オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

29日の北浜

2012/02/29 20:08
 
120229-1.jpg
今日の網走は気温が+4度まで上がりました。その原因となった強い南風のせいもあり、流氷はまた沖に遠ざかってしまいました。
写真は今朝9時30分頃、濤沸湖南側の丘から撮影した流氷ノロッコ号です。

今日の時点ではまだ沖に見えていましたが、予報だと今後1週間、更に離れるみたい・・・。
まだこれで終わりではなく、また戻って来ると思いたいですが、どうなることでしょう。


ノロッコ号撮影後、反対の山側を見たら藻琴山の緩やかな稜線を背景にオジロワシが舞っていました。
120229-4.jpg


正午頃の北浜の海岸です。市内方面も青い海が広がっています。
120229-3.jpg

人が何人か海に入っていますが、これはクリオネを採っているのでしょう。天気が良くて暖かく、更に流氷が沖に離れて波が無い。確かにクリオネ採集日和かもしれません。
この白い塊は流氷ではなく氷泥が波で打ち寄せられて重なりながら凍ったものです。
下の砂地が本来の砂浜ですから人の背丈を超えてかなり高く積み重なったのが分かります。
120229-2.jpg
 

今日の流氷

2012/02/24 16:50
 
120224-4.jpg

120224-1.jpg
17日にようやく接岸初日となったものの、また離れてこの3~4日間青い海が広がっていた網走ですが、昨日からの強い北風でまた接岸しました。
写真は今日13時前に網走港から撮影した「おーろら」です。


北浜の海岸にも接岸しています。
120224-2.jpg
近年の流氷は本当に気まぐれですから今後も離れたり接岸したりを繰り返すでしょう。


濤沸湖畔ではオジロワシの若鳥とオオワシが仲良く並んで止まっていました。
120224-3.jpg

 

流氷接岸初日

2012/02/17 23:51
 
120217kd北浜001

120217kd北浜002

120217kd北浜003
ようやく今日(17日)網走で流氷接岸初日となりました。
写真は今朝8時半頃の北浜の海岸です。この時は岸寄りに若干開水面がありますが、市内方向はしっかりと接岸しています。
薄い流氷なので今後の動きは何とも言えませんが、とりあえず良かった~。
 

近付いて離れて・・・

2012/02/14 17:29
 
120213kd1.jpg
相変わらず流氷の勢力は弱く、近付いて来たと思ったら簡単に離れてしまいます。
写真は昨日(13日)私のガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコースで撮影したものですが、この時は能取岬付近は接岸していました。
貧弱な流氷ですが、天気も良くこれはこれで綺麗な景色ですね。


そして今日の北浜の海岸です。この時期だというのに寂しい光景・・・。
120214kd1.jpg


ここに至ってもまだ接岸初日になっていません。
今週末あたりちょっと期待しているのですが、どうなるでしょう。
調べてみると網走での接岸初日が観測史上最も遅かったのは1991年2月21日だったそうです。

 

また近付いて来ました

2012/02/09 15:38
 
120209PG-002.jpg
北海道でも岩見沢など、空知方面は大雪で交通が混乱したりしたようですが、網走は時々雪が降る程度で穏やかな天気が続いています。
よく全国版のテレビニュースなどで「北海道もこれから明日にかけて最大で50センチの積雪になるでしょう・・」とか言われますが、ほとんど網走は関係無い事が多いです。1年を通して天候が比較的安定しているのが網走のいいところです。もちろん、冬の間1~2回は猛吹雪とかありますけどね。
今日の最高気温は-6.6度となっていますが、体感的にはもう少し暖かく感じました。

流氷はしばらく網走から離れていましたが、また近付いて来ました。北浜の高台から13時過ぎに撮影した流氷の様子です。
市内から能取岬方面にかけて接岸しているようで、砕氷船「おーろら」も流氷の中を航行できていました。


120209PG-004.jpg
北浜では接岸していませんが、小さな流氷群が接近。
その後ろ、水平線付近に大きな流氷群が見えます・


120209PG-005.jpg
北浜の橋を渡った小清水原生花園から浜小清水方面も接岸していました。

網走周辺の流氷はあちこち接岸している所もありますが、何れも砕け氷と氷泥が混じった貧弱なものです。
接岸というよりも漂着と言った方がいいような。
開水面が大きいため、まだ接岸初日は記録されていません。
まさかこのまま接岸初日を記録しないままシーズンが終わったりして・・・。

もっとゴツイ流氷らしい流氷が早くど~んと接岸して欲しいものです。
 

流氷離れています

2012/02/06 17:39
 
今日(6日)は気温が+3度まで上がりました。

網走の流氷は先月17日に流氷初日となったものの、接近したり離れたりを繰り返している状況で、まだ接岸初日は発表されていません。
今日も網走周辺では離れている状況です。

お昼前の能取岬では沖にある流氷帯が見えました。
120206-1.jpg

北浜では大海原が広がっているだけ・・・。
浜小清水方面も離れているようです。
120206-2.jpg


4日(土曜日)に市の教育委員会が行っている生涯学習講座「あばしり学」の講師を務めさせていただき、私のガイド「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコースでもある能取岬付近の森と海岸を歩きながら動物の足跡や上空を舞うオジロワシ・オオワシなどについて解説させていただきました。
小学生2名を含む参加者の方々は皆さん地元の方々。
網走に住んで今年で8年目となる私が講師を務めるのもおこがましいとは思いましたが、私は日頃から地元の人こそ地元の魅力をもっと知ってそれを誇りに思って欲しいと考えていましたので、喜んでお引き受けしました。
それにしても小学生は元気でした。雪の中ではしゃぐ子供はやはりいいものです。
120204あばしり学

 

2月2日の流氷

2012/02/02 18:13
 
120202-1.jpg
網走ではしばらく流氷が離れた状態が続いていましたが、昨日あたりからまた近付いてきました。
市内周辺で開水面が多いためまだ接岸初日とはなっていませんが、今日の網走周辺の流氷の様子です。
上の写真は能取岬。青と白のコントラストが綺麗でした。


岬の西側では一部接岸しています。
120202-2.jpg


北浜駅から東方向を見たところ。北浜付近から知床方面にかけて流氷が集まっています。
120202-3.jpg


ということで、浜小清水まで行ってみました。浜小清水のフレトイ展望台から斜里方面を見たところです。
120202-4.jpg


現在のところ、本格的な流氷というよりも、氷泥またはグリースアイスと呼ばれるシャーベット状のものに砕け氷が混じったものですが、近年の状況を思えば今やこれでも十分なのかもしれません。

網走での接岸初日ももうすぐかな・・・。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad