オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

小清水原生花園オープン

2015/04/26 19:32
 
150426s1-017.jpg

150426s1-002.jpg
今日の網走は最高気温が22.3度まで上がり、汗ばむ陽気でした。写真は正午頃、浜小清水の道の駅の温度計です。

そして昨日(25日)から小清水原生花園の遊歩道、インフォメーションセンターがオープンしました。JR釧網線の原生花園駅は5月1日~10月31日までの臨時駅なので現在はまだ全列車が通過していますが、5月1日からは夜間の下り2本、上り1本以外は全列車が停車します。


今日の遊歩道から見られた花は青いエゾエンゴサクと黄色いツルキジムシロ、そしてどこにでもある外来種のセイヨウタンポポです。これから秋にかけて様々な海岸草原の花や夏鳥たちが楽しめます。写真はエゾエンゴサクとツルキジムシロ。
150426s1-009.jpg

150426s1-013.jpg


園内中央部の天覧が丘から見る景色も半年振り。これは西(網走)方向。
150426s1-014.jpg

そして東(斜里)方向です。
150426s1-011.jpg


濤沸湖のミズバショウも綺麗になってきました。
150426s1-062.jpg


「わしのとまり木」の夏季宿泊営業は小清水原生花園でクロユリが咲き始める5月30日からです。ご予約受付中ですので宜しくお願いいたします。
現在のところ9月27日に開催される第1回オホーツク網走マラソンの関係で9月26日が満室になっている他は満室の日はございません。
 

濤沸湖ゴミ拾い

2015/04/20 21:10
 
150418s1-001.jpg

150418s1-003.jpg
18日に網走市と小清水町合同の濤沸湖清掃作業が行われ、私は北浜町内会チームとして参加。最初に小清水原生花園駐車場に集合した後北浜町内会は白鳥公園から湖畔の道路沿いを南に向かってゴミ拾いをしました。
濤沸湖はいつもお伝えしている通り様々な生物達の楽園で地元の宝でもあるのですが、わざわざここまで車で持って来て湖畔の湿地に投げ捨てたと思われるようなゴミもあって呆れてしまいます。


そして今日午前中の濤沸湖畔。開花したエゾエンゴサクがかなり増えてきました。北浜側の湖畔のエゾエンゴサクは今週から来週にかけてがピークになりそうです。
150420s1-032.jpg


昨日の夜、外出先から帰宅したら今年初めて遥かオーストラリア方面からやって来るオオジシギの独特の鳴き声と羽音が聞こえました。また賑やかになります。
 

セイヨウオオマルハナバチ今年初確認

2015/04/13 21:24
 
150413-071.jpg
在来のマルハナバチを駆逐するなど、生態系への影響が心配され特定外来生物に指定されているセイヨウオオマルハナバチを今日の濤沸湖畔で今年初めて見ました。花が早い分だけセイヨウオオマルハナバチも早く活動を始めたようです。
写真はエゾエンゴサクを訪花するセイヨウオオマルハナバチです。

この数年で特に北浜から小清水原生花園にかけての海沿いではセイヨウに制覇されてエゾオオマルハナバチなどの在来種がほとんど見られなくなっていましたが、昨年は在来種が若干盛り返し、マルハナバチ全体の2割くらいが在来種だった感じがします。
今年も注意深く観察していきたいと思います。


他、今日の濤沸湖の様子です。朝から快晴だったので午前中ゆっくりと湖畔を歩いて来ました。
150413-032.jpg

150413-033.jpg

150413-051.jpg

150413-054.jpg

150413-073.jpg

150413s1-001.jpg
 

今冬の流氷終日は3月8日

2015/04/07 21:40
 
網走地方気象台から今日「流氷終日」が発表されました。「流氷終日」は「視界内の海面で流氷が見られた最後の日」とされていて、先日発表された海明けと同じく過去に遡って決められて発表されます。今年の流氷終日は3月8日だったということで、平年より34日早く、昨年より53日早いとのこと。これは1946年からの統計開始以来最も早い記録だそうです。

そして流氷初日から流氷終日までの「流氷期間」は56日で平年より25日短く、昨年より44日短いとのこと。
いつもなら3月でも着いたり離れたりしながら流氷が見られるのですが、今年は見えなくなったらそのまま帰って来ませんでしたね。


流氷終日が発表された今日、濤沸湖畔と能取岬でエゾエンゴサク、アズマイチゲ、キバナノアマナが咲き始めたのを見つけてちょっとびっくり!先日のミズバショウも早かったですが、何れもいつもより1週間から10日くらい早いです。ヒバリのさえずりも北浜で今年初めて聞かれました。

濤沸湖畔のエゾエンゴサクです。
150407-002.jpg


濤沸湖畔のアズマイチゲ
150407-005.jpg


能取岬のキバナノアマナ
150407-019.jpg


フクジュソウはまだ見られますが、もうピークを過ぎたようです。
150407-011.jpg
 

ミズバショウ

2015/04/05 19:22
 
150404-001.jpg
桜前線は平年より早く北上しているようですね。
こちらでも昨日4日、濤沸湖の様子を見て周っていたらもう白い仏炎苞が出ているミズバショウを見つけました。いつもだと早くても10日過ぎですから、これもずいぶん早いです。

網走の桜(エゾヤマザクラ)の開花は平年だと5月10日前後ですが、これも早まりそうで、ゴールデンウイーク中に開花するかもしれません。
 

夏季営業は5月30日からです。

2015/04/02 21:37
 
「網走自然ガイド&旅人の宿 わしのとまり木」の冬季営業は3月31日で終了しました。
今冬は3月初旬に流氷が離れて見えなくなったまま戻って来ず、シーズン終了になってしまったのは残念でしたが、多くのお客様と流氷やオジロワシ・オオワシをはじめとした冬の網走の自然体験の感動を共有できたことを感謝申し上げます。
自然ガイド、宿泊をご利用下さったお客様、本当にありがとうございました。

今年の夏季営業は小清水原生花園でクロユリが咲き始める頃、5月30日から始まり、10月12日までです。濤沸湖や小清水原生花園はすぐ近く、知床へも便利な網走市北浜の「わしのとまり木」を夏もどうぞ宜しくお願いいたします。


今日の網走は晴天。風がちょっと冷たかったけど、お昼頃に今年初めてクジャクチョウを見つけました。
150402-033.jpg


そして今日の濤沸湖と斜里岳です。
150402-001.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad