オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

今年もお世話になりました

2011/12/30 20:07
 
111230-1.jpg

111230-2.jpg
先週半ばくらいまではそれなりに冷え込んでいたのですが、それ以降気温が高めの日が続いています。
写真は今日13時頃の北浜駅です。

冬の風物詩でもある網走湖の氷上ワカサギ釣りは当初今日30日オープン予定でしたが、気温が緩み、釣り場エリアの中で安全上不安がある箇所が所々で判明したため、急遽オープン延期となりました。一応1月5日のオープンを目安に3日に観光協会が氷の状態を改めて確認して判断しますが、今後数日も冷え込みが甘そうなので再度延期もありえると思います。

今日も網走は気温高めで最低気温は-3.3度、最高気温は+1.2度でした。写真の通り、日中雪が降りましたが、止んだところで夕方から網走に暴風雪警報が出ました。
18時頃からまた雪が降り出しましたが、この後荒れるのかな。


さて2011年も残りあと僅かとなりました。今年も私のガイドを利用して下さったお客様をはじめ、このブログを読んで下さった皆さま他、多くの方々に大変お世話になりました。心から御礼申し上げます。
そして想像を絶する大災害となってしまった東日本大震災で被災された方々と、福島原発事故でそれまでの生活を失ったり、多大な影響を受けてしまわれた方々の心の傷が少しでも早く癒され、立ち直れますよう心からお祈りいたします。

それでは皆さま良いお年をお迎え下さい。
 

暖かい1日

2011/12/23 20:19
 
111223-3.jpg
ニュースでは北日本は大荒れと報じられています。北海道でも日本海側や十勝などで大雪となっているようですが、今日の網走は晴天で暖かい1日でした。昨夜雪が降りましたが新たな積雪は無視できる程度。最低気温は0度、最高気温は+3.7度。写真は今日正午頃の北浜です。

このように北日本の大雪が報じられる時、よく東京から「そっち今大変でしょう」などと言われたりする事がありますが、広い北海道、場所によって天気は全然違います。
特に北海道の天気が全国ニュースで報じられる時は主に札幌や旭川の様子ですが、網走と札幌だと大体東京と名古屋くらいの距離がありますからね。

網走をはじめ、オホーツク海側は平均すると天候は安定しており、年間の日照時間も日本でトップクラスだったと思います。1月から2月中旬にかけては厳しい冷え込みとなる日もありますが、降雪量は札幌よりかなり少ないのです。
もちろんたまにはドカ雪や外出できないくらいの猛吹雪もありますよ。

日曜日から月曜日にかけては網走でもまとまった雪になる予報がでていますが、どうなるでしょう。
 

氷上のキツネ

2011/12/21 20:53
 
111221-1.jpg
今冬は初雪など冬の訪れは遅かったのですが、今月に入ってからは順調に冷えています。
今日(21日)の最低気温は-10度、最高気温は-2度。晴天が続いているので積雪は少ないですね。
写真は濤沸湖の氷上を歩くキタキツネ。冬は日常的に見られる光景ですが、カモなどを直接狙ったり、ワシの食べ残しを探したりなどしているのでしょう。
流氷が来ると流氷の上を歩いたりする姿を見ることもあります。


オオワシとオジロワシです。このオオワシは13日のブログの写真と場所も写真の構図も殆ど同じになっちゃいましたが間違いなく今日の写真です(笑)
111221-2.jpg

111221-3.jpg



 

濤沸湖にアザラシ

2011/12/13 11:34
 
111213-1.jpg
北海道の空知地方などでは大雪になっているようですが、網走は晴天が続いています。今日も快晴。
さっき10時過ぎに濤沸湖を見に行ったらアザラシが1頭氷の上で寝そべっていました。
冬から春にかけてオホーツク海沿岸にはゴマフアザラシが多く、網走川を上って網走湖にやって来るゴマフアザラシはこのブログでも度々紹介しており、網走市民や観光客にもお馴染みです。
この時期はどこに居ても不思議ではないのですが、意外なことに私自身が濤沸湖でアザラシを見たのは多分今日が初めてだと思います。

今日も天気が良くて北浜から濤沸湖を見ると逆光になり、撮影した時は殆どシルエット状態でアザラシの種類が確認できなかったのですが、帰宅して画像を拡大してみるとゴマフアザラシで間違いないですね。



そして湖岸の樹木にはそのアザラシをじっと見つめるオオワシの姿がありました。
「あれ食いたいな~」なんて思っているのかもしれません(笑)
アザラシの死骸はオジロワシやオオワシの好物ですが、元気なアザラシはさすがのオオワシも無理です。
111213-2.jpg
 

今日の網走

2011/12/10 16:37
 
111210-1.jpg
昨日も今日も晴天。今日の最低気温は-7度、最高気温は+1度でした。
写真は正午頃の濤沸湖と斜里岳です。濤沸湖も浅い場所から段々凍ってきています。


この秋、せっかく大きく成長した幼鳥を失ってしまったタンチョウ夫婦です。
濤沸湖のタンチョウは厳寒期を鶴居・釧路方面の給餌場で過ごしているようで、もうそちらへ移動する時期ですがまだ見ることができました。今年の繁殖は残念でしたが、来年に期待しましょう。
111210-4.jpg


いつもよりちょっと少ないかなと感じていたオオワシですが、今日は網走周辺を車で1時間くらいざっと走った中で15羽くらい見ることができました。オジロワシと合わせ、徐々に増えてきています。
111210-2.jpg


畑の中を歩くエゾシカです。
111210-3.jpg


 

根雪かな

2011/12/08 18:02
 
111208-1.jpg
早朝に雪が降ったようで起きたら周りは真っ白。
その後晴れていましたが午後からまた時々吹雪きながらの雪になりました。
写真は6日と同じ、自宅前から撮った北浜の様子です。今後しばらくは大きく気温が上がる事は無さそうなので北浜もこのまま根雪になりそうです。



雪が積もると足跡など、動物の痕跡が分かり易く残るのが面白いですよね。
家の近くにもキツネが棲んでいるのですが、家の周りにあったこの足跡はキツネではない。ではなんでしょう?
111208-2.jpg



にゃんこでした(笑)
111208-3.jpg
この秋くらいから玄関前にある使っていない古い小屋の床下に親子で住み着いてしまったみたい。
 

今日の網走

2011/12/06 17:30
 
111206-1.jpg
今日(6日)の網走の最低気温は-3.4度、最高気温は+0.5度。
写真は北浜から見た斜里岳、手前は濤沸湖です。

この数日は雪が降ったり晴れたりで、同じ網走でも場所によって雪の積もり方が違っていて面白いです。
私が住んでいる北浜は降雪量が少なかったようですぐに融けてしまい殆ど雪はありません。
111206-2.jpg

しかし市内高台にある潮見の住宅地はこんな様子。
111206-3.jpg

そして標高207mの天都山にあるオホーツク流氷館付近の様子。もう完全に根雪ですね。
111206-4.jpg


網走湖は一部が凍ってきました。昨シーズンのワカサギ釣りは年明けのオープンでしたが、今シーズンは年内にオープンできるでしょうか・・・まだなんとも言えない微妙なところかな~。
111206-5.jpg


週間予報だと気温は最低-4~5度、最高+1~2度で時々雪が降る天気が続くようなので、北浜も今週中には根雪になりそうです。
 

千葉さんの山わさび

2011/12/02 21:04
 
千葉産ではなく、千葉さんの山わさびです(笑)
網走の東隣の小清水町で農業を営む友人の千葉さんの所で先月お手伝いをしていました。
主に山わさびの収穫に伴う選別作業をしていたのですが、その山わさびをご紹介します。

農産物については私は素人ですが、一般に知られる緑色のわさびは本わさびで、長野県など、綺麗で冷たい水が流れる所で栽培されているイメージがあります。(今はもやしみたく工場で栽培されるのかな?)
それに対し山わさびは普通の畑で栽培されています。千葉さんのお話では北海道では広く栽培されているとのことです。
この写真はその千葉さんの畑での収穫作業の様子を11月8日に撮影したものです。
前もって葉は機械で刈り取られており、このように収穫機で商品となる根の部分を掘り起こして収穫していきます。
111202-1.jpg

収穫した山わさびは倉庫に持ち込まれますが、ここで今度は全て手作業で不要な部分を折ったりしながら太さごとに選別していきます。
久しぶりの肉体労働で最初の数日間は腰をはじめ、あちこち筋肉痛になりましたが、手のひらが筋肉痛になったのは初めてかもしれない・・・不慣れな作業に必死だったのでここでの作業中の写真はありません(笑)
111202-2.jpg


この千葉さんの畑で収穫された山わさびは形を揃えてそのままパッケージされたものと、醤油漬けに加工して瓶詰めにされたものが下記のお店で小売されているそうです。網走のほか、東京のお店でも買えますよ。
販売価格はお店によって違うこともあると思います。
111202-3.jpg
先ずこのようにそのままパッケージされたものは

網走市 
「ベーシック」(食品スーパー) 2店舗
「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」 売店(ホテル)

札幌・千歳
JR札幌駅構内「どさんこプラザ」
新千歳空港ターミナルビル内「イーストマルシェ」

東京
東京駅八重洲口のすぐ近く「北海道フーディスト」
浅草雷門のすぐ近く「まるごと北海道」



そして醤油漬けに加工されて瓶詰めされたものは美幌に本店がある「美幌食堂」の特製商品として販売されていますが、この美幌食堂は首都圏にもお店があります。
111202-4.jpg
「美幌食堂」 美幌本店・東京青山店・横浜関内店・柏の葉店(柏市 ららぽーと柏の葉)
また、札幌すすきのの「HUGマート」というお店でも販売されているそうです。
美幌食堂の各お店についてはこちら
http://www.kireida.net/okhotsk/business/cat5/2011/02/01.h


そのままパッケージされたものも瓶詰めも写真に写っているラベルが目印です。
美しいオホーツクの空の下で育った小清水町・千葉さんの山わさび、機会がありましたらぜひお試し下さい。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad