オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ここ数日の小清水原生花園

2016/06/22 21:10
 
今年の小清水原生花園はユリなどの咲き始めは早かったのですが、今月は気温が低い日が多かったせいか開花が鈍り、ここに来てやや遅れているかな?という感じです。それでも来週から来月初旬にはピークとなるでしょう。
クロユリは終わってきており、しぼみつつもまだなんとか見られるものがありますが、それも今週中には完全に終わりそうです。

先ずはここ数日の様子を野鳥など4枚。
DSCF0011.jpg

DSCF0022.jpg

DSCF0017.jpg

DSCF0027.jpg


そして今日の様子を4枚です。
DSCF0047.jpg

DSCF0048.jpg

DSCF0031.jpg

DSCF0040.jpg
 

網走に飛鳥Ⅱ入港

2016/06/17 20:09
 
160617北浜駅007
今朝早く日本最大のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が網走港に入港、夕方まで停泊しました。写真は今朝7時20分頃に北浜駅展望台から撮影したものです。

飛鳥Ⅱの乗客の方々は今日1日網走周辺を楽しまれたと思いますが、今日は朝から1日中雨。一部の乗客の皆さんがバス2台で午後に小清水原生花園に来られ、私も花の解説をさせて頂きました。ガイド途中から更に雨が強まりましたが、楽しんでいただけたようでなによりでした。

網走にはこの夏また別の客船が入港するようです。
 

快晴の小清水原生花園

2016/06/15 20:32
 
DSCF0033.jpg
今日は快晴!風は強かったものの、多くの人々が思い描く初夏の北海道のイメージそのものの天気でした。

小清水原生花園からは斜里岳や知床連山、能取半島などがくっきりと見えて訪れた方々は360度の大パノラマに大変喜んでいました。普段は天気が良くても霞が掛かって周囲の山々がこのようにくっきりと見えることは意外と少ないのです。
DSCF0030.jpg

DSCF0025.jpg

DSCF0026.jpg


花の状況は原生花園の主役、エゾキスゲ、エゾスカシユリ、ハマナスがぽつぽつ咲き出していてまだ花数は少ないですが、これから次々と開花していき、例年通り今月下旬から7月上旬あたりがピークになるのではと思います。
写真は今日のエゾスカシユリとクロユリです。クロユリはピークを過ぎて終焉に向かっていますが、まだ1週間くらいは見られると思います。
DSCF0019.jpg

DSCF0021.jpg


せっかくの晴天も長続きせず、明日から天気は下り坂、明後日17日には豪華客船「飛鳥Ⅱ」が網走に入港するのですが、週末にかけて雨の予報でちょっと残念です。
 

ヒオウギアヤメ

2016/06/13 21:03
 
160613北浜-003

160613北浜-001
このところ晴天が続かず、気温も低めです。
今日も1日曇り空でしたが、北浜の濤沸湖白鳥公園に隣接する湿地ではヒオウギアヤメが咲き始めました。
 

クロユリ見頃・エゾキスゲ開花

2016/06/06 21:31
 
160605s1-003.jpg
小清水原生花園ではクロユリが見頃となっています。写真は昨日(5日)撮影です。
先月末くらいから近くの山で雪が降るなど気温が低い日が続いていたのですが、先月は気温が高めの日が多かったせいか、全体的に花はやや早い感じがします。


これも昨日撮影ですが、オレンジ色のユリの花、エゾスカシユリのつぼみです。だいぶ出てきているのでまもなく開花するでしょう。
160605s1-005.jpg

黄色いユリ、エゾキスゲは既に咲き始めていました。下に写っているスズランに似た白い花はヒメイズイです。
160605s1-001.jpg



そして今日は朝から1日中晴天。朝から晩まで晴天だったのは1週間ぶりくらいかな。とても爽やかで気持ち良い1日でした。
午後に撮影した濤沸湖&斜里岳、濤沸湖のタンチョウ、小清水原生花園のエゾキスゲです。
160606-063.jpg

160606s1-020.jpg

160606-056.jpg
 

6月の雪景色

2016/06/02 21:08
 
160602-004.jpg
5月は暑い日が多く、野の花の咲き始めもやや早いかなという感じだったのですが、昨日からこの時期では珍しい強い寒気の影響でとても寒く、山岳部では雪模様。テレビニュースでは石北峠や十勝岳温泉の雪景色が報じられていました。
網走近辺だと雪が見られそうなのは小清水峠か美幌峠あたりか?
この夏はスタッドレスタイヤを履きっぱなしにしていることもあり、ウチから一番近い小清水峠に行ってみることにしました。

小清水峠は藻琴山を越える道道102号網走川湯線の峠で、網走市内からだと国道244号藻琴駅前から入り、芝桜で有名な東藻琴の芝桜公園を通ってから登って行く峠で、当宿から約35キロ、約40分ほどです。峠を越えて下りて行くと国道391号に突き当たり、川湯温泉や摩周湖に行くことができます。

寒いとはいえ小清水峠くらいだと雪が見られるのはちょっと無理かな?とも思いましたが、行ってみるとしっかり雪化粧していました。上の写真は道道の頂上部から入って更に上った所の展望施設ハイランド小清水で、標高725m。道道は夏タイヤでも慎重に走ればなんとか走れる状況でしたが、そこからハイランド小清水まで上るのはスタッドレスタイヤじゃないと絶対に無理な状況でした。

ということでこちらでも珍しい6月の雪景色をご覧下さい。
160602-007.jpg

160602-006.jpg

160602-008.jpg

160602s1小清水峠-053


 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad