オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

タンチョウ

2013/02/25 19:27
 
130225-050.jpg

130225-051のコピー
このブログでたまにお伝えしている濤沸湖のタンチョウ夫婦、冬は鶴居方面の給餌場で過ごしているようですが、今日のお昼前に濤沸湖畔を見ていたら2羽仲良く餌をついばんでいる姿が見られました。
私が確認したのは昨年12月20日以来です。
いつもだと3月に入ってまもない頃に帰って来るので、ちょっとびっくり。今年は早いなと思いましたが、考えてみればまもなく2月も終わりですね。

昨年は1羽の雛を育て上げました。自然界での子育ては大変厳しいものですが、今年も何とか繁殖に成功して欲しいと願いながらそっと見守っていきたいと思います。



昨日がっつりと接岸して今シーズン最高の状態となった流氷は今日も変わりなく接岸状態が続いています。
写真は今日14時頃に「わしのとまり木」2階から撮影。見渡す限りの流氷原。
いいですね~。
130225ウチ2階002のコピー

130225ウチ2階003のコピー




 

今シーズン一番の流氷

2013/02/24 19:52
 
今日の網走は午後に今シーズン一番の流氷接岸状態となりました。

北浜では朝はまだ離れていたのですが、日中の北風のおかげで午前中にじわじわ近付いてきてお昼頃にはほぼ接岸。夕方までに更に密度を増して見事な流氷原となりました。
聞いた話では「おーろら」が14時の便から港外に出られなくなったそうです。

以下、「わしのとまり木」と夕方に北浜の海岸で撮影した流氷をご覧下さい。
まずは「わしのとまり木」2階から朝・昼・夕と同じアングルから撮影した、流氷が近付いてくる様子です。

9時10分頃。
130224ウチ2階001のコピー


12時30分頃
130224ウチ2階002のコピー

16時10分頃
130224ウチ2階007のコピー



そして16時20分頃、海岸で撮影。知床連山も綺麗に見え、素晴らしい光景でした。
130224海岸005のコピー

130224海岸008のコピー

130224海岸013のコピー


しばらくこのままでいてほしいものです!
 

今日の能取岬

2013/02/20 20:29
 
今日(20日)の午前中、お客様をガイド中に立ち寄った能取岬。
流氷は薄いものですが、好天で風も無く、素晴らしい光景が広がり、お客様も歓声を挙げて喜んで下さいました。
130220岬001のコピー

130220岬002のコピー

130220岬003のコピー

130220岬004のコピー

130220岬006のコピー


流氷は着いたり離れたりを繰り返しますが、まだまだシーズンは終わりませんよ。

 

17日北浜の流氷

2013/02/17 21:13
 
130217ウチ2階003のコピー

130217ウチ2階004のコピー
1月31日に今シーズンの冬の自然ガイドと併せて営業を開始した「わしのとまり木」はおかげさまで流氷に憧れ、流氷を愛するお客様にご利用いただいています。
近年流氷が少なくなり、限られた時間しか滞在できない旅行者の方々には「運が良ければ見られる」なんて言われていますが、やはり海が氷で覆われる、海がどこまでも白いというのは絶対に現地に行って生で見たいものです。

東京生まれ埼玉育ちの私が網走に移住して今年で9年目になりますが、今も毎日流氷を見て感動しています。これからも一生、もう見飽きたなんてことは無いでしょう。
流氷とその上空を舞う巨鳥オジロワシとオオワシ、この感動を網走市北浜「わしのとまり木」からこれからもずっとお伝えできたらと思います。

写真は今日16時過ぎに「わしのとまり木」から撮影した流氷です。

宿泊と自然ガイドでブログの更新が滞りがちですが、北浜の流氷の状況についてはほぼ毎朝「わしのとまり木」か釧網線北浜駅から撮影した写真をいつもお世話になっている「流氷サイト」の流氷日記にアップしています。
お客様の対応などで、朝時間が取れない時もありますが、大体9時頃までにアップしていますので流氷サイトをチェックしてみてくださいね。
なお、「わしのとまり木」からは網走市内~能取岬方面は角度的に見られませんのでご了承下さい。

流氷サイト http://www.noah.ne.jp/ice/
 

晴天

2013/02/12 20:33
 
全国ニュースにもなったようですが、網走では水道の導水管破損により昨日(11日)午後から全世帯の60%が断水するという事態になり、北浜の「わしのとまり木」も断水となってしまいました。
幸い昨夜は宿泊のお客様は無く、今朝起きた時は復旧していたので影響は最小限で済みました。


今日の網走は流氷は離れていたものの、快晴となり、風も無くアウトドア活動には最高でした。
午前中の「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」では2人のお客様が参加され、森の中では可愛らしいエゾリスと出会い、海を見下ろす絶景ポイントでは頭上を何羽ものオジロワシが通過したり、氷の滝に歓声を挙げるなど、冬の網走の自然を大いに楽しんでくださいました。
130212岬海岸002のコピー

海の向こうには知床連山が綺麗に見えました。
130212岬海岸008のコピー



そして16時頃「わしのとまり木」2階から知床方向を撮影。浜小清水方面は接岸しているようです。
ただ、現在近くに見えている流氷はシャーベット状の氷泥と細かく砕けた流氷片が混じったものです。
もう少し流氷らしい流氷が来て欲しいところです。
130212ウチ2階004のコピー

130212ウチ2階003のコピー
 

猛吹雪

2013/02/09 22:51
 
130209-002.jpg

130209-001.jpg
8日夕方から9日朝にかけて猛吹雪に見舞われました。
写真は9日8時頃の「わしのとまり木」です。

これを1人で手で雪かき・・・本当に大変でした。
 

境目

2013/02/05 21:30
 
130205-2階6
今日の流氷は能取岬の東側から網走市内~北浜付近にかけてはやや離れていましたが、それより東、浜小清水方面にかけては接岸していました。
この写真は今日16時頃「わしのとまり木」から撮影。
ちょうど北浜が接岸と離岸の境目になっていました。


そして浜小清水方面にレンズを向けて撮影。
その境目から東はきっちり接岸しているのが分かりますね。
流氷の向こうに見える山は知床半島の海別岳です。
130205-2階7

 

+8度!

2013/02/02 22:23
 
130202-002.jpg
今日の網走は最低気温-3.3度、最高気温は+8度まで上がりました。
わしのとまり木の前の道路は12月からずっと氷、圧雪に覆われていましたが、この暖かさで久しぶりにアスファルトが顔を出しました。


そしてやはり流氷は見えなくなっちゃいました。
今日16時過ぎの、わしのとまり木1階談話室から見た北浜の海です。
130202-007.jpg

でも明日からはまた冬型の気圧配置ということですから明日から明後日くらいにはまた見えてくると思います。
 

わしのとまり木オープン

2013/02/01 18:25
 
130130-2.jpg
開業準備でバタバタしてブログの更新が滞っていましたが、多くの方々が様々な形で協力してくださったおかげで保健所の許可も得て網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」は予定通り昨日(31日)無事オープンし、地元の鉄道、釧網線、石北線を盛り上げる活動をしているMOTレール倶楽部のメンバー4名がお客様として宿泊してくれました。

私一人で運営するため、まだまだ不備な点もあるかと思いますが、多くの旅人の方々にオホーツクの自然を伝えつつ、心癒される宿にしていきたいと思っています。



そして一夜明けた今日から、釧網線の観光列車「流氷ノロッコ号」が今シーズンの運転開始となりました。
今日の網走は晴天、気温も上がり、ちょっと離岸したものの、間近に流氷を見ることが出来、ノロッコ号のお客さんも喜ばれたことでしょう。
写真は昼過ぎに「わしのとまり木」2階から撮影した流氷ノロッコ4号です。
130201ウチ001

130201ウチ006


石北線では同じく今日から札幌~網走に「流氷特急オホーツクの風」が運転開始です。

これから明日にかけて強い南風が吹く予報で、雪ではなく雨が降り明日の最高気温は+7度とか!
流氷は一時見えなくなりそうです。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad