オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

わしのとまり木1周年

2014/01/31 21:11
 
140131駅展4724D-3
2007年2月からの網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」が昨年1月31日に網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に改称して今日で1周年となりました。この1年間ご利用下さった方々に心より感謝申し上げます。
写真は今朝8時前の北浜駅です。流氷は離れていて見えませんが、今日は強い北風の吹雪となりました。この風で明日あたり沖に見えてくるといいのですが。


宿としてはとても小さく質素なものですが、今後とも「わしのとまり木」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
明日以降、来週にかけて流氷も接岸すると思います。どうぞご利用下さい。
 

暖か過ぎる1日

2014/01/30 21:36
 
140130-3.jpg

140130-2.jpg
今日の網走は最高気温が+5度まで上がり、この時期としては暖か過ぎる1日となりました。
写真は今日14時過ぎのわしのとまり木入口の道路と濤沸湖です。
道路はびしょびしょになりましたが、明日からはまた寒くなるということで、雪が降ればいいのですが、このままだとこれがそのまま凍って明日の朝はツルツルの怖い路面になりそうです。


流氷は離れたまま、今日も北浜からは見えませんでした。写真は今朝8時20分頃にわしのとまり木から撮影したものです。接岸は来週まで無理かな。
140130-1.jpg
 

雪かき

2014/01/27 19:45
 
140127ウチ1

140127ウチ2
この冬は積雪が少ない網走、これまでは玄関の周りをさらっと雪かきする程度で楽でしたが、昨日から今朝にかけて吹雪となり、今日午前中はこの冬初めて本格的な雪かき作業。2時間以上かかり、大汗かきました。あ~除雪機が欲しい・・・。
上の写真は9時頃、とりあえず玄関の吹き溜まりを除去したところ。2枚目はようやく敷地の除雪を終えたところです。
もうへとへとでした。



流氷ですが、北浜でははっきり見えず、午後に市内へ買い物に行った時に海を見下ろせる公園へ行ってみると沖に流氷群がはっきりと見え、鱒浦付近には小さな砕け氷が漂っていました。
でも予報ではこれから明日(28日)にかけてやや強い南風とのこと。流氷はちょっと離れてしまいそうです。
140127-1.jpg

140127-2.jpg
 

能取湖にアザラシの群れ

2014/01/24 18:35
 
140124-2.jpg
網走は21日に流氷初日となり、昨日は流氷の一部が能取岬付近に漂着しました。昨日の能取岬の様子は一緒に流氷サイトの流氷日記を投稿している網走で生まれ育った写真家の須藤勝則さんが流氷サイトにアップしていますのでご覧下さい。
http://www.noah.ne.jp/ice/

私は今日能取岬に行ってみましたが、昨夜からの南よりの風で離れてしまい、沖合いに一部細かい流氷片が漂っている程度でした。
そのまま能取湖湖岸を走ると湖口付近のかなり離れた氷上にアザラシらしきものが居るのに気付き、双眼鏡で見るとやはりアザラシでした。望遠レンズで撮影して更にトリミングしてみたものの、やはり遠過ぎて不鮮明ですがアザラシであることはお分かりいただけると思います。
ここに写っているのは10頭くらいですが、別の所にも20頭くらいの群れが氷上で寝そべっていました。



以下の2枚の写真は今朝8時15分頃の北浜駅展望台から。
北浜もまとまった流氷は見られず、細かい流氷片がポツポツと漂い、一部が海岸に打ち上げられていました。
そして2月1日から運転が始まる流氷ノロッコ号のためのホーム仮設延長工事が始まっています。普段の釧網線は朝と夕方に2両編成の列車がある他は1両ですが、流氷ノロッコは客車5両+ディーゼル機関車1両と長いのでノロッコ運転期間中は仮設でホームを延長して対応します。
140124-005.jpg

140124-006.jpg
 

網走流氷初日

2014/01/21 20:45
 
140121流氷館提供1

140121流氷館提供2
網走に流氷が来ました!
今日21日、網走地方気象台は「流氷初日」を発表。平年と同じ、昨年より9日遅い流氷初日となりました。
流氷初日とは「視界外の海域から漂流してきた流氷が視界内の海面で初めて見られた日」とされています。

私は今月26日まではガイド、宿泊のお客様が無い日など網走湖のワカサギ釣り場で働いており、今日は朝から夕方まで網走湖に居たので自分では流氷の写真は撮れませんでしたが、天都山山頂にある「オホーツク流氷館」さんが写真の使用を快諾してくださいました。上の2枚の写真はオホーツク流氷館さんが撮影したものです。
流氷館の方々とは先日「お互いに写真をシェアし合いながら流氷の感動を発信していきましょう」とお話ししており、今後も標高207mの天都山山頂のオホーツク流氷館からと、わしのとまり木すぐ近くの北浜の海岸からの流氷の写真をご紹介していきますので今後ともこのブログ並びに「流氷サイト」を宜しくお願いいたします。

今日の写真を使わせていただいた「オホーツク流氷館」のホームページ
http://www.ryuhyokan.com/


いよいよ流氷シーズン到来。昨日から「おーろら」の運航が始まり、2月1日からはJR釧網線「流氷ノロッコ号」の運転が始まります。ぜひ網走に流氷を見に来て下さいね!
そして今シーズンも流氷に一番近い駅、JR釧網線北浜駅のすぐ近く、網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」をどうぞ宜しくお願いいたします。
 

おーろら運航開始

2014/01/20 19:00
 
140120-1.jpg
今日は大寒。今朝の網走の最低気温は-14.7度、最高気温は-5.5度。気象台のHPによると今日の最低気温を記録したのは7時52分ということで、ちょうどその頃「わしのとまり木」目の前の海から水蒸気が立ち上る気嵐(けあらし)が見られ、撮影したのがこの写真です。


流氷がすぐそこまで近付いて来ている網走ですが、今日から観光砕氷船「おーろら」の運航が始まりました。残念ながら流氷はちょっと間に合わず、全便能取岬付近までの海上遊覧となったようですが、この船の運航開始は流氷シーズン到来を告げます。写真は15時発の便が能取岬の方へ向かう様子を天都山山頂にあるオホーツク流氷館の展望台から撮影したものです。
実は今日の午後ならもしかしたらこの展望台から流氷が見えるかもしれないと思い、おーろらもそこで撮影しようと行ってみました。沖合い水平線付近にそれらしい帯が見えてるような、そうでないような・・・って感じで、確信が持てず、自分としては今日は見えなかったということにしました。
ちなみに天都山の展望台や、能取岬で流氷が見えても市内にある気象台から見えなければ「流氷初日」にはなりません。
140120-2.jpg


天都山展望台から流氷はちょっと確認できませんでしたが、夕日に照らされた斜里岳がとても綺麗に見られました。
140120-3.jpg



ちょっと話し変わりますが、今日お昼前に「わしのとまり木」からすぐ近くの濤沸湖を見に行ってみたらいつものタンチョウ親子が居ました。毎年この時期だと鶴居方面の給餌場に行っていて不在の時期です。
今冬は濤沸湖も結氷が遅れ、タンチョウの移動も遅くなるかなと思いましたが、私自身は12月20日過ぎくらいに見てから見ることは無くなり、いつものように向こうへ行ったのだろうと思っていましたのでちょっとびっくりです。
ずっと移動せずに濤沸湖及びこの近辺に留まっていたのか、一旦移動したものの、最近戻って来たのか、ちょっと分かりません。でももう親子の別れの時期です。
140120-4.jpg

140120-5.jpg



今日は網走から流氷ははっきり確認できませんでしたが、この図は第一管区海上保安本部海氷情報センターが作成、17時にサイトで発表したものです。
これを見ても分かるとおり、流氷は網走のすぐそこまで来ていますので、もういつ見えてもおかしくない状況です。
楽しみですね!
140120-0.jpg
 

流氷近付いて来ました

2014/01/17 19:12
 
140117kishouchou.jpg
気象庁のサイトより引用。
流氷がいよいよ近付いて来ました。網走での流氷初日はもうまもなくでしょう。


今朝9時30分頃、わしのとまり木2階から見たオホーツク海です。ここにまもなく流氷が来ます。
140117ウチ2階1

オホーツク海に一番近い駅、北浜駅から徒歩5分、わしのとまり木では自然ガイド、宿泊のご予約を受付中です。
わしのとまり木ホームページ http://inspot.jp/kanazashi/
 

岬近くの海岸

2014/01/16 20:23
 
北日本の大雪がニュースになっていますが、網走は厳しい寒さが続いているものの、積雪は平年より少ない状態です。
家の周りの雪かきはあまりしなくて済んでいるので生活には楽ですが、冬の自然を楽しむにはもう少し雪があった方がいいかな。ドカッと降るんじゃなくて少しずつ積もる感じでね・・・なんて、勝手なものですね(笑)

積雪は少ないながらもスノーシューが楽しめる状態には達したので、「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコースを歩いて来ました。
氷の滝も外側は完全に凍りました。でもこの滝、外は凍っても内側まで完全に凍結する事は無く、近くで耳を澄ますとシャラシャラと水の音が聞こえます。
140116-001.jpg


崖の途中から滲みだしている水が凍った氷柱がいくつも見られます。
140116-002.jpg


当初平年よりも大きく遅れていた流氷も遅れを取り戻すかのように南下してきたようです。
この海岸に接岸するのが待ち遠しいですね。
140116-003.jpg


わしのとまり木では宿泊及び自然ガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」「オジロワシ・オオワシウオッチング」のご予約を受付中です。お問い合わせ、ご予約はわしのとまり木ホームページよりどうぞ。

わしのとまり木
 

おーろらが網走道の駅に到着

2014/01/08 18:28
 
140108-002.jpg
昨夜から今日にかけて寒さが緩んだ網走。日中は0度くらいまで上がりました。
昼前に天都山のオホーツク流氷館にお邪魔し、職員の方々としばし流氷談義に花を咲かせた後、帰りに道の駅の前を通りかかったら観光砕氷船「おーろら」が停泊していました。

皆さんもご存知の通り、「おーろら」は夏季はウトロで知床観光船として運航されています。夏季運航終了後の整備を終えて、今日午前中に2隻とも流氷シーズン中の発着拠点となる網走の道の駅に到着したようです。

昨日7日の時点で流氷は網走の北330キロ付近にあるとのことで、網走で見られるまではもう少し時間が掛かりそうですが、「おーろら」は今月20日から運航開始です。
「おーろら」の公式サイトは以下URLをクリックして下さい。
http://www.ms-aurora.com/abashiri/index.html


やはりこの船を見ると流氷シーズンへ向けて気分が高まってきます。
昨年の網走での流氷初日は1月12日、流氷接岸初日は1月17日でした。今年は少し遅れそうですが、流氷は少しづつ確実に網走に近付いてきています。
 

網走湖ワカサギ釣り場オープン

2014/01/07 19:23
 
140107-001.jpg
結氷の遅れで延期になっていた網走湖のワカサギ釣りが当初の予定より2日遅れて今日オープンしました。
網走湖は市内より気温が低い事が多く、今朝9時前に事務所前に掛けてある温度計では-15度。
しかしとても天気が良く、約100人の方々がオープン初日のワカサギ釣りを楽しんでいました。
今度の連休は大変な混雑が予想されます。
網走湖のワカサギ釣りはレンタル道具もあるので手ぶらで来られても大丈夫。シーズン終了は氷の状態にもよりますが、3月中旬頃まで楽しめます。

また、「わしのとまり木」ではワカサギ釣りのガイドは行っていませんが、信頼できる網走のガイド仲間の「オホーツク自然堂」さんがワカサギ釣りのガイドツアーを行っていますので宜しくお願いいたします。

流氷の南下が遅れ気味なのがちょっと気掛かりですが、この後今月20日から砕氷観光船「おーろら」が運航開始、2月1日からはJR釧網線の観光列車「流氷ノロッコ」号、札幌~網走の「流氷特急オホーツクの風」号の運転が始まり、冬の網走を盛り上げます。
ぜひ感動いっぱいの冬の網走に来て下さいね!
 

今日の濤沸湖

2014/01/05 19:56
 
140105-012.jpg

140105-011.jpg

140105-004.jpg
今朝の網走は冷え込みました。7時の気温が-9度。まあ大体平年通りだと思いますが、今まで冷えが甘かった今冬では一番ではと思います。
上の写真は今朝9時過ぎの濤沸湖と、湖畔から湖面をじっと見つめるオオワシです。
濤沸湖の結氷は相変わらず遅れていますが、これから平年並みの冷え込みになりそうなのでこの写真の所もまもなく凍るでしょう。


そして同じく今朝9時過ぎの北浜を通る国道244号の様子とわしのとまり木です。
140105-013.jpg

140105-015.jpg


明日(6日)はオープンが遅れている網走湖のワカサギ釣り場ですが、ようやく氷の厚さが基準に達したようで、まだオープン日は決まっていませんが、まもなくオープンできそうです。
 

元旦の網走北浜

2014/01/01 20:51
 
個人的には喪中のため、新年のご挨拶は失礼させていただきますが、網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」は1月14日から冬季営業を始めますので本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今朝の網走は曇り空。写真は今朝7時頃の「わしのとまり木」2階からです。晴れていれば斜里岳から昇る初日の出が見られるんですけどね。
140101-001.jpg

そして11時前後の濤沸湖と北浜の海岸から見た知床連山です。濤沸湖はようやく結氷してきたものの、やはりいつもより遅れています。この写真に写っている部分もいつものこの時期なら凍っているのですが。
海の方は波もだいぶ収まってきました。
140101-012.jpg

140101-018.jpg


今日の網走の最低気温は-1.6度、最高気温は+4.3度。
とても暖かい元旦の一日で、少なかった積雪も更にちょっと融けました。



 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad