オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

現在の濤沸湖畔の花

2012/04/28 18:14
 
120428-1.jpg
濤沸湖畔のミズバショウが見頃となりました。
一般的にミズバショウを鑑賞するのはこの状態ですが、これから夏にかけて葉がどんどん成長して巨大化し、気持ち悪いくらいの葉っぱのお化け状態になっちゃいます。


他に今日(28日)現在で濤沸湖畔で見られる花を簡単にご紹介します。
エゾエンゴサクはあちこちで見られるようになりました。
120428-2.jpg


アズマイチゲです。これは24日に撮影。
120424-1.jpg


フクジュソウは終わりつつあります。
 

ミズバショウ

2012/04/23 18:05
 
今日(23日)の網走の最低気温は+6.8度、最高気温は15.8度でした。
網走湖畔をはじめ、網走周辺の湿地ではミズバショウの白い仏炎苞が伸び、見頃を迎えつつあります。

ミズバショウ群生地として有名な網走湖畔呼人の様子。
120423-1.jpg


北浜の濤沸湖畔の様子。濤沸湖畔のミズバショウは毎年網走湖畔より1週間くらい成長が遅いです。土壌成分の違いでしょうか。
120423-2.jpg



呼人の国道39号線沿いではエゾムラサキツツジの冬囲いを取り外す作業が行われていました。
120423-3.jpg
 

海明け発表

2012/04/17 19:49
 
網走地方気象台から今日「海明け」が発表されました。これは過去に遡って決めますが、今年の海明けは3月29日だったとのことで、平年より9日、昨年より36日遅いということです。昨年の海明けはあまりにも早過ぎましたが。
この後「視界内の海面で流氷が見られた最後の日」とされる流氷終日が決まると今年の流氷初日から流氷終日までの「流氷期間」が決まります。

今日は海の写真は撮っていませんが、写真が無いのも寂しいので、今朝撮った濤沸湖上空を舞うオジロワシの写真を。
120417北浜湖畔004
 

エゾエンゴサク開花

2012/04/16 20:57
 
4日から11日まで急遽東京に行ったりしていてブログの更新が開いてしまいました。
まだ海明けの発表はありませんが、さすがにもう流氷は見られません。東京滞在中に雪融けも一気に進んだようです。

3月29日にキタミフクジュソウの開花をお伝えしましたが、今朝の濤沸湖畔ではエゾエンゴサクが咲いていました。
120416-1.jpg


雪融けが進んで各河川は増水していますが、濤沸湖に流れ込む丸万川もご覧のように溢れそうなくらい増水しています。(14日撮影)
120414-1.jpg


今年は春が遅れていましたが、ようやく春らしくなってきました。
 

流氷が戻って来ました

2012/04/01 19:20
 
120401-0.jpg
先日「春が1歩近付いた」と書いたばかりなのに昨日から今朝にかけて吹雪きになり、4月に入った今日、流氷がまた戻って来ました。
今日の網走の最低気温は-5.6度、最高気温は-1.7度と真冬日。

能取岬付近では流氷が接岸していましたが、網走で4月に入ってから流氷の接岸が見られたのは2008年以来だと思います。
120401-1.jpg

120401-3.jpg



北浜駅展望台から。
120401-4.jpg


この後また離れると思いますが、沖にはまだまとまった流氷群があるようなので、網走の流氷はもう少し見られるかもしれません。
今年の「海明け」「流氷終日」はいつになるのでしょうね~。



今日も流氷が見られた網走ですが、私の冬のガイドプログラム「オジロワシ・オオワシウオッチング」「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」は今日で終了とさせていただきます。
この冬も私のガイドをご利用下さり、ありがとうございました。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad