オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ミズバショウ

2011/04/20 18:24
 
110420-2.jpg

110420-1.jpg
東京で満開の桜を見て網走に帰ってきましたが、17日からずっと寒い日が続いており、昨日(19日)までは積もりはしないものの、雪が降らない日はありませんでした。

そんな寒い網走ですが、網走湖畔の呼人周辺ではミズバショウが見頃を迎えてきました。
以前は呼人のミズバショウはゴールデンウイークが始まる頃にちょうど見頃を迎えていたのですが、流氷の減少と共に見頃が早くなってきている感じがします。


そして下の写真は濤沸湖畔のミズバショウです。
上の網走湖畔の写真と見比べてみるとこちらの方はまだこれからということが分かります。
毎年濤沸湖畔の方が網走湖畔より1週間ぐらい遅いです。
また、呼人のミズバショウ群生地と濤沸湖の群生地では共に7月になるとヘイケボタルを見ることが出来ますが、このヘイケボタル成虫が出るのも濤沸湖の方がミズバショウと同じく1週間ぐらい遅いです。
110420-3.jpg

110420-4.jpg
 

東京の桜

2011/04/16 20:12
 
110416-1.jpg

110416-2.jpg

110416-3.jpg
6日から14日まで東京に行ってきました。
東京では滞在中にちょうど桜が満開となり、上野公園で撮影したのが上の写真です。

網走では5月10日頃にエゾヤマザクラが咲き出し、これも綺麗ですが、東京のソメイヨシノも見事で、大好きです。
網走に移住して7年、東京に行くのはいつも11月下旬くらいで、この時期に行くのは去年に続いて2回目。
東京の桜は好きだけど、できればこの時期の東京は避けたい・・・。
何故か、実は私、移住前はスギ花粉症に散々悩まされていたのです。
北海道でもシラカバ花粉症などがありますが、北海道にスギは無く、私は網走に住んでから花粉症の症状は全く出なくなりました。

今回は実家の整理など、様々な用事でやむなく流氷シーズンが終わったこの時期の帰省となりましたが、昨年の猛暑でこの春の関東はスギ花粉が激増とのことで、あの花粉症がぶり返すのではと戦々恐々としていました。
しかし滞在中は幸いな事にいつもより多少くしゃみが出た程度で済み、ホッとしました。



さて、完成前から話題の東京スカイツリー、昨年春に来た時は東京タワーを抜いたと話題になった後で349mでしたが、いつの間にか塔の高さは所定の634mに達していました。
ずいぶん早いですね~。
最寄り駅は東武線の業平橋と京成線の押上ですが、押上の隣、京成曳舟駅で降りて撮ったのがこの写真です。
110416-4.jpg

そして根元に行ってみました。
110416-5.jpg

根元から見上げるとこんな感じ。
いやいや凄いものですね~。完成したらしばらくは見物客で大混雑すると思いますが、私もぜひ一度はあの展望台に上がってみたいものです。
110416-6.jpg



今回東京に行く際、女満別から羽田までの飛行機が三陸から茨城にかけて沿岸上空を飛びました。
天気が良かったこともあり、飛行機の窓から地上が見えたのですが、海沿いの平地はどこも茶褐色の更地のように見えたのは衝撃でした。本当に街が無くなっているのです。
機内全体に何とも言えないどよめきの声が広がりました。

東京滞在中は毎日のように余震があり、一時的に電車が止まる事もありました。
今回の大震災が未曾有の大災害であることを改めて実感しました。

月並みな言葉で恐縮ですが、改めて被災地の皆様の心が少しでも早く癒されますように、そして一日も早く復興されますように、本当に心からお祈りしております。

 

今日の濤沸湖

2011/04/05 21:39
 
今日の網走は最低気温-1.2度でしたが、最高気温は+11度まで上がりました。

濤沸湖畔のキタミフクジュソウとミズバショウの芽です。ミズバショウが見頃を迎えるのはゴールデンウイークが始まる頃だと思います。
このキタミフクジュソウもミズバショウも濤沸湖はいつも網走湖周辺や能取岬周辺よりも遅いですね。
110405-2.jpg

110405-1.jpg


上空を舞うオジロワシ幼鳥です。
110405-3.jpg



明日6日から14日まで東京に帰省しますので、このブログは14日以降に再開します。
今回の東京滞在はやる事たくさんで遊ぶ暇はあまり無さそうですが、ソメイヨシノを見るのは楽しみです。


 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad