オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ウチダザリガニ駆除調査

2014/05/31 20:57
 
140531-004.jpg
美幌町郊外で行われた美幌博物館と東京農大合同のウチダザリガニ駆除調査に行って来ました。
自然観察では夏でも長袖長ズボンが基本ですが、生物調査では藪を掻き分けて歩いたり、川の中でも蚊やブヨなどが集ってきますので更にこのように極力肌を露出させない、ダニが付いても払い落としやすいような格好で作業します。
今日はじっとしていれば爽やかで気持ち良い陽気でしたが、この格好で作業するとすぐに全身汗でびっしょりになります。

これまでもこのブログで時々お伝えしてきましたが、ウチダザリガニは戦前に北米から持ち込まれた外来種。ザリガニで日本在来種は東北北部と北海道に生息するニホンザリガニのみですが、絶滅危惧種でもあるそのニホンザリガニと競合、駆逐する他、ドジョウ、カジカの仲間など、底生魚類も駆逐、更に水草なども食べる事から釧路地方の湖沼などでは魚の産卵に必要な水草が激減するなど、生態系に大きな影響があることから現在は環境省から特定外来生物に指定され、運搬、飼育などが厳しく規制されています。個人がペットとして飼うのは法的にはほとんど不可能でしょう。

釧路地方を中心に道内各地、福島県裏磐梯、長野県、滋賀県などに生息していますが、以前はオホーツク海側にはいないとされてきました。オホーツク海側で初めて確認されたのは2008年5月の美幌博物館の網走川水系の小さな川での生物調査でのこと。この調査には私も参加しましたが、学芸員さん共々大きな衝撃でした。その後詳しく調査、確認をしてその年の8月に博物館から公式発表。関係機関の許可を得て同時に駆除調査も始まりました。美幌でのウチダザリガニの調査は今年で7年目になります。この川にはアオサギなどの天敵らしい天敵はとても少なく、繁殖力が強いため完全に根絶するのは難しいと思いますが、昨年辺りから100ミリを超えるような大きな個体はだいぶ少なくはなりました。

今日の主目的は抱卵しているメスを捕獲する事でしたが、13~14人で行いながらも抱卵個体は全然捕獲できず、これで今日は終了しようという時にようやく1匹だけ網に掛かりました。
140531-002.jpg

140531-003.jpg

140531-005.jpg


今日の合計捕獲数は755匹。うち抱卵したメス1匹で、抱えていた卵の数は262個でした。


最後の写真は川岸に咲いていたニリンソウです。
140531-032.jpg
 

網走32.7度!

2014/05/29 23:43
 
140529-1.jpg
今日(29日)の網走は最高気温が13:49になんと32.7度を記録!5月としては観測史上1位になったそうです。
写真は15:30頃にウチの2階から撮影です。

ちなみに最低気温は4:37の10.1度でした。
日中はホント暑かったけど、それでもさすが北海道、空気は爽やかで日陰や屋内は快適でしたよ。
 

クロユリ開花

2014/05/28 20:24
 
140528-085.jpg

140528-024.jpg
今日の網走は最高気温27.4度!久しぶりに暑くなりました。明日も暑くなるらしいです。
小清水原生花園ではクロユリが開花しました~。


他に今日新たに開花を確認、撮影した花はセンダイハギとフデリンドウです。
先ずはセンダイハギ。今日の時点では園内遊歩道沿いではなく、目の前の国道を渡った濤沸湖側の路肩です。
140528-021.jpg


そしてフデリンドウ。とても小さい花なので一般のお客様はちょっと見つけるのは難しいかもしれません。
140528-022.jpg


小清水原生花園は花の他にも濤沸湖と合わせて野鳥の楽園でもあります。
遊歩道を下を向いて花を見ながら歩いていたら突然すぐ近くでノゴマが囀りだしました。
140528-050.jpg

駐車場から濤沸湖を見るとオジロワシが。
140528-057.jpg


 

美幌のフォーラム

2014/05/26 20:42
 
140524-002.jpg

140524-005.jpg
一昨日(24日)美幌町で開催された北海道淡水魚保護ネットワーク・美幌博物館主催のフォーラム「手作り魚道から始まる地域の自然再生」に行って来ました。

多くの河川は治水や利水を目的として直線化、コンクリート護岸化されたり、大小様々な砂防ダムや落差工による段差が設けられています。これらは治水、利水に役立ったことも事実だと思いますが、一方でそれまで生息していた生物達が住めなくなったり、川の段差によって魚の往来ができない所が多くなりました。
自然界は全て繋がっていて、特にこの地域では川と海を行き来するサケ・マスの仲間が生命の循環に大きな役割を果たしています。
網走川水系の様々な川が流れる美幌では数年前から地元の人達のボランティアによる小さな魚道作りが行われており、私も一度お手伝いに参加したことがあります。手作り魚道による効果は確実に表れており、魚道設置前までは見られなかった上流部までサケが遡上し、産卵した事が確認されたそうです。
私がこれまで美幌博物館の方から聞いてきた魚道作りの話でとても感心したのは、これを言い出して行動を始めた方が地元の農業の中心にいた方だということです。
今回のフォーラムにもパネリストとしてお話されましたが、この方がお若い頃、40年前は農作物の収量増加のための地域の悲願として土地改良整備を関係機関に率先して訴えていたそうです。その時は魚のことなど全く考えていなかったとのこと。その後お孫さんができて、川の落差工を何度ジャンプしても超えられないサケの姿を見た時「これはなんとしても魚道を作らなければ」と思い、周りの人たちに魚道の必要性を話しているうちに理解してくれる人が増えていったそうです。
これはこの方が地元農業の指導的立場に居て人望があったことがとても大きかったと思います。

今回のフォーラムは14時から18時までという長丁場でしたが、来場者の方々が予想以上に多く、会場は超満員!おそらく100人は超えていたでしょう。こう言っては失礼ですが、道内の淡水魚研究者を代表するような先生方が来られるとはいえ、小さな田舎町でのこのようなテーマのフォーラムにこれほどの人々が集まるとは思いませんでした。各パネリストの先生方のお話は様々な事例を紹介しながら堅苦しいものではなく、とても興味深いものであっという間の4時間でした。

小さな田舎町での地味な取り組みですが、これこそが将来に向かった本当のまちづくりなのだろうと思います。
多くの魚たちが昔のように本来の姿で当たり前のように上流と下流を行き来できるようになったら、現在は網走川水系では見られないと言われているイトウやシマフクロウもいつの日かまた戻って来ることも夢ではないでしょう。
そしてそんな自然環境の下で育った農産物や水産物はどこのよりも美味しいことは間違いありません。


下の写真は2011年11月20日に魚道作りのお手伝いに参加した時のものです。
111120-006.jpg

111120-008.jpg

 

クロユリのつぼみ

2014/05/23 16:21
 
140523-032.jpg
今朝の網走は雪が舞い、北浜では積もりませんでしたが、天都山や市内の一部ではうっすらと白くなった所もあったようです。私も起きた時に外を見てびっくり!網走に住んでからは最も遅い降雪でした。写真は8時10分ころにウチから撮影です。


その後雪は上がり、午前中に小清水原生花園の様子を見てきました。
140523-003.jpg

140523-004.jpg


そして原生花園を訪れるお客様から大変人気があるクロユリの一部でつぼみが出てきていました。来週中には開花するでしょう。クロユリのピークは6月10日前後くらいだと思います。
140523-002.jpg


他にはヒメイズイの一部が開花間近です。
140523-006.jpg


今日の時点でこれまでご紹介してきたエゾエンゴサクはピークは過ぎましたがまだ見られます。スミレ、ハマハタザオ、エゾタンポポは次々と開花してきており、ツルキジムシロも見られます。
これから様々な野生の花で彩られる小清水原生花園は「わしのとまり木」から車、JR釧網線、バスそれぞれ7~8分です。
「わしのとまり木」の夏季営業は今月30日からです。夏のオホーツクを旅する皆さまのご利用をお待ちしております。
 

エゾタンポポ開花

2014/05/19 16:55
 
140519-53.jpg

140519-23.jpg
16日から降り続いた雨は昨日は小雨、そして今日ようやく天気が回復しました。
午前中に小清水原生花園を見に行くと在来種のエゾタンポポが開花していました。外来タンポポ(所謂セイヨウタンポポ)はそこら中で咲いています。


他に今日現在小清水原生花園で見られる主な花はこれまでお伝えしてきたエゾエンゴサク、ツルキジムシロ、ハマハタザオ、スミレといったところです。
ツルキジムシロとスミレの写真。
140519-21.jpg


原生花園内のセイヨウタンポポ群に何頭かのマルハナバチがいたので10分くらい観察、撮影しました。観察中に確認したのは在来種のエゾオオマルハナバチ1頭、特定外来生物指定のセイヨウオオマルハナバチ7頭でした。
エゾオオマルハナバチ
140519-001.jpg


セイヨウオオマルハナバチ
140519-010.jpg
 

今日の濤沸湖畔

2014/05/17 20:21
 
140517-1.jpg
昨日、今日と台風並みの低気圧で暴風雨となり、農作業はお休み。海も大荒れです。


午前中、一時雨が弱まった時に濤沸湖を見てきました。
ミズバショウは葉が大きくなりほぼ終了。そしてオオバナノエンレイソウが咲き出しました。
140517-3.jpg


いつものタンチョウも見られましたよ。
140517-021.jpg
 

小清水原生花園の花情報

2014/05/14 19:33
 
先月末から近くの農作業のお手伝いをしています。農繁期なので6時から18時までびっしり作業をしますが、斜里岳をバックに大きな畑で大型トラクターが1度に5台も同時に動く光景は壮観です。私もその中で作業をするのでその光景をなかなか撮影できないのは残念ですが。

そんなこともあり、小清水原生花園に行けない私に代わって友人がまた花の写真を送ってくれました。スミレとハマハタザオが咲き出したそうです。何れも今日午前の撮影です。
先ずはスミレ
140514m-1


そしてハマハタザオです。
140514m-2.jpg
 

網走流氷終日は4月30日

2014/05/13 19:50
 
今日、網走地方気象台から今年の流氷終日は4月30日、流氷期間は100日と発表されました。

「流氷終日」とは「視界内の海面で流氷が見られた最後の日」とされています。そして「流氷期間」とは流氷初日から流氷終日までの日数で、今年の流氷初日は1月21日でしたからそれから4月30日までが今年の流氷期間でした。

私が「わしのとまり木」から撮影した今年の流氷は4月29日が最後となり、このブログにアップしていますのでご覧下さい。
 

エゾヤマザクラ開花

2014/05/07 19:37
 
140507-1.jpg
桜前線が網走に到達しました!
数日前からあちこちで桜が咲き始めていましたが、今日、網走地方気象台が標本木としている市内桂岡公園のエゾヤマザクラも開花したそうで、気象台から開花宣言が出ました。平年より4日早く、昨年より18日早い観測です。
昨年の今頃は毎日のように雪や雨が降って寒かったせいで観測史上最も遅い5月25日でした。
写真は今日の夕方市内で撮影したエゾヤマザクラです。



今日の小清水原生花園では先日お伝えしたエゾエンゴサクの他にツルキジムシロが咲き始めていました。13時過ぎに撮影です。
140507-003.jpg


そして濤沸湖畔、網走湖畔ではミズバショウが見頃です。
先ずは濤沸湖。
140507-007.jpg


網走湖畔呼人の群生地。
140507-018.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad