オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

網走で流氷接岸初日

2011/01/29 18:01
 
110129-1.jpg
今さらという感じもしますが、ようやく今日(29日)網走地方気象台から流氷接岸初日が発表されました。
何はともあれ、今シーズンの流氷は近年にしてはいい感じです。

ちなみに平年の網走での接岸初日は2月1日、昨年は2月8日でした。



そして今日からJR釧網線の流氷観光列車「流氷ノロッコ号」も運転開始です。
3月6日まで毎日、網走~知床斜里を2往復します。
ここ数年はこの列車に乗っても青い海を眺めるだけという日が多かったのですが、今シーズンは多くのお客さんがこの列車からの流氷を楽しめそうです。

写真は12時30分頃に北浜駅で撮影した流氷ノロッコ4号です。
110129-3.jpg

110129-4.jpg

110129-5.jpg


車内はこうなっています
110129-6.jpg
 

酷寒

2011/01/28 19:00
 
110128.jpg
今朝7時30分頃に撮影した網走湖ワカサギ釣り場にある温度計です。

受付窓口に居るNさんが7時頃に出勤した時は-27度だったとか・・・。

街にある気象台の公式記録では今日の網走の最低気温は-14.9度、最高気温は-5.7度となっていますが、気象台から車で15分ほどのこのワカサギ釣り場では冬は街より5~10度低い時が多いです。

風がほとんど無かったのが幸いでしたが、それにしてもここまで下がると網走で生まれ育った人もかなりキツイようです。
私が網走に移住して7回目の冬ですが、多分網走市民になってからの最低気温体験記録更新だと思います。
旅行者として北海道に来ていた頃は15年位前に富良野で体験した-27度がありますが。
あの時も身の危険を感じる寒さだったな~。

 

今日(25日)の流氷

2011/01/25 21:36
 
110125-3.jpg

110125-5.jpg
今日の網走は雪はそこそこ降りましたが、予報で言っていた吹雪と言うほどのものではありませんでした。
でも北風で流氷はまた少し密度を増してきました。

北浜の海は氷泥が凍り、波が消えて静まり返っていました。
しかしまだ薄いのでよーく見ていると沖から伝わってきたうねりで表面が僅かに上下します。


数日ぶりに能取岬に行ってみました。
ここもまだ貧弱な流氷ですが、接岸しています。
110125-1.jpg


市街地近くの二つ岩から市街地方向を見たところ。
やはりまだ市内周辺は接岸していません。
110125-2.jpg


網走港から東側、北浜方面に少し行った鱒浦漁港。
110125-4.jpg


と言う事で、市内付近だけぽっかりと開水面が広がっていている状況で、「流氷接岸初日」は今日も出ていません。
でももうすぐそこに来ていますからね。「おーろら」も流氷の中を航行できているようですし、明日か明後日にも公式に接岸初日が出ると思います。
 

今朝の北浜

2011/01/24 20:58
 
110124-1.jpg

110124-2.jpg
今日の網走は最低気温-5.4度、最高気温-2.5度。
細かい雪が降り続く一日でしたが、寒さはそれほどでもない日が続いています。

写真は今朝8時頃に北浜駅の展望台から撮影したものです。

21日夜に接岸した流氷を撮影した後、流氷は一旦沖に離れましたが、今日24日現在、氷泥が中心であるものの、北浜を含めて鱒浦から東側の沿岸で接岸しているようです。
自分ではこの数日見に行っていませんが、能取岬付近も接岸していると思われます。
ただ、網走港など、市内周辺はまだ開水面が広がっていましたので、「流氷接岸初日」は発表されていません。

今日の北浜の海岸では波は見られるものの、氷泥と細かい流氷に水面が押さえられ、緩い波がどろっという感じで寄せていました。


天気予報では明日は強い北風で吹雪くとのこと。
その北風で流氷を更にぐいっと押し付けて欲しいですね。
 

21日夜北浜に接岸した流氷

2011/01/22 19:27
 
110121北浜夜1

110121北浜夜2
昨日の夕方、北浜の海岸にかなり接近していた流氷ですが、夜になってまた様子を見に行ったら思ったとおり接岸していました。

カメラを三脚に固定して長時間露光で撮影した21日20時20分頃の海岸です。
1枚目の写真、流氷の向こうに見える明かりは網走の街です。


今日はまた離れましたが、波打ち際から沖まで細かい氷塊が漂っている状況でした。
 

流氷更に接近

2011/01/21 19:31
 
110121-5.jpg

110121-4.jpg
網走に流氷が更に接近してきました。
まだ薄く貧弱な流氷群とはいえ、昨日から運航を始めた「おーろら」も流氷の中を航行できています。



自宅近くの北浜の海岸には無数の小さな氷塊が打ち上げられていました。
この写真はお昼頃に撮影したものです。
110121-1.jpg


夕方薄暗くなってきた頃にまた海岸に行ってみると、お昼頃よりも更に流氷が近付いていました。
この2枚の写真は北浜駅展望台から撮ったもの。
この調子だと明日朝には北浜にも接岸しそうです。
でも明日、明後日は早朝から夕方まで仕事があるので写真撮るのは難しそうです。
110121-3.jpg

110121-2.jpg
 

網走で流氷初日

2011/01/19 19:23
 
110119-1.jpg
昨日能取岬から流氷が見られましたが、今日は気象台からも確認できたようで、公式発表出ました。

「流氷初日」とは「視界外の海域から漂流してきた流氷が視界内の海面で初めて見られた日」と定義されていて、今年は平年より1日早く、昨年より3日早いとの事です。

写真は今日16時10分頃に天都山から撮影したものです。
昨日よりだいぶ近付いてきたのが分かります。


明日からは観光船「おーろら」も運航開始。
いいタイミングでの流氷初日となりましたが、気になるのは明日の波の高さ3mとの予報。
初日から欠航かも・・・。


この海がやがて大流氷原に変わることを期待しています。
 

網走で流氷見えた!

2011/01/18 20:11
 
110118-1.jpg

110118-2.jpg
今日、網走でついに流氷が見えました!
なのに網走地方気象台からは「流氷初日」の発表は無し。

今日は網走でも流氷が見えるかもしれないと思ったものの、特に午前中はまとまった雪が降り、「これじゃ近くに来ていても視界が悪くて見えないな・・・。」

お昼近くに雪が止んできて視界が回復してきたところで「ここで岬に行ったら見えるかも!」
と言う事で能取岬に急ぎ、11時50分頃に到着すると、水平線上に白く光る長い帯。
間違いなく流氷です。

これなら市街地にある気象台からも見えて網走での「流氷初日」が発表されるだろうと思っていたのですが、夕方になっても発表はなし。

今日は午後も時々雪が降ったりして海上の視界が悪くなることが多かったので、私が能取岬でこの写真を撮った正午前も含めて街の気象台からは確認できなかったのだと思われます。

公式発表は明日以降になりますが、網走の流氷シーズン開幕です。
 

流氷もう少し

2011/01/17 19:42
 
110117-1.jpg
網走に接近してきている流氷ですが、現在能取岬沖35~40キロ付近にあるとのこと。
そして小さな流氷群が知床岬沖10キロ付近にあるとのことです。昨日ウトロから水平線上に流氷が見られたそうですが、これでしょう。

網走でももう少しです。
今朝ひょっとしたらと思って午前8時頃近所の北浜駅の展望台で撮影したのが上の写真です。
この海が流氷で覆われるのを期待しながらそわそわしだした今日この頃です。



今日の網走の最低気温は-2.7度、最高気温は-1度。
かなり暖かく感じる1日でした。

下の写真は網走湖ワカサギ釣り場に降りたオジロワシです。
110117-2.jpg



北海道をはじめ、全国各地で大雪とのニュースが流れていますが、網走では大して降っておらず、相変わらず積雪が少ない状態が続いています。

 

能取湖にアザラシの群れ

2011/01/13 20:31
 
110113-3.jpg
今日の網走は時々雪が舞ったものの晴天。
最低気温は-7.7度、最高気温は-5度。昨日までに比べたら冷え込みはちょっと緩んだかな。

海が時化ていたのでひょっとしたらと思って能取湖畔に行ってみたら、居ました居ました湖の氷の上にゴマフアザラシの群れです。
ざっと数えて40~50頭くらいでした。

湖畔を通っている道路からは結構距離があり、一般の人には肉眼ではちょっと気が付くのは難しい状況で、この写真も望遠レンズで撮影して更に思いっきり拡大しています。


そして網走のアザラシスポットとして知られている網走湖湖口ですが、昨シーズンは網走川河口付近の橋の工事の影響と思われますが、一度も見られませんでした。
今シーズンは現在のところまだ見ていませんが、今後来てくれるでしょうか。




先週からの冷え込みと積雪もあり、私の冬のガイドプログラムの一つでもある「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」のコース状況を見てきました。
積雪はまだちょっと少ないですが、コースの見所の一つでもある小さな滝も凍り、スノーシューを楽しんでいただける状況にはなってきましたので、これよりこのプログラムも催行いたします。

森を抜けて下りた海岸です。
流氷が接岸すると素晴らしい光景が広がります。
110113-4.jpg

氷の滝です。
110113-5.jpg

「スノーシューで歩く森と海岸ツアー」については私のガイドホームページオホーツク遊楽倶楽部をご覧下さい。
また、2008年1月22日のこのブログにもこのコースについて詳しく書いてありますのでご覧下さいね。




そしていよいよ網走に流氷が接近してきました!
現在流氷本体から離れた小規模な流氷群が網走沖68キロ付近にあるとのこと。
早ければ今週末、遅くても来週頃には沖を漂う流氷が見られ、網走での「流氷初日」が発表されそうです。

流氷観光船「おーろら」も釧路での整備を終え、網走にやってきました。
今月20日から運航開始です。上手くいけば初日から流氷クルーズが楽しめるかもしれませんね。
110113-2.jpg
 

寒い!

2011/01/12 20:15
 
110112.jpg
このところ天気は良いのですが、厳しい寒さが続いています。
網走の今朝の最低気温は-14.2度、最高気温は-5.5度。
写真は今日午前中の濤沸湖です。


昨夜はいつも美幌博物館に集まる仲間達とちょっとした新年会があり、私はそのまま学芸員さん宅に泊めてもらいましたが、今朝の美幌町の最低気温は-21度だったとか!
どうりで・・・いや~寒かった~。

美幌町は網走から35キロくらい内陸へ入った街ですので、海の影響を受ける網走より冬は寒く、夏は暑いことが多いですね。


網走では夜になってから雪が降っています。
 

網走湖ワカサギ釣り場オープン

2011/01/07 20:11
 
110107.jpg
網走の冬の楽しみの一つ、結氷した網走湖のワカサギ釣り場が今日オープンしました。
現在の氷の厚さは22センチ。

ワカサギの穴釣りは各地で楽しめますが、網走湖のこの釣り場は数も多く釣れるうえに型も良いと評判で、地元のみならず、旭川、帯広、釧路など、遠方からも多くの常連さん達が訪れます。
今日は初日ということで、多くのマスコミも取材に来ていました。

釣り道具は一式レンタルもできますので手ぶらで来ても大丈夫。

網走湖のワカサギ釣りは気象条件によりますが、3月中旬~下旬くらいまで楽しめます。


今日の最低気温は-10.6度、最高気温は-7.5度でした。
 

少し積もりました

2011/01/05 19:27
 
110105-2.jpg

110105-1.jpg
大晦日から元旦にかけては大荒れの予報でしたが強風のみで終わりました。
しかしその後静かに雪が降り、昨日(4日)はこの冬2回目の雪かき。

今日午後に北浜の自宅前のグラウンドで積雪を計ってみたら21センチでした。
このグラウンドは広く平らで吹き溜まりが出来ないので、また時々ここで積雪を計ってみたいと思います。
ちなみに街の中心部にある気象台の観測では19センチでした。

そして2枚目の写真は今日昼頃の北浜の海岸から網走市街地方向を見たところです。
今日の最低気温は-12.6度、最高気温は-4.5度でした。



網走湖はなんとか基準を上回る氷の厚さとなり、氷上ワカサギ釣りは予定通り7日からオープンです。
昨日は会場の準備作業でした。会場の真ん中あたりの氷の厚さは20センチです。
110104-1.jpg
 

明けましておめでとうございます

2011/01/01 19:30
 
110101.jpg
新年明けましておめでとうございます。

今日の網走は昨日から強風が吹く中、曇り時々雪。
大荒れとの予報で猛吹雪になるかと思っていましたが、雪は少ししか降らず、積雪は殆ど変わっていません。
気象台のHPだと網走の積雪はたった8センチです。
積雪が増えることを期待していましたが、ちょっとがっかりです。
今日の最低気温は-0.5度、最高気温は+0.7度でした。

気温は高めでしたが強風が続いているので体感温度はかなり寒く感じました。
写真は今日お昼頃の北浜の海岸の様子です。北よりの強風なのでかなり時化ています。
あと1ヶ月余り後、この海が見事な流氷で覆われる事を期待したいものですね。

今年も網走をはじめとしたこの地域の自然をお伝えしてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad