オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

わしのとまり木の濤沸湖ホタル観察会

2015/07/27 19:40
 
120725-1.jpg

110803-2.jpg

150721-002.jpg
昨年より9日遅く今月17日に今夏初確認した濤沸湖のヘイケボタルはその後少しづつ増えながら毎日見られるようになっており、
現在宿泊のお客様への観察会を行っています。(参加はご自由、無料です)
暗闇の中ホタルの写真を撮るのは私には難しく、上2枚の写真は過去に撮影したもので、3枚目の写真は今月21日の観察会でのお客様の様子を撮らせていただきました。

ホタルについては近年ブリーダーが繁殖させたものを購入して放流するといった行為が各地で行われていますが、濤沸湖ではそのような人為的な繁殖放流は全く行われていない、ずっと昔からこの濤沸湖の自然の中で命を繋いできたヘイケボタルです。
ですからその年によって成虫が多く発生する年と少ない年があったりします。今年は現在のところ平年より少ない状況ですが、これから今月末~来月初めにかけてピークを迎え、来月中旬頃まで見られるでしょう。

現在のところ宿泊の予約状況は今週末とお盆の時期に満室の日がありますが、空室の日も結構あります・・・(ちょっと悲しい)
ご予約は楽天トラベルの予約サイトからもできますのでどうぞご利用下さい。
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/142741/142741.html

わしのとまり木の濤沸湖ヘイケボタル観察会はホタルが見られなくなるまで(大体8月中旬くらい)行います。
時間は大体19時40分頃に出発して20時30分過ぎに帰着します。湖畔の道路から観察しますので靴については普通で結構ですが、ホタル以外にも蚊など様々な虫が飛んでいますので服装は上下とも長袖、長ズボンでお願いいたします。
 

濤沸湖のヘイケボタル今年初確認

2015/07/17 21:16
 
遅れていた濤沸湖のヘイケボタルですが、ようやく今夜気温17度で飛翔中のオスを1匹だけ確認する事ができました。
昨年の初確認は7月8日だったので、昨年より9日遅い記録です。

今夜も東京からの宿泊のお客様と一緒に見に行きましたが、なかなか見られず、今夜もダメかと諦めかけたところで1匹のオスがゆっくりと点滅しながら飛んで来ました。お客様もはっきり見ることができたようです。
 

ウンラン開花

2015/07/16 21:59
 
150715s1-001.jpg
14日は33.8度まで上がりましたが、その後気温は急降下。昨日(15日)の午後は15度を切ってましたから前日との気温差は約20度!
そんな小清水原生花園でウンランが咲き始めました。ウンランという名ですが、ラン科ではなくゴマノハグサ科です。凄く小さな花なのでちょっと見つけ難いかな。


そして可愛らしいエゾフウロが咲き揃ってきています。
150715s1-009.jpg


わしのとまり木宿泊のお客様にご案内している濤沸湖のヘイケボタル観察会ですが、今夜の時点でもまだ成虫が確認できていません。昨年は7月8日に5匹初確認、いつもは大体7月10日前後には確認していますので、だいぶ遅れています。
おそらく最初に出て来るホタルの幼虫が蛹になる時期でもある6月中旬から今月初めにかけて寒さが続いたのが影響していると思います。14日は夜も暑さが残り、気温23度で絶好の条件でしたが空振りでした。
それでももう成虫が出る時期で、夜の気温15度くらいでも出ますから、宿泊のお客様をお誘いして観察には出発しています。
早く出てくれないかな~。
 

網走33.8度!

2015/07/14 19:05
 
150714s1-002.jpg

150714s1-001.jpg
今日の網走の最高気温はなんと33.8度!
強い南風があったものの、ホント暑かった~。

小清水原生花園ではエゾスカシユリはかなり少なくなり、遊歩道沿いでこれから開花するつぼみはざっと30個ほど。
黄色いエゾキスゲも終わりつつありますが、これはまだ新しいつぼみも結構出てきていますので、少なくなりながらもまだ見られそうです。毎年見ているとその年毎に調子の良い花とイマイチな花が分かりますが、今年の場合はこのエゾキスゲが好調ですね。

 

ノハナショウブが咲き出しました

2015/07/12 19:17
 
150712-009.jpg
今日の網走の最高気温は26.3度。昨日、今日と暑い1日でしたが、朝晩はひんやりしています。
小清水原生花園から見た濤沸湖側ではノハナショウブが咲き始めています。写真の紫色のポツポツしたものがノハナショウブです。

エゾキスゲやエゾスカシユリは終わりつつあり、ハマナスも花の数はだいぶ減ってきました。
いつもならここからエゾカワラナデシコ、エゾフウロ、ノハナショウブが見頃に向かっていくのですが、この夏は先月中旬以降続いていた寒さの影響でちょっと開花が足踏みし、遅れているようです。


 

今日の小清水原生花園

2015/07/09 19:21
 
150709s1-016.jpg

150709s1-010.jpg


150709s1-018.jpg

150709s1-005.jpg
今日は朝から快晴!
ほど良くひんやりした爽やかな空気で日なたにいても暑さを感じず、寒くも無い最高の天気でした。
まさにこれこそ夏の北海道という、道外の皆さんがイメージするとおりの1日でした。

明日も良い天気みたいですよ!
 

一夜でユリ激減

2015/07/08 21:17
 
150708s1-010.jpg
今朝いつものように小清水原生花園に行ってみたら・・・というか、行く途中からエゾキスゲの群落を見てびっくり、多くの花が萎れていました。既にピークを過ぎて終わりつつあったところに昨日の午後からの冷た過ぎる強風が影響したのだと思います。

普通はもっと緩やかに終わっていくから今週末までは十分綺麗に見えると思っていたんですけどね。
昨日との差が大きくてホントびっくりです。

ただ、エゾキスゲもエゾスカシユリも遅く咲き始めたものがまだ残っていますし、これから開花するつぼみも少しありますので、まだ少しユリは見られますよ。
150708s1-008.jpg



そしてユリに代わって見頃を迎えるエゾカワラナデシコやエゾフウロはこれから更に開花していきますし、ムシャリンドウも咲き始めました。
150708s1-009.jpg

 

オジロワシ

2015/07/07 22:05
 
150707S1-002.jpg

150707S1-003.jpg
今日は朝の雨が上がった後、午前中は無風状態でやや蒸すような感じでしたが、午後になって急に強風が吹き荒れました。
いつも小清水原生花園の海岸に沿って行ったり来たりしているオジロワシ、強風に難儀しているのかと思いきや、姿勢を微妙に変えながら静止したり、横に滑って移動してまた戻って来て静止したりと、なんだか強風と遊んでいるようでした。
この画像だけだと上手く伝わらないかな(笑)
 

今日の小清水原生花園

2015/07/04 19:58
 
150704s1-001.jpg

150704s1-003.jpg
見頃の小清水原生花園ですが、時々晴れ間が出るものの時々雨が降るぐずついた天気が多く、相変わらず寒い日が続いています。ただその気温の低い日が続いているおかげで当初全体的に10日以上も早く、7月にはもう終わっているのでは?と心配していたユリが長持ちしており、現在は平年より5日くらい早いところかと思います。


ユリが終わった後にエゾカワラナデシコと共にピークになってくるエゾフウロは園内各所で見られるようになってきました。
150704s1-002.jpg



そして今日の夕方、望月環境大臣が小清水原生花園を訪問されました。2005年7月に世界自然遺産に登録された知床の10周年記念セレモニーに出席した帰りに立ち寄られたもので、私もフラワーガイドとして一緒に遊歩道を歩きながら大臣に解説させて頂きました。
到着された時の写真中央の前の眼鏡を掛けた方が望月環境大臣です。
150704s1-082.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad