オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今日の流氷

2014/02/27 20:25
 
140227-1.jpg
暖かい日が続いている網走ですが、今日27日は最高気温が+8度まで上がりました。
流氷は一部海面が出てきましたが、離れたというわけではなくちょっと隙間が出てきた程度。上の写真は今日14時頃にわしのとまり木から撮影です。


JR釧網線の流氷ノロッコ号は今日も十分楽しめたと思います。12時30分過ぎに屋根の上から撮影したノロッコ4号です。
暖かかったので昨年6月のSLオホーツク号の時以来、久しぶりに屋根によじ登ってみました。
140227-2.jpg


14時20分頃に1階談話室から撮影したノロッコ3号です。
140227-3.jpg


流氷ノロッコ号の今シーズンの運転は3月9日までですが、この流氷の状態だと運転期間をもう少し延長して欲しいですね。

 

濤沸湖のタンチョウ

2014/02/25 18:57
 
140225-1.jpg
今冬は濤沸湖で越冬しているいつものタンチョウ。しばらく昨年の子と一緒でしたが、22日の朝、昨年の子は見当たらず夫婦のみで居るのを初確認しました。そして今朝も白鳥公園で夫婦のみ。
親子の別れを済ませたようです。そしてまもなく今年の繁殖に入っていくでしょう。


流氷は良い状態が続いています。この状態が何時まで続くかはっきりとは分かりませんが、開水面が出てきてもそれも美しい光景です。3月も十分流氷が見られるチャンスがありますよ。
以下3枚の写真は今朝8時頃の北浜の海岸です。
140225-2.jpg

140225-3.jpg

140225-4.jpg
 

飽きる事のない流氷

2014/02/24 20:27
 
140224-1.jpg
このブログ最近は流氷ばかりですが・・・(笑)
写真は今日の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」をガイドした時に撮影したものです。
大流氷原の向こうにうっすらと見えるのは知床連山。今日もお客様はこの光景に大感激されていました。

網走に移住して今年で10年目。この時期は毎日見ている流氷ですが、ずっと接岸状態が続いていても常に流氷は少しずつ表情を変えていき、全く飽きる事はありません。
北海道への移住を考えた時、やはり流氷が来る街に住みたいと思い、網走にしました。オジロワシ、オオワシが舞い、流氷が来る。それでいて人が住むにもとても暮らしやすい街。そんな網走が大好きです。
 

わしのとまり木から今日の流氷

2014/02/23 19:51
 
140223-1.jpg
網走では流氷の接岸状態が続いています。上の写真は今朝7時頃、わしのとまり木から撮影した流氷です。


今日の午前中は網走市教育委員会生涯学習係から依頼されていた「あばしり学講座 能取岬氷ばくツアー」の講師としてわしのとまり木の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコースを地元の方々20名を引率して歩きました。
この「あばしり学講座」は教育委員会が網走市民に地元網走を知ってもらおうと、様々なテーマで行っています。
私は観光で来られた旅行者の方々を対象に自然ガイドをしておりますが、ガイドを始めた頃からずっと考えていた事として「旅行者の方に網走をアピールするには先ず地元の人達が網走の素晴らしさを知り、誇りに思うこと」と思っていました。本来このスノーシューツアーのフィールドは一度に大人数で行く所ではないのですが、「あばしり学講座」の担当者の方からお話があった時にその趣旨が私の信条とも一致する事から講師を引き受けました。
2~3年前にもちょうど今日と同じ講師をさせていただきましたし、地元北浜の白鳥台小学校の子供達の濤沸湖自然観察会の講師も何度か務めさせていただきました。
今後も地元の方向けのこのような機会がありましたら協力していきたいと思っています。


あばしり学講座も晴天の中無事終了し、北浜に帰って来ると、やや開水面が出ていました。でもこれはこれで白い流氷と青い海面のコントラストが美しく、いいものです。15時20分頃に今朝と同じアングルで撮影。
140223-2.jpg


そして15時46分頃、釧網線網走行き普通列車を撮影。流氷ノロッコ号をはじめ、列車に揺られながら眺める流氷、釧網線もまだまだ楽しめます。
140223-3.jpg

 

網走の流氷絶好調!

2014/02/21 21:55
 
網走の流氷は最高の状態が続いています。今朝の私のガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」に参加されたお客様は昨年も2月中旬に網走に来られたそうですが、その時はほとんど流氷が見られなかったそうで、再挑戦の今日、この状態に大変喜んで下さいました。まずはスノーシューツアーでの流氷をご覧下さい。

140221-1.jpg

140221-2.jpg

140221-3.jpg



そしてガイド終了後、国道244号鱒浦パーキングから撮影した流氷です。
140221-4.jpg


網走の流氷絶好調です!
 

網走大流氷原

2014/02/20 19:38
 
今日の網走は数日ぶりに朝から風の無い穏やかな天気となりました。そして視界も良くなり、目の前に広がるのはほとんど隙間無く海を覆い尽くす大流氷原!
まずは今朝7時30分頃の北浜の海岸です。この時はまだ小雪の舞う曇り空でした。
140220-1.jpg

140220-2.jpg


線路の吹き溜まりがかなり酷くて除雪が難航したのでしょうか、昨日も終日運休した釧網線は今朝3本運休した後ようやく運転再開。釧路6:06発~網走9:18着の4726Dが運転再開後の一番列車として定刻通り9時頃に北浜に到着。この後は通常通りの運転になりました。
140220-3.jpg

その後斜里からの流氷ノロッコ2号も9時半頃到着です。
140220-202.jpg


そして午後からのお客様のガイドの前に能取岬に行ってみるとここも見事な大流氷原が広がっていました。11時過ぎに撮影です。
140220-4.jpg

140220-5.jpg

140220-6.jpg


さて、流氷ファンの皆さん、もう流氷シーズンはピークを過ぎたと思っていませんか?
ご覧のようにまだまだこれからですよ!
確かに気まぐれなところはありますが、3月でも十分流氷に出会えるチャンスはあります。
ぜひ網走に来て流氷を生で見てくださいね。
 

暴風雪収まり流氷接岸

2014/02/19 20:07
 
網走の暴風雪はようやく収まってきました。それでも今日の昼過ぎまでは結構吹雪いていましたけどね。
交通も通常に戻ってきており、主要道路はほぼ通れるようになり、バスは通常運行、JRは釧網線が網走~摩周で終日運休になりましたが、石北線は札幌行きオホーツク2号が北見発になった他はほぼ通常運転に回復したようです。

そして流氷はがっちり接岸。まあこれだけ吹き荒れたんだからね。
写真は今朝8時30分頃の北浜駅展望台からです。多少収まってきていたものの、まだ吹雪いていて視界は悪かったんですが、流氷の接岸は確認できました。実は一昨日と昨日は暴風雪でわしのとまり木からも海の様子が確認できず、私も3日ぶりに見た流氷です。
140219駅展001

140219駅展002

140219駅展003

釧網線の線路は吹き溜まりで埋まっています。朝の時点でのJRの運行情報では夕方以降の列車は運休が決まっていなかったので、今日中には復旧するかな?と思っていましたが、今日も吹雪いていたし、やはりそこら中で大変な吹き溜まりができて除雪が追いつかなかったのでしょう、結局終日運休になりました。

明日以降は本当に天気も回復し、しばらくは穏やかな天気が続くようです。
 

暴風雪続く

2014/02/18 21:00
 
140218ウチ2階1
昨日からの暴風雪は今日も1日続きました。写真は今日12時50分にわしのとまり木から撮影した北浜の様子ですが、昨日とほとんど変わらない事が分かると思います。降雪量はやや少なくなりましたが、強風は寧ろ昨日よりも酷いくらいでした。

一冬に猛吹雪は2~3回くらいあるものの、大体は1晩とか、丸1日くらいで収まります。低気圧がほとんど停滞している事もあり、今回のように丸2日間以上も続くのは私が網走に移住してからは多分初めてではないかと思います。20時40分現在も強風は続いており、明日昼頃までこの状態が続くとのこと。除雪車が何度も来てくれましたが、周囲は大変な雪の山で、道路は見通しが悪くてちょっと危険な状態です。

わしのとまり木では16日にお客様がチェックアウトしてから20日まではたまたま宿泊のお客様の予約はありませんでしたが、交通が麻痺していたので網走に足止めされていた旅行者の方も多かったのではと思います。
JR釧網線、石北線は網走駅発着の列車は終日運休ですが、午後になって国道の通行止めが解除されたところもあり、都市間バスのドリーミントオホーツクは網走発着で運行を再開した他、羽田~女満別の飛行機も運航されたようです。

明日もまだこの暴風雪の影響が残りそうですが、ようやく回復の兆しが見えてきた網走、本当に大変な2日間でした。

 

暴風雪

2014/02/17 19:49
 
140217ウチ2階002
昨日朝からの大雪が猛吹雪になり、今日一日網走は暴風雪に見舞われました。低気圧の動きが遅いため、夜になっても収まらず、明日もこの暴風雪が続きそうです。写真は今日12時50分にわしのとまり木2階から撮影した北浜の様子です。
普通なら国道沿いのセイコーマートや釧網線の踏切、オホーツク海が見えるのですが。


もう一枚の写真は今朝9時頃の玄関。今日は外出は控え、この玄関周りの雪掻きを3回やりましたが、また元に戻ってしまいました。
140217ウチ玄関003


朝から網走周辺の道路は全て通行止め。JRも釧網線の網走~摩周は終日運休、石北線は網走6:23発特急オホーツク2号が遅れて発車した後は網走~北見が終日運休。網走と札幌を結ぶ都市間バスも朝から運休し、夕方から一部の便が北見~札幌で運転したようですが、網走~北見は運休でした。
網走の路線バスも全て終日運休。女満別空港を発着する飛行機も全便欠航。
つまり網走は陸の孤島になったわけです。学校も全て休校。おーろらももちろん全便欠航です。

冬の間このような猛吹雪は2~3回ありますが、こういう日は身の安全のためにも外出は控えるのが一番です。
旅行者の方は旅程が狂って大変かと思いますが、自然の猛威にはとても敵いません。宿に篭って天候の回復を待ちましょう。


ただ、明日もこの荒天が続くということで、既にJRは明日の流氷ノロッコ全便をはじめ、釧網線、石北線の多くの列車の運休を発表しています。詳しくはJR北海道のホームページをご覧下さい。
 

今日の流氷

2014/02/15 20:16
 
13~14日最高の状態だった流氷ですが、今朝は市内~北浜~浜小清水にかけてはやや沖に離れました。
でも近くにはあるので「おーろら」は流氷に入っていたようです。

北浜の海岸での今朝7時20分頃の様子。
140215-1.jpg

140215-2.jpg

140215-3.jpg


そして15時50分頃の様子です。
140215-5.jpg

140215-4.jpg


夕方にはまたちょっと戻って来た感じです。
明日(16日)から明後日はあまり天気が良くない予報で、特に17日は吹雪になりそうですが、この吹雪で流氷はまた北浜に接岸するのではと思っています。

また大変な雪掻きをしなければならないと思うとうんざりでもありますが(笑)
 

今季一番の流氷

2014/02/13 19:08
 
今日の網走は晴天。そして北浜にも流氷がきっちり接岸して今シーズン一番の流氷が見られました。

今朝6時50分頃の北浜駅展望台から。
かなり近付いているものの、海面が薄く凍ったものではありますが、ちょっと隙間があるように見えます。
140213-1.jpg


その後流氷は更に寄ってきてきっちりと接岸。晴天に恵まれたこともあり、今シーズン最高の流氷が見られました。10時30分頃の北浜の海岸です。
140213-2.jpg

140213-3.jpg

140213-4.jpg


北浜駅10時48分発の斜里行き流氷ノロッコ1号をわしのとまり木から撮影。今日はノロッコ号の乗客の方々も大喜びだったことでしょう。
140213-5.jpg


今朝7時過ぎと11時40分頃にわしのとまり木からそれぞれほぼ同じアングルで撮影した写真をご覧下さい。
140213ウチ2階1

140213ウチ2階006



今日の午後、オジロワシ・オオワシウオッチングのお客様をガイド中、網走湖でゴマフアザラシが見られました。
140213-6.jpg


この状態が長く続いてほしいですね。

 

わしのとまり木から見た11日午後の流氷

2014/02/11 20:04
 
140211ウチ2階1
9日に流氷接岸初日となった網走ですが、今日は網走市内~北浜にかけてはやや離れていました。今日11日13時30分頃にわしのとまり木から撮影した流氷です。


浜小清水方面は接岸していました。
140211ウチ2階4


この写真を撮った後、昨日の大雪で日没まで雪掻きに汗を流しましたが、その間徐々に北浜の海岸にも流氷が接近してきました。明日はどうなっているかな。
 

網走流氷接岸初日

2014/02/09 18:14
 
140209岬2
今日9日、網走地方気象台から「流氷接岸初日」が発表されました。平年より7日、昨年より23日遅い観測となりました。
流氷接岸初日とは「流氷が接岸、または定着氷と接着して沿岸水路が無くなり船舶が航行できなくなった最初の日」とされています。

写真は今朝8時30分頃の能取岬です。昨日の写真と見比べて分かるとおり、昨日より緩んでグズグズな印象です。
今朝は北浜もこんな感じのグズグズ状態だったので、正直言って今日の接岸初日は無いな・・・と思い、写真はこれしか撮っていませんでした。
夕方帰宅してテレビニュースを見て知った次第です。

昨年は誰が見ても明らかなびしっとした接岸初日でしたが、今年は何か締まらない印象です。
しかし何はともあれ流氷初日と同様「流氷接岸初日」の公式発表は「ヨシッ!」という気持ちになりますね。
 

流氷接岸初日にはならず

2014/02/08 21:49
 
今日の網走は天気は良かったのですが、最低気温-15度、最高気温-8度と寒い一日でした。
そして流氷ですが、今朝お客様をご案内した能取岬はほぼ接岸と言っていい状況で、今シーズン初めて流氷らしい流氷を見ることができました。写真は今朝9時過ぎの能取岬です。
140208岬8001

140208岬8003

140208岬8004

140208岬8004


しかし市内から北浜、小清水方面はかなり近付いて来たものの、接岸には至らず、網走地方気象台からの「流氷接岸初日」は出ませんでした。写真は今日11時20分頃に「わしのとまり木」2階から見た北浜の様子です。
140208ウチ2階1


それでももう目の前に来ていますからね。「おーろら」は全便流氷に入っての運航でした。
流氷はこれからが本番ですよ!
 

能取岬の流氷

2014/02/06 20:16
 
今朝も北浜からははっきりと流氷は見えませんでしたが、その後午前中に私のガイドプログラム「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のフィールド状況の確認を兼ねて能取岬に行くと、ご覧の通り氷泥(グリースアイス)混じりの小規模な流氷群が接近していました。以下、今朝10時過ぎの能取岬からの流氷です。

140206-1.jpg

140206-2.jpg

140206-3.jpg

140206-4.jpg


そしてスノーシューツアーのコースからです。
140206-5.jpg


冷え込みで生成されたシャーベット状の晶氷の集まり、氷泥が打ち寄せられた際に冷気で凍ってこのように固まり、更に積み上がっていきます。
140206-6.jpg


氷の滝は3月上旬くらいまではこの姿を楽しめます。
140206-7.jpg


もっと流氷が来れば断崖の上からは流氷の向こうに知床連山という素晴らしい景観が見られます。
140206-8.jpg

140206-9.jpg



「わしのとまり木」の6日20時現在での宿泊の満室、ガイドをお受けできない日、及び時間・内容の変更がある日をお知らせいたします。

宿泊 2月7日~10日が満室でございます。 それ以外の日は空きがございます。

ガイド 2月10日の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」は9時~12時で行います。空きはございます。
    2月16日の午前は「オジロワシ・オオワシウオッチング」となります。
    2月23日の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」は満員でございます。午後のオジロワシ・オオワシウオッチ        ングは空きがございます。

現在のところ、上記以外は「わしのとまり木」ホームページでご案内している通りで宿泊、ガイドのご予約をお受けできます。また、ガイド時間の変更にも対応できる場合もございますのでご相談下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。
 

流氷近付いて来ました

2014/02/04 20:25
 
140204-1.jpg
寒さが戻って来た網走ですが、離れていた流氷も再び接近してきました。写真は今朝8時頃の北浜駅から撮影したものです。水平線付近に白い線が見えますが、小さな流氷群のようです。


そして午後には小さな砕け氷の集まりが2つ北浜に接近してきました。15時30分頃にわしのとまり木2階から撮影したものです。流氷らしくないショボイものですが・・・(笑)
140204-2.jpg

140204-3.jpg
今シーズンはまだ「流氷接岸初日」が出ていませんが、明日も北よりの風が吹くとのことですので、今週中には接岸するのではと思いたいですね・・・。(はっきりと言えないのがまた流氷の気まぐれなところ)



そして今朝の濤沸湖です。
140204-4.jpg
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad