オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

流氷は離れているけど

2015/01/30 20:35
 
150130s1-013.jpg

150130s1-015.jpg
今日も流氷は離れています。しかし知床連山が綺麗に見えましたよ。写真はお昼頃の北浜海岸からです。

砕氷船「おーろら」と共に網走の流氷を見に来る方々に人気のJR釧網線の観光列車「流氷ノロッコ号」はいよいよ明日31日から3月8日まで運転されます。詳しくは下記をクリックしてご覧下さい。
JR北海道釧路支社

ただ明日午後から1日にかけてまた暴風雪とのこと。低気圧の動きが遅く、2日月曜日まで荒天が続くらしいです。特に2月1日は道東のほとんどの交通機関が終日止まりそう・・・。
明日女満別空港発着の飛行機では既に午後の便で今日夕方に欠航が決まった便も出ています。
この暴風雪で流氷は戻って来ると思いますが、困ったものです。
 

ちょっと離岸

2015/01/28 20:37
 
150128s1-001.jpg

150128s1-004.jpg
網走の流氷は昨日27日からちょっと離岸しています。上の写真は今朝7時半頃の北浜駅からです。
しかし今日28日現在それほど離れてはおらず、「おーろら」は流氷に入れていますし、天都山にあるオホーツク流氷館からは沖に広がる流氷の様子が見られています。


14時頃の鱒浦から。
150128s1-007.jpg


これから約2ヶ月間、流氷は寄ったり離れたりして一喜一憂することもありますが、それが流氷。
隙間無く広がる大流氷原も素晴らしいし、海面に散在する流氷もまた美しいものです。だから毎日見ていても飽きる事はありません。
 

網走の流氷好調です

2015/01/26 19:45
 
平年より早く接岸した網走の流氷ですが、現在とても良い状態が続いています。
特に昨日25日は晴天に恵まれ、最高の流氷日和となり、私のガイドを利用して下さったお客様も大変喜んで下さいました。
24日~今日26日の流氷写真をご覧下さい。


24日朝の北浜海岸、流氷の上を飛ぶオオワシです。やはりワシと流氷は絵になります。
150124s1-052.jpg


25日、素晴らしい流氷を撮影されるお客様。冬の網走をとても楽しんで下さったようで、ガイドとしても嬉しい限りです。
150125s1-001.jpg

以下、25日網走各地の流氷です。
150125s1-002.jpg

150125s1-008.jpg

150125s1-011.jpg

150125s1-003.jpg

150125s1-013.jpg


そして今日26日朝の北浜海岸です。
150126s1-001.jpg

150126s1-002.jpg

150126s1-003.jpg


今日は日中網走市内前浜~北浜で流氷が緩み、多少開水面が出ています。
それにしてもまだシーズンが始まったばかりで、流氷の勢力が弱くなったこの数年ではとてもいい流氷だと思います。
流氷は常に動くのでシーズン中沖に離れる事もありますが、多くのお客様に網走に来ていただき、より多くの方々に生で見る流氷の感動を味わってもらいたいです。
 

流氷ノロッコ号の準備

2015/01/23 20:33
 
150123s1駅展-053

150123駅展-001
今日の網走は昨夜から北風を伴った雪が降り続き、11時過ぎには暴風雪・大雪警報が発令。
雪で視界は悪かったものの、北風が流氷を岸に押し付け、今朝の北浜はびっしりと接岸していました。

この写真の列車はいつもなら網走市内の高校へ通学する生徒達でいっぱいなのですが、今日は暴風雪になるという予報で釧網線は10時以降網走~釧路全線で終日運休が決まっており、学校は休校になったようで、高校生達の姿はありませんでした。


観光砕氷船「おーろら」と共に流氷観光を楽しめる釧網線の観光列車「流氷ノロッコ号」は今月31日から3月8日まで運転されます。
通常釧網線を走る列車は最大でも2両編成ですが、流氷ノロッコ号は機関車+客車5両と長いため、北浜駅ではノロッコ号のために仮設でホームが延長されます。そのホーム延長工事が今朝から始まりました。
150123s1-061.jpg

 

今日の北浜

2015/01/21 20:52
 
150121-062.jpg

150121s1-064.jpg

今日の網走は早朝曇っていましたが、9時頃から晴れて風も無く穏やかな1日でした。
北浜から見た流氷は網走市内から北浜にかけて沿岸に開水面がありましたが、それほど遠くない沖に流氷があり、また北浜から浜小清水、斜里方面にかけて接岸している状況でした。今日の「おーろら」は全便流氷に入っています。


比較的暖かかったせいか、海岸からは沖の流氷が浮き上がって見える蜃気楼現象が見られました。
150121s1-004.jpg


濤沸湖とオホーツク海が繫がっている湖口の防波堤に佇むオジロワシ。背景のピラミッド型の建物は浜小清水のフレトイ展望台です。
150121s1-013.jpg


午後の当館2階から。これが釧網線の魅力です!
150121s1-082.jpg

流氷ノロッコ号は今月31日から運転開始です。流氷を見ながら列車の旅が楽しめるのは日本でこの釧網線だけです。ぜひ乗りに来てくださいね!
 

「おーろら」と今日の流氷

2015/01/20 20:38
 
150120s1-004.jpg
この数日お伝えしてきた通り、今日から網走の流氷観光砕氷船「おーろら」が運航開始!
9時発の1便から流氷の中を航行、乗客の方々は大喜びだったようです。写真は11時発の2便を網走港から撮影したものです。


今日の流氷は西から東(網走から斜里方面)への動きが速く、15時頃には北浜から浜小清水~斜里にぎっしり詰まった様子が当館から見られました。
150120-075.jpg

150120-074.jpg

流氷サイトに今朝7時の北浜の様子をアップしましたが、その時は視界が悪かったこともありますが北浜では見えなかったんですよ。明日はどうなっているかな・・・。
 

網走で流氷接岸初日

2015/01/19 19:48
 
150119s1-017.jpg
今日の夕方、網走地方気象台から「流氷接岸初日」が発表されました。平年より14日早く、昨年より21日早い観測です。
流氷接岸初日とは「流氷が接岸、または定着氷と接着して沿岸水路が無くなり船舶が航行できなくなった最初の日」とされています。
上の写真は今日13時過ぎに市内から撮影したものです。


昨日能取岬から市内前浜にかけて流氷がかなり接近していたようですが、北浜からは今朝も水平線付近に見えるだけでした。10時過ぎに能取岬へ出かけましたが、途中、市内に近付くと接近している流氷が見られ、能取岬周辺では更に近くに見え、所々接岸していました。
150119s1-009.jpg

150119s1-011.jpg

150119s1-012.jpg


わしのとまり木のガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコースを歩くとこんな素晴らしい光景が広がっていました。
150119s1-055.jpg

海岸に下りると接岸した流氷と沖の流氷の間の海面から時々顔を出すアザラシの姿が見られました。距離が遠くてちょっと分かり難いかもしれませんが、多分ゴマフアザラシだと思います。
150119s1-062.jpg


能取岬周辺を歩いている間に流氷は更に市内に近付いて、一番上の写真のような状態に。
そして13時30分頃、網走港から撮影した写真です。流氷の向こうの大きな山は知床の羅臼岳です。
150119s1-022.jpg


明日20日からの「おーろら」運航開始を前に流氷が接岸。明日の運航初日、初便から流氷の中を航行できそうです。
 

17~18日の吹雪

2015/01/18 19:19
 
150117s1-001.jpg
17日朝から降り続いた雪はかなりの大雪となり、午後には一時暴風雪警報、大雪警報が出され、今日18日まで吹雪が続きました。先月の暴風雪に比べればまあ普通の吹雪ですが、今回は降雪量が多く、私は昨日の午後に2時間、今朝1時間、雪掻きに大汗を流しました。写真は昨日17日16時頃のウチの前です。この写真だと大変な感じがしませんね(笑)


今日は天気も回復傾向でしたが、午前中は北浜では流氷を視認できず。10時20分頃の北浜駅展望台からの写真です。
今日の釧網線は午後まで網走~摩周が運休となりました。
150118s1駅展-001

北浜駅で写真を撮った後に天都山のオホーツク流氷館さんのfacebookに能取半島~網走市内沖に接近した流氷がアップされましたが、北浜からは見えて来るどころか、回復すると思っていた天気が11時頃からまた猛吹雪に。正午に2階から撮った写真ですが、いつも近くに見える海とセイコーマートが見えないくらいの激しさ。この状態が13時頃まで続きました。
150118-083.jpg

強風が残りながらもようやく天気が回復した15時頃、ウチの窓から沖に漂う流氷が見えました。能取半島にある流氷群から強い西風で分離して流れて来たのでしょう。2階からこの写真を撮った後に北浜駅展望台に行ってみましたが、標高が低いため、能取岬方面に流氷は確認できませんでした。
150118ウチ2階-042

標高207mの天都山山頂に建つオホーツク流氷館からは同じく15時頃に市内沖に広がる流氷群が見えていますので、能取岬では接岸しているのではと思います。
 

砕氷観光船「おーろら」網走到着

2015/01/15 19:09
 
150115S1-026.jpg
今朝「まもなくおーろらが2隻とも着くよ」と連絡を頂き、事務仕事を放り出して「おーろら」乗り場となる道の駅「流氷街道網走」へ急行。10時ちょっと前に着いたらちょうど「おーろら2」が接岸したばかりで、その後10時30分頃に「おーろら」が到着しました。写真は12時30分頃に網走川の対岸から2隻揃って停泊中の姿です。
運航開始は20日から。流氷が来てこの「おーろら」の姿を見ると更に気分が高まります!


「おーろら」2隻の到着を出迎えた後、能取岬の様子を見に行きました。12日の流氷初日の日はここでは見られませんでしたが、今日は沖に漂う細い流氷帯が見られました。11時頃の撮影です。
150115岬-003

150115岬-009


その後市内のスーパーで買い物をして北浜へ帰ると細かい流氷片の集まりが浜に漂着していました!
午前中出かけるときは無かったんですけどね。斜里、浜小清水方面から流れて来たものだと思います。
あまりにも細かくてバラバラなのでさすがに「接岸」という表現はできませんけどね。
この写真は北浜駅の展望台から浜小清水方面を見たところです。
150115駅-034


そして海岸で網走市内方向です。
150115S1-045.jpg


流氷がやって来て網走が最も輝く季節到来!更に砕氷観光船「おーろら」も網走に到着して20日からの運航に備えています。運航開始初日から流氷帯突入となるかどうか、期待したいですね。
「おーろら」は20日から3月31日まで運航されます。公式ホームページは下記URLをクリックして下さい。

http://www.ms-aurora.com/abashiri/index.html






 

流氷は浜小清水に接岸

2015/01/13 18:46
 
150113s1-024.jpg

150113s1-027.jpg

150113s1-028.jpg

150113s1-013.jpg
今日の網走は午前中は雪。北浜から市内~能取岬方面には流氷は見られませんでしたが、午後にやや天気が回復したところで昨日接近した流氷が流れ去って行った浜小清水~斜里方面にどこかで接岸しているだろうと思いながら行ってみました。場合によってはウトロまで行くつもりでいましたが、すぐ隣の浜小清水に接岸していました。
写真は今日13時40分頃~14時過ぎにかけて浜小清水駅に隣接する海岸とフレトイ展望台から撮影したものです。

まだ薄く小さなはぐれ氷の小群ですが、小清水原生花園付近から止別~斜里方面にかけて接岸しているのが分かります。

今朝の網走の最低気温は-3.3度、最高気温は-1度。
12月は一時厳しい冷え込みが続いた事もありましたが、年が明けてからは冷え込みが甘い日が続いています。
暖房用の灯油の消費量がやや減るなど、生活には良いのですが、流氷のためにはもっと厳しく冷え込んで欲しいかな。
 

網走で流氷初日

2015/01/12 18:54
 
2015-1のコピー
網走地方気象台から今朝「流氷初日」が発表されました!
流氷はいつもより早いペースで南下していたので、この連休中にも見えて来るかもしれないと思っていましたが、曇ったり雪が降ったりと、遠くまで視界が効かない状態が続き、今日も朝から吹雪模様。
「流氷初日」は網走市内中心部にある気象台から目視で見えなければいけないので、私は今日も初日は無いなとばかり思い込んでいましたが、8時半頃の晴れ間に観測されたそうです。


しかし時々吹雪になる視界の悪さ、2階から11時頃に撮った写真はご覧の通り。自分の目で流氷が見られるのは天気が回復する明日以降だなと思っていました。
150112-051.jpg

しかし昼食を食べていた13時前にふと窓の外を見ると小さな流氷群が目前まで来ているではありませんか!
慌てて写真を撮りました。
150112-052.jpg


流氷群本体から離れた薄く小さなはぐれ氷の小さな流氷群なので、この後間もなく東の方へ流れ去って行きました。浜小清水から斜里方面のどこかに漂着するかもしれません。


15時頃に能取岬に様子を見に行ってきましたが、また天気が悪くなり、この時の岬からは見えず、流氷片の漂着も確認できませんでした。
150112-054.jpg

150112s1-003.jpg


私が網走に移住して11回目の冬、これまで経験した中で最も早い流氷初日は2013年の1月12日でした。今年も1月12日ということで、私にとって最も早いタイ記録です。

いよいよ流氷シーズン開幕、今月20日からは流氷観光船「おーろら」の運航が始まり、31日からはJR釧網線の観光列車「流氷ノロッコ号」の運転も始まります。
流氷に一番近い駅、北浜駅から徒歩5分、流氷が接岸する海岸までも徒歩5分のわしのとまり木の宿泊、自然ガイドをどうぞご利用下さい。
 

丘陵から

2015/01/07 20:08
 
150107s1-006.jpg

150107s1-007.jpg
今夜から明日にかけて発達した低気圧の影響で大荒れとの予報。夕方から暴風雪警報が出ていますが、日中は晴天でした。写真は中園地区の丘陵から撮影した斜里岳と知床連山です。


20時現在、ほとんど風は無く、静かに雪が降っていますが、この後猛吹雪になるのでしょう。
吹雪には警戒しなければいけませんが、この荒天が南下してきている流氷を一気に引き寄せ、天気が回復したら標高207mの天都山山頂にあるオホーツク流氷館屋上展望台から見えるかもしれません。
私が網走に移住して11回目の冬ですが、それまで一番早かった流氷初日は2013年の1月12日でした。今年はそれより早くなるかも・・・。
 

網走湖ワカサギ開幕

2015/01/05 21:47
 
150105s1-010.jpg
網走の冬の風物詩の一つ、網走湖のワカサギ釣り場が今日オープン。
最高の天気に恵まれ、平日にもかかわらず多くの釣り人で賑わっていました。
今日現在氷の厚さは約30センチとのこと、これが2月中旬くらいになると70~80センチくらいにまでなります。
網走湖のワカサギ釣りは3月中旬頃まで楽しめます。


「オジロワシ・オオワシウオッチング」と共に2007年から行っているわしのとまり木の冬のガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」は今月11日から始めます。
今日の午後にフィールドの様子を見てきました。積雪はまだ少なめですが、気温が低い状態が続いているので見所の氷の滝は十分見られる状況です。
150105s1-006.jpg

150105s1-008.jpg



流氷は着々と南下しているようです。この図は第一管区海上保安本部海氷情報センターのサイトで今日発表されたものですが、いつもよりちょっと早い感じです。
150105kaiho.jpg

昨年の網走の流氷初日は1月21日でした。現在の様子だと昨年より早くなりそうですが、どうでしょう・・・。
いよいよ流氷シーズン、楽しみですね!
 

あけましておめでとうございます

2015/01/01 19:54
 
150101s1-002.jpg
あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
写真は今日10時過ぎの濤沸湖です。

網走は大晦日~元旦にかけて曇り時々雪という天気で、北浜からだと斜里岳の左稜線から出る初日の出は見られませんでしたが、穏やかな新年の幕開けとなりました。

流氷シーズンも近付き、宿泊、ガイド共にご予約を頂いております。
現在のところ宿泊はまだ満室の日はございません。
ガイドにつきましては2月11日の午前「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」が満員となっています。それ以外はまだ空きがございます。
また、2月11日午後の「オジロワシ・オオワシウオッチング」は時間変更で13時から14時30分となります。(通常13:30~15:00)

フィールド状況の様子次第としていた「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」の開始時期ですが、1月11日から行うこととしました。ご予約をお待ちしております。

流氷はあと半月ほどで網走の沖に見えてくるかもしれません。楽しみですね。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad