オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

濤沸湖のヘイケボタル

2012/07/27 21:11
 
120725-1.jpg
今月も寒い日が多かった網走ですが、今週になって湿度も高い蒸し暑い日が続いています。
でもこの蒸し暑さはホタルにとって絶好のコンディション。そう、網走にもあちこちにヘイケボタルが居て、この時期柔らかく光ながらふわふわと舞う幻想的な光景が見られます。
私は毎年北浜の濤沸湖畔でこの時期ほぼ毎晩ヘイケボタルを観察しています。

濤沸湖のヘイケボタルは、よくありがちな他所から買ってきたものを放流して「ホタルの里を作りました!」なんてものではなく、本来この地に棲息し続けている本当の野生のヘイケボタルです。
今がピークで8月中旬くらいには終了します。
 

小清水原生花園

2012/07/10 17:37
 
120710-1.jpg

120710-2.jpg
小清水原生花園では赤いハマナスやオレンジ色のエゾスカシユリ、黄色いエゾキスゲといった大きく華やかな花で彩られ、最高の見頃が続いています。
写真は何れも今日(10日)撮影したものです。


エゾカワラナデシコが咲き始めました。エゾキスゲやエゾスカシユリと入れ替わるように今月下旬に見頃となります。
120710-3.jpg


大きなユリの花に負けないぞ!とばかりに可愛らしいハマフウロも見頃。園内全域で見られます。
120710-4.jpg


ハマボウフウの花です。食材として珍重されるせいか、園内の遊歩道沿いではかなり減ってしまいました。
国定公園内でもありますし、みんなが楽しめるように持っていかないでね。
120710-5.jpg


オレンジ色に染まる濤沸湖の中洲のエゾスカシユリの群生。毎年この時期の楽しみでもあります。見事でしょう!
網走からR244を斜里方面に向かい、北浜を通過して右手に濤沸湖が見えてくるとまもなく見えます。
120710-6.jpg
 

SLオホーツク号大成功!

2012/07/03 22:52
 
120703-001.jpg
6月27・28日の試運転から始まったSLオホーツク号、30日と7月1日は本運転が行われ、日中の最高気温が30度前後まで上がるという大変暑い中、北見~網走~斜里の沿線各地ではSL歓迎イベントも開催されて大いに盛り上がりました。

私もこの2日間MOTレール倶楽部のスタッフとして網走駅で開催されたイベント「オホーツクSLフェスタ×夏のイケ麺バトル網走の陣」で楽しみながら汗を流しました。


この春一般販売を開始した「網走ちゃんぽん」をはじめ、オホーツク及び十勝地方の麺料理が一堂に会したイケ麺バトルは各ブースに行列が出来るほどの大盛況!
120703-002.jpg


駅舎の空きスペースにはプラレールなど親子で楽しめる「網走ぽっぽランド」を開設。
MOTレール倶楽部のメンバーはこのために各自が段ボール箱を利用した車両を作ることになっていました。私は当初、簡単に出来ると考えていましたが、いざやってみると実車のイメージを崩さずにデフォルメして作るのは大変難しく、大苦戦。
でも狙い通りこのように子供達が楽しんでいるのを見て嬉しかったです。
120703-003.jpg


網走駅では2日間とも斜里行きのSLオホーツク号で出発式をおこないましたが、30日は網走市立第三中学校、1日は網走小学校の吹奏楽部の生徒達の演奏で発車。中学生も小学生もびっくりするほど上手で、感動!
写真は何れも準備中のものです。
120703-004.jpg

120703-005.jpg


SLオホーツク号は当初から昨年と今年の運転となっており、来年以降については白紙です。私達は来年以降も運転してもらえるように願っていますが、少しでも沿線の熱い気持ちをJRさんに伝えようと、メンバーの軽トラックにメッセージボードを積み、SLと並走するような形で沿線を周り、多くの方々がメッセージを書き込んでくれました。
120703-006.jpg


1日の午後、この後斜里から戻って来て北見へと向かうSLオホーツク号を見送るための横断幕が用意され、イベント会場に掲げられました。
120703-007.jpg


そして今年最後のSLオホーツク号を横断幕を掲げて見送るためにMOTレール倶楽部のメンバーは全員ホームへ。
そしてみんなで「知床旅情」を合唱してSLオホーツク号を見送りました。この写真は発車前です。
120703-008.jpg

本運転のこの2日間は朝から1日中網走駅に居たので他の様子は直接見ていませんが、聞いた話では浜小清水、斜里など、沿線各地とも網走に勝るとも劣らない盛り上がりだったようです。
普段は鉄道に関心が無い人も駅や沿線に集まり、イベントを楽しんだりSLに手を振ったりしていました。
そして大きな盛り上がりと感動の陰には絶対に事故が無いように安全にSLを運行して下さったJR北海道さんの大変な努力があったことを忘れてはいけません。

今回のSLオホーツク号についてはMOTレール倶楽部の公式facebookページに詳しく書かれていますのでそちらもぜひご覧下さい。
http://www.facebook.com/motrailclub#!/motrailclub
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad