オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

能取岬のゼンテイカ

2013/06/28 20:05
 
130628岬012

130628岬020
もう咲いている頃だろうと、午前中に能取岬にユリの仲間ゼンテイカを見に行ってきました。
ゼンテイカは他にエゾカンゾウ、ニッコウキスゲとも呼ばれています。
道外のお客様はニッコウキスゲと呼ぶ方が多く、地元の人はエゾカンゾウと呼ぶ方が多いように感じます。

エゾキスゲにそっくりで、よくお客様からどこが違うのか質問されますが、まず花の付き方が違います。
エゾキスゲは茎の上部から更に枝分かれして花が咲きますが、ゼンテイカは茎のてっぺんに複数の花が付きます。
そして花の色、エゾキスゲは正しく黄色ですが、ゼンテイカはやや橙色に寄ったというか、黄色と橙色の中間くらいの色です。(多少個体差はあります)
写真を見比べてみてください。

まず昨年7月14日に小清水原生花園で撮影したエゾキスゲ。
120714原生001

そして今日能取岬で撮影したゼンテイカ。
130628岬015

このゼンテイカですが、常呂のサロマ湖畔のワッカ原生花園ではエゾキスゲと共に普通に見られるのですが、小清水原生花園では少なくとも遊歩道沿いでは見られないのです。どこかにあるのだろうとは思いますが、私はまだ見たことはありません。能取岬で見られるのにね。



そしてこの時期に能取岬で見られる私の好きな花、オドリコソウです。
130628岬022



 

SLオホーツク号今年も大成功!

2013/06/26 22:12
 
先週19日の試運転から始まった今年のSLオホーツク号。2日間の試運転と22日、23日の営業運転は大きな事故も無く、北見~網走~知床斜里の沿線を沸かせ、私達スタッフ、関係者の胸に感動を残して終了しました。
MOTレール倶楽部のfacebookページでその模様をご覧頂いた方も多いと思います。

先週のこのブログで試運転の様子をお伝えしましたが、試運転は2日間とも曇りや雨でした。
しかし本番の22日と23日はSLオホーツク号の運転を祝うかのように晴天に恵まれ、大変多くの方々が網走駅のイベントを楽しみ、また沿線各地で手を振ったり撮影したり、思い思いに楽しんでくれたようです。

直前に出た列車の空席も、駅で告知した他、MOTレール倶楽部各メンバーが知人に知らせたりfacebookやブログなどで呼び掛けた結果、2日間ともほぼ満席となりました。

網走駅ではSL歓迎イベント「オホーツクSLフェスタ 夏のイケ麺バトル網走の陣」が開催され、昨年以上のお客さんで賑わい、22日に会場に来て下さった市長も「去年の倍は来てるね」とニコニコ顔。(さすがに倍というのは大袈裟だけど・・・)
130622-001.jpg

130622-002.jpg


私達MOTレール倶楽部メンバーはレール倶楽部のロゴとクリオネマークが入ったお揃いの青いTシャツを着て会場でスタッフ業務に当たった他、一部のメンバーは早朝に北見駅に向かい、北見から網走まで下りSLオホーツク号に乗り込んでイベントのチラシを乗客の皆さんに配りながらPRを行いました。
130623-007.jpg


会場には網走市のゆるキャラ「ニポネ」も登場し、子ども達に大人気。
130622-006.jpg


イベント来場者用の駐車場が駅に確保できないため、車で来場されるお客さんには1キロほど離れた市の複合施設の大駐車場に駐車してもらい、無料シャトルバスを利用してもらいますが、昨年は行先表示がただ「貸切」だったところを、今年は網走バスさんのお計らいで「歓迎 SLオホーツク号」と表示していただきました。
他にも窓の上部にニポネの絵を車内、車外両方から見えるように貼ってくださるなど、SL歓迎ムードを盛り上げてくれました。ご協力頂いた網走バスさんには感謝です。
130623-001.jpg

130623-003.jpg

130623-005.jpg


SLオホーツク号は上下とも網走で1時間ほど停車しますが、今年も2日間とも下りの斜里行きで出発式を行いました。初日の22日はJR北海道主催で、発車の際は網走市長が出発合図を行い、網走市立第3中学校吹奏楽部の演奏で発車。翌23日はSL歓迎プロジェクト実行委員会主催で、今年はゆるキャラ「ニポネ」が出発合図を行い、網走小学校の吹奏楽部の演奏の中、発車していきました。
MOTレール倶楽部が23日の斜里行きが発車して行く様子を動画撮影し、youtubeにアップしていますのでぜひご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=AG1qbVotDXs


また、一昨年、昨年に続き、今年も最後となる23日の上り北見行きの出発をみんなでお見送り。
今年で3回目ですが、この最後の見送りはいつもジーンときます。
130623-019.jpg

130623-020.jpg


このシーンもメンバーが動画をアップしていますのでご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=CXtaVTArVPA


そして今年も頑張った仲間達(MOTレール倶楽部撮影)
130623集合写真


昨日(25日)網走市長、大空町長、MOTレール倶楽部を代表するメンバーらが今回のSLオホーツク号運行のお礼と、来年以降の継続運行をお願いするために札幌のJR北海道本社に行きました。

SLを運行することはJRにとっても、一般の人が考えるよりとても大変な事です。それにもかかわらず、地域の要望に応えてくださったJR北海道さんには心から感謝です。
おかげで沿線では大変多くの人々が楽しむことが出来ました。

更に来年以降も運行するのはいろいろと難しい事情もあると思いますが、何とかお願いしたいところです。
 

今日の小清水原生花園

2013/06/21 21:06
 
今日午前中に小清水原生花園の様子を見に行って来ました。花の開花状況は全体的に10日くらい遅れている感じがしますが、黄色いユリの花エゾキスゲ、橙色のユリの花エゾスカシユリ、そしてハマナスといった原生花園の主役たちが次々と開花してきており、段々華やかになってきました。
130621-1.jpg

130621-2.jpg

130621-3.jpg

130621-4.jpg


今年は遅れているため、クロユリもまだ見られますが、周囲の雑草が伸びているため、一般のお客様にはちょっと分かり難いと思います。
130621-5.jpg


花を観察中、すぐ近くの柵に美しいノゴマ(オス)が止まってくれました。
130621-6.jpg


この他センダイハギは満開状態で、濤沸湖畔各所で見られ、ハマエンドウ、エゾノシシウド、も続々と開花。ヒメイズイ、ハマハタザオは終わってきていますが、まだ見られます。

そして北浜の濤沸湖畔ではヒオウギアヤメが見頃となっています。
130621-7.jpg



今日はSLオホーツク号の試運転は無く、夕方に網走駅の準備作業に行って来ました。いよいよ明日です。
今回のSLオホーツク号では沿線で列車に向かって手を振ろうという計画もあり、沿線各自治体などが住民に呼び掛けています。そしてその様子を列車に乗り込んだスタッフが車内から撮影し、後日編集してYouTubeにアップしようというものです。
地元の皆さん、また、明日からの2日間に沿線周辺にいらっしゃる観光客の皆さん、ぜひSLオホーツク号に手を振ってみませんか?
130621-8.jpg


明日からの2日間は網走駅でのイベントスタッフを務め、また夜は宿泊のお客様もいらっしゃるので、このブログの更新は月曜日以降になりますが、SLオホーツク号本番の様子はMOTレール倶楽部facebookページでイベントの最中からスタッフが随時お伝えすると思いますので、ぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/motrailclub
 

SLオホーツク号空席あり

2013/06/21 09:11
 
19日の記事の中でもお伝えしましたが、話題のSLオホーツク号、特に23日にまとまった空席があるようです。詳細はMOTレール倶楽部フェイスブックページでお知らせしていますが、1ヶ月前の発売日には2日間とも瞬時に完売し、テレビ、新聞などでもそのように伝えられました。その報道を見て乗車を諦めた方も多いと思います。

これは旅行会社がパックツアー用に予め多数の席を押さえる他、プラチナチケットになると予想してネットでの転売で利益を得ようと目論む個人が何席か押さえることもあると聞きます。
そして運行間近になって売れ残った席を返すことから、発売と同時に満席になったはずの列車が当日には空席多数という現象が起きるようです。

そんな事情から、現在23日のSLオホーツク号には上下とも結構な数の空席があるとのこと。
また、運転区間の北見~知床斜里全区間とか、北見~網走・網走~知床斜里という区間単位でしか売られないと誤解している方も意外といるようです。
SLオホーツク号は例えば北見~美幌とか、網走~北浜など、一部区間の短距離でも乗車できます。
SL列車に乗る貴重な機会です。ぜひお近くの駅へどうぞ。
 

SLオホーツク号試運転2日目

2013/06/20 19:06
 
今日も石北線、釧網線の北見~網走~知床斜里でSLオホーツク号の試運転が行われました。今日は沿線の市民試乗会も兼ねています。

生憎の雨となってしまい、午前中の斜里行き下り列車は北浜駅近くの国道から撮影。シャッターを切った後、試乗会の乗客の皆さんに向かって手を振ったら乗客の皆さんたちも楽しそうに手を振り返してくれました。
130620-001.jpg

130620-004.jpg

130620-011.jpg



北浜駅を発車して行ったSLオホーツク号の煙。これ、SLが走っているのを知らない人が見たら大きな火事が起こっていると勘違いしそうですね。
130620-012.jpg


午後の北見行き上り列車は昨日と同じくわしのとまり木の屋根上から撮ってみました。天気が良ければよかったんですけどね。昨日と同じ写真になっちゃいました。今日は昨日よりは良くなると思ったんですけどね~。
130620-020.jpg

130620-024.jpg

本番となる22日、23日はMOTレール倶楽部のメンバーとして網走駅で開催されるSL歓迎イベント「オホーツクSLフェスタ 夏のイケ麺バトル網走の陣」のスタッフを1日中務めますので私の今年のSL撮影はこれで終了です。
今年の試運転は2日間とも天気が悪かったのは残念でしたが、本番となる2日間はまずまずの天気となりそうですからこれでよしとしましょう。
今までMOTレール倶楽部が手掛けたイベントは、過去3回やったオホーツク食い倒れ号、一昨年と昨年のSL歓迎イベント、昨年秋の網走駅開業100周年記念イベントなど、何れも天気に恵まれ、雨は無いのです。
今度のSLフェスタも大丈夫でしょう。


今日の夕方、MOTレール倶楽部のFacebookページにメンバーが撮影した今日の北見行きSLオホーツク号が網走駅を発車するシーンの動画がアップされていますので、ぜひご覧下さい。
網走の街に響き渡るSLの汽笛、あのSLの汽笛ってなぜこんなにも胸にしみるのでしょう。
https://facebook.com/motrailclub
 

SLオホーツク号試運転

2013/06/19 21:44
 
130619-1.jpg
今日の網走は曇り。北浜では時々海からの霧が出る中、石北線、釧網線の北見~網走~知床斜里で予定通りSLオホーツク号の試運転が行われ、沿線では多くの人々の目を引きました。
上の写真は11時25分ごろ、北浜駅を定刻通り発車した知床斜里行きSLオホーツク号試運転列車です。
蒸気機関車C11形207号機の向きは今年も昨年と同じく北見から網走、斜里に向かう下り列車が後ろ向き、斜里から網走、北見に向かう上り列車が正面向きとなります。


どんよりした曇り空で雨や霧が心配でしたが、私は今回「わしのとまり木」の屋根の上から撮影してみました。
以下、斜里からの上り試運転列車です。最初の写真は原生花園駅を発車したばかりだと思いますが、狼煙のような煙でSLがいることがすぐに分かります。
130619-2.jpg

130619-3.jpg

130619-4.jpg

そして北浜の鉄橋。
130619-5.jpg


わしのとまり木での撮影の後、網走駅へ。SLオホーツク号は上下とも網走駅で1時間ほど停車します。
130619-6.jpg

130619-7.jpg
定刻の15時31分、北見へ向けて発車して行きました。


昨日のブログで書きそびれましたが、昨日は本番となる22日、23日の網走駅のイベントで1日網走駅長を務める網走市のゆるキャラ「ニポネ」の駅長就任お披露目が網走駅で行われました。ニポネの左にいらっしゃる方が本物の加茂駅長です。
130618-015.jpg


明日20日は同じ時刻で沿線市民の試乗会を兼ねた試運転が行われます。

ところで、SLオホーツク号は全車指定席で、1ヶ月前の指定席発売の際は2日間ともすぐに満席となりましたが、23日についてはその後席が戻されたようで、ある程度の空席が出たとの事です。
発売日に満席で乗るのを諦めた方はもう一度駅の窓口にあたってみましょう。

SLオホーツク号についてはMOTレール倶楽部Facebookページで随時お知らせしていますので、ぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/motrailclub
 

SLオホーツク号いよいよです!

2013/06/18 22:03
 
130617-004.jpg
今週の網走はSLウイーク!
2011年夏に36年ぶりに網走を走った蒸気機関車「SLオホーツク号」、元々2011年と2012年の2回という予定でしたが、「わしのとまり木」ホームページや、このブログでもお伝えした通り、昨年の沿線の盛り上がりと熱意にJR北海道さんが応えてくださり、特別に今年も運転されることになりました。
写真は網走駅の駅員さんたちが製作したパネルです。

本運転は今度の土日、22日と23日ですが、明日19日と20日は本運転と同じ時刻で試運転が行われます。主役のC11形207号機は既に昨日(17日)所属する旭川運転所から北見に回送されており、客車も今日北見に回送されたとのこと。


本運転の22日、23日の2日間は網走駅をはじめ、北見、浜小清水、知床斜里駅などでSLオホーツク号歓迎イベントが行われます。
網走駅では昨年と同じく網走ちゃんぽんをはじめとした各地の麺料理を集めた「夏のイケ麺バトル網走の陣」が開催されます。麺料理以外にも沿線の美味しいものが出店されます。
130618-001.jpg

130618-002.jpg
網走駅でのイベントは22日、23日とも9:30~16:00で、私もMOTレール倶楽部スタッフとして会場に居ます。
また、網走駅では2日間とも下り(斜里行き)SLオホーツク号で出発式を行い、網走市内の小中学校の吹奏楽部による演奏でSLオホーツク号を送り出します。過去2回もそうでしたが、この子ども達の演奏はびっくりするくらい上手です。

いよいよ明日の試運転からSLオホーツク号が始まります。みんなで盛り上げましょう!
 

小清水原生花園でエゾスカシユリが開花

2013/06/16 19:54
 
先月とは一転して晴天が続いていた網走、昨日は久しぶりに雨が降り、植物達にとってはいいお湿りとなりました。

遅れていたハマナスも数日前にようやく開花した小清水原生花園、今日の午後に行ってみたらエゾスカシユリが開花していました。今日のところはまだこれだけですが、他にもつぼみがいい感じで出てきており、今後期待できそうです。
130616-2のコピー


エゾキスゲも次々と開花してきています。
130616-3.jpg


ハマナスは数日前に開花。まだ数えるほどですが、これもどんどん咲いていきます。
130616-8.jpg


エゾノシシウドとアカスジカメムシ。セリ科の花が大好きなこのカメムシも一気に出てきました。
130616-1.jpg


ハマエンドウ
130616-5.jpg


クロユリもまだ見られますが、今後終わっていきます。クロユリをご覧になりたい方は今週中がいいですね。
130616-6.jpg


センダイハギは小清水原生花園を含め、濤沸湖畔全体で咲いてきました。
130616-7.jpg

この他、ハマハタザオ、エゾノコリンゴが見られますが、これらはそろそろ終了です。


まだ咲き始めたばかりですが、エゾキスゲ、ハマナス、エゾスカシユリと、役者が揃ってきました。
そして19日、20日の試運転、22日、23日の本運転となる3年目のSLオホーツク号がここを走ります。
 

魚類調査

2013/06/11 22:07
 
130611ウチ2階
網走ではとても爽やかな晴天が続いています。写真は今日午前中に2階から撮影したものです。

午後からは美幌博物館の魚類調査に参加。農大の先生や学生達も一緒に美幌川の可動堰を操作していただいて魚を採取。遡上中のサクラマスも見られたほか、アメマス、ヤツメウナギ類、ウグイなど、ここではお馴染みの魚たちが見られました。
130611-2.jpg

130611-3.jpg

130611-4.jpg

130611-5.jpg
 

小清水原生花園でエゾキスゲが開花

2013/06/07 21:25
 
130607原生003のコピー

130607原生006のコピー
今日の網走は これこそ初夏の北海道! という爽やかな晴天でした。
そして小清水原生花園ではここを代表する花の一つ、エゾキスゲが開花しました。
園内ではまだこれだけですが、クロユリとセットで見られます。

他にはエゾノコリンゴのつぼみが綻んでいましたが、まあ開花ということにしましょう。
130607原生001のコピー


スミレはちょうどピークです。
130607原生007のコピー


 

小清水原生花園でクロユリ開花

2013/06/03 20:53
 
130603-001.jpg

130603-002.jpg
前回のブログ更新後、5月28日には最高気温が32度を記録した網走ですが、今日の最高気温は7.2度と、また冬に逆戻り。
そんな寒さの中、小清水原生花園に行ってみたら一部でクロユリが咲き始めていました。


その他は前回更新時にお伝えしたエゾエンゴサクはほぼ終了し、ハマハタザオ、スミレ、エゾタンポポに加えて今日見られた花をご紹介します。
菜の花に似たこの黄色い花は外来種のハルザキヤマガラシ。見た目の通り、アブラナ科です。
130603-003.jpg


そしてユリ科のヒメイズイです。この写真はつぼみが閉じた状態で、開花した姿は先端の緑色の部分がぷちっと開くだけです。
130603-005.jpg


センダイハギも一部開花寸前のものがありました。
130603-004.jpg



 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad