風・・・。
 

蓮葉氷

2017/01/13 21:57
 
170113s1港-002

170113s1港-005
厳しい冷え込みですが今日も網走は穏やかな晴天でした。
写真は今日13時30分頃に網走港から撮影したものです。天気が穏やか過ぎて(?)流氷群はちょっと足踏みしていて先週予想していたよりも遅れていますが、網走港内やその周辺の海面が凍り始めています。

シャーベット状から凍結し、周囲の氷同士がぶつかり合って縁がめくれて蓮の葉のような形になる蓮葉氷が漂っていました。この蓮葉氷はこれからもっと大きく成長していきます。流氷はこのように沿岸で凍ったものや、河川などから流れ出た氷も含め、海面を漂う氷全体を言うので、これも一応流氷と言えます。

網走はずっと穏やかな天気が続いてきましたが、15~16日はこちらも強い冬型の気圧配置で荒れそうです。交通機関に影響が出る恐れがありますので注意が必要ですが、南下して来ている流氷群についてはまた一気に近付いてくるかもしれません。
 

厳寒

2017/01/11 20:38
 
170111s1-004.jpg
大変強い寒気の影響で北日本各地で大雪となっているようですが、今日の網走は穏やかな1日でした。
しかし寒さは厳しく、最低気温は-15度、日中も-7度という寒さ。

そんな寒さの中でもきりっとしている濤沸湖畔のオジロワシです。
 

砕氷観光船おーろら

2017/01/08 22:04
 
170108s1-003.jpg
流氷を見に来られる多くのお客様が楽しまれる網走の砕氷観光船「おーろら」。
夏の知床観光船としての運航を終えた後の釧路での整備を終え、2隻のうちの1隻が発着場所となる網走道の駅に到着しました。
もう1隻も数日後に到着するとのこと。
運航開始は今月20日からです。この船を見るといよいよ流氷シーズン間近を実感し、気分も盛り上がります。
 

網走に細かい流氷が来ました!

2017/01/07 20:48
 
170107岬西-051

170107岬西-054
細かい砕け氷が集まった小さな流氷群ですが、網走能取岬西側でついに2017年初の流氷が見られました!

平年よりもだいぶ早く南下している流氷はもうそれほど遠くない沖に接近しているようなので、能取岬から見えないか?と今日午前中に行ってみたところ、西側の能取湖湖口付近の沖合いを漂っている細かい砕け氷の小さな集まりが見られました。
大きな流氷群から離れたものが漂って来たのでしょう。
この場所では網走地方気象台からは見えませんので公式な「流氷初日」にはなりません。
しかしこの小さな流氷群が来たということは流氷本隊というか、もっと大きな流氷群も近くまで接近してきているという ことですから、網走地方気象台から確認されて流氷初日が発表されるのも明日か?明後日か?というところだと思います。

とても小さなものですが、今年初めて見た流氷です。
 

網走湖ワカサギ釣り場オープン

2017/01/06 20:19
 
170106s1-001.jpg
網走湖のワカサギ釣り場が昨日1月5日にオープンしました。今冬は早い時期から冷え込んで網走湖の結氷も早かったのでオープンを首を長くして待っていた人も多かったことでしょう。結氷が早くても正式にオープンする前に勝手に釣ると密漁になっちゃいますからね。
網走湖ワカサギ釣りは3月中旬頃まで楽しめます。


年末年始は穏やかな天気が続いて雪掻きをしないで済みましたが、昨日からの雪がそこそこ積もり、今年初めての雪掻きをしました。
午後3時過ぎの当宿です。
170106s1-002.jpg


 

あけましておめでとうございます

2017/01/01 17:52
 
あけましておめでとうございます。

わしのとまり木の自然ガイドは2007年2月1日に「オホーツク遊楽倶楽部」という屋号で始めましたのでまもなく満10周年となります。
2013年1月31日に小さな宿をオープンし、宿泊も始めた時に現在の「わしのとまり木」に改称しました。
多くのお客様や関係者の皆さまに支えられたおかげで10周年を迎える網走自然ガイド、そして5年目に入る素泊り旅人宿、本年もわしのとまり木をどうぞよろしくお願い申し上げます。

網走は年末から穏やかな天気が続いていますが、今朝も穏やかな新年の朝を迎えました。
網走での初日の出は7時頃に斜里岳から昇ります。ちょうど山頂付近に雲が掛かっていましたが、綺麗な初日の出が見られました。
北浜の濤沸湖畔から撮影した2017年初日の出をご覧下さい。
170101-005.jpg

170101-007.jpg

170101-010.jpg

170101-018.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad