オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ウチダザリガニ駆除調査

2010/08/31 22:07
 
100831-1.jpg

100831-2.jpg
27日に「網走は快適、道外の皆さんは羨ましいでしょ」なんて書きましたが、昨日(30日)は32.7度、今日は31.5度まで上がり、明日の予報は最高気温30度。
扇風機片付けなくて良かった・・・。


これまでも度々このブログで特定外来生物ウチダザリガニについてお伝えしていますが、28~29日の2日間、また美幌博物館のウチダザリガニ駆除調査に参加してきました。
28日は970匹、29日は600匹余りを捕獲。

この2日間をもって今シーズンの公式な駆除調査は一応終了ということになりました。
2008年の夏から特に生息密度の濃いこの川の一部、約2.5キロの区間を重点的に行っていますが、今シーズン捕獲したのは合計3957匹となりました。

年々私達の捕獲の仕方が上手くなっている事もありますが、まだまだずいぶん居ますね。
ウチダザリガニはこのまま放置しておくと在来のニホンザリガニを駆逐してしまうなど、生態系に様々な影響を与える事から道内各地で駆除作業が行われていますが、そのほとんどは湖などの止水域で、籠罠などを使用しての捕獲をしており、このように渓流で1人1人が地道に捕まえる駆除作業を行っているのはおそらく美幌くらいだろうとのことで、渓流での駆除の前例が無く、試行錯誤の状態が続いています。

そしてこの川の場合、体長1~2センチまではここに生息しているヤマメ、アメマス、カジカ類などの魚に捕食されると思いますが、それ以上成長するとほぼ無敵となってしまいます。
エゾクロテンなどのイタチの仲間はウチダザリガニを捕食する事もあり、実際にその痕跡も確認していますが、それらの動物がそれほど多く居るわけでもありません。
ここにはアオサギも来ないし、天敵らしい天敵が居ないこともなかなか数が減らない理由でしょう。


この川のすぐ上流にあるダム湖です。
今回は道内各地の湖でのザリガニ調査の経験がある潜水士に依頼し、このダム湖にウチダザリガニが居ないか調査しましたが、この2日間ではその姿も痕跡も確認されなかったということです。
100831-3.jpg


今月3日の調査でたまたま私が捕獲し、5日のこのブログでお伝えした全長135.4ミリのウチダザリガニの標本が完成し、美幌博物館で7月18日から10月31日まで開催されている特別展「美幌川に暮らす魚たち」に展示されました。この写真の真ん中の個体がそれです。機会がありましたらぜひご覧下さい。
100831-6.jpg

 

27日現在のサンゴ草

2010/08/27 18:31
 
100827-1.jpg

100827-2.jpg
今日の網走の最低気温は16.8度、最高気温は23度。
扇風機ももう2週間以上使っていません。もう掃除して片付けちゃおうかな。
道外の皆さん、羨ましいでしょ。

関東出身の私にはこの上なく快適なのですが、日中に近所の方と会ったら「相変わらず暑いね~」と言われました!
やはり網走製の体と関東製の体では作りが違うんでしょうか(笑)


さて、網走の秋の風物詩、サンゴ草(アッケシソウ)ですが、間もなくシーズンですので多くの人々が訪れる能取湖畔卯原内の様子を見てきました。写真は今日(27日)のサンゴ草です。
まだ早いとはいえ、手前側(道路側)はだいぶ赤く色付いてきています。
100827-4.jpg


真ん中より奥(湖側)はこんな感じでまだ青い部分も多いです。
100827-3.jpg


ピークは9月中旬くらいだと思いますが、写真の通り、もう見られる状況にはなっていると思います。
赤いサンゴ草と青いサンゴ草両方見比べられるのも面白いと思いますよ。


 

北浜のお祭り

2010/08/25 19:56
 
100824-1.jpg
昨夜(24日)・今日(25日)北浜神社のお祭りが行われました。写真は昨日18時過ぎの様子です。
小さな町内のお祭りですが、それだけにとてもアットホームな感じが心地良く、私も帰りの心配をすることはありませんので、好きなだけ飲んで楽しみました。


餅撒きの様子。皆さん結構真剣です(笑)
100824-4.jpg


ミニ花火大会もありました。小さな町内会のお祭りにしてはなかなかのものです。
100824-0.jpg


神社の隣にある旧北浜小学校体育館ではビンゴゲームなどの余興で皆さん楽しみました。
100824-2.jpg


そして今日(25日)は子供たちのお神輿が町内を回りました。
そしてちょっと一服。微笑ましい光景です。
100825-1.jpg

100825-2.jpg



 

久しぶりの知床

2010/08/18 20:42
 
この夏は網走をはじめ、オホーツク海側も暑い日が続き、特に先月下旬から先週にかけては北海道らしくない蒸し暑さでしたが、先週末あたりから湿度が低くなり、相変わらず気温は高いものの、北海道の夏らしい爽やかさを感じるようになりました。

今日の網走の最高気温は27.2度。大変天気も良く、特に仕事も用事も無かったので、3月に行って以来、久しぶりに知床へ行ってきました。



五湖はクマ出没による規制で1~2湖しか回れませんでしたが、知床連山も雲ひとつ無く、とても綺麗に見えました。
ここでは夏にシカが水の中に入って水草を食べる様子がよく見られますが、この春から更に伸びた一湖への木道からちょうどそんなシーンを見る事ができました。
水際を歩いていたシカの母子。子供はこの6月頃に生まれたのでしょう。
そのうち母親が静々と水の中に入り、水草を食べ始めました。子供はやはりまだ水が怖いのでしょう、母親の後に続こうとしましたが躊躇してしまい、しばらく水際でウロウロ・・・。
水は怖いけど母親と同じ事がしたい・・・しばらく観察していたら突然意を決し、思いっきり大きな水しぶきを上げて飛び込みました。
母親が音も水しぶきも無く入ったのとは正反対。でも安心して母親のそばで水草を食べ始めました。
この写真、向かって左が子供、右が母親です。
100818-1.jpg


ウトロの街を流れるペレケ川に遡上してきたカラフトマス。
カラフトマスは個体の数が2年おきに増減し、今年は少ない年にあたります。それでも知床の各河川でこんな姿が見られるようになって来ました。
遡上はまだ始まったばかりですが、今月下旬には本格的な遡上がはじまり、来月中旬頃にはサケの遡上も始まります。
100818-4.jpg


知床横断道路を通って羅臼へ。
途中、知床峠から見た羅臼岳です。お昼過ぎに頂上付近に雲が掛かってしまいましたが、それでもとても綺麗でした。
100818-5.jpg


天気が良かったので国後島もはっきりと。
この島を見るたびに、自分が生きている間にこの島に自由に行き来できる日が来るのだろうかといつも思います。
行って見たいな~。
どう考えても日本固有の領土なのに。
100818-3.jpg
 

現在のサンゴ草

2010/08/08 16:23
 
100808-1.jpg

100808-2.jpg
6日は大変な暑さだった網走ですが、昨日は最高28.7度、そして今日の最高気温は23.3度。
とても爽やかな1日でした。

9月になると網走をはじめ、道東各地の塩湿地ではアッケシソウ(サンゴ草)が赤く色付き、私たちの目を楽しませてくれますが、現在のサンゴ草の状況はどうなっているのでしょう。
網走のサンゴ草の名所、卯原内に行って様子を見てきたのがこの写真です。

もちろんまだ緑色をしていますが、お盆が終わる頃には徐々に赤くなり始め、9月に入るとまた赤い絨毯のようになってきます。
ピークは9月中旬頃でしょう。

昨年は夏の天候が芳しくなく、気温が低い日が多かったせいか、サンゴ草の色付きはいまひとつでした。
今年は今のところ気温は高めで日照時間もまあまあですから、昨年よりはいいと思いますがどうなるでしょう。


サンゴ草と同じ塩湿地に生えるエゾツルキンバイも黄色い花を咲かせていました。
100808-3.jpg
 

網走35.5度!

2010/08/06 20:25
 
100806-1.jpg

今日は北海道も大変な暑さ。道内各地で今年一番の最高気温を記録したようです。
写真は網走郊外の麦畑。麦の刈り入れも大部分が終わり、残された麦わらがこのようにロール状にされています。

網走の最高気温は35.5度!もちろん今年一番の暑さ。
多分私が網走に住んでからは一番暑かったのではと思い、調べてみると、1999年8月1日と1933年7月4日に今日と同じ35.5度を記録しており、網走の観測史上7位タイ記録になるようです。
ちなみに網走の史上最高気温は1994年8月7日の37.6度でした。


網走から車で1時間ほど内陸の北見では37.1度になり、観測史上最高記録を更新したとか。
他にも美幌や女満別などで36度を超え、道内でも特にオホーツク海側の気温が高かったようです。




そんな暑さの中、もうそろそろカラフトマスの遡上が見られるのではと思い、斜里の少し手前、止別川に行ってみました。
着いて間もなくちょうど釧網線の列車が来たのでついでに撮影。
特急が走らない釧網線の列車には冷房車は全くありません。石北線も特急以外は冷房車はありません。
列車の乗客も今日は大変だったでしょう。
100806-2.jpg

川の透明度がいまひとつだったので写真を撮る事は断念しましたが、この鉄橋の下で数匹のカラフトマスを見る事ができました。


 

ウチダザリガニ

2010/08/05 20:47
 
100803鶯沢川5

100803鶯沢川7

100803鶯沢川9

ちょっとバタバタしていてブログ更新が滞ってしまいました。

この夏は全国的に猛暑が続いていますが、網走も暑い日が続いています。
7月27日には昨年6月以来、1年1ヶ月ぶりに最高気温が30度に達しました。
それでも本州以南の方々にしてみれば羨ましいくらいかも。自宅の扇風機を動かしたのもまだ1回だけだし。
昨年は寒い夏だったので、扇風機のスイッチを入れたのは2年ぶりでした。


そんな中、一昨日(3日)、美幌博物館のウチダザリガニ駆除調査に参加してきました。
6月3日のこのブログで今年初の調査の様子を書き、その時は「ずいぶん少なかった」と書きました。
その後の調査は自分のガイド仕事があったため、参加していませんでしたが、参加した人からは「やっぱり全然減っていない」と聞いており、一昨日の調査に行く時も学芸員さんから「たくさん居ますよ」とのお言葉が。

現地に着き、準備をして川に入ってみると居るわ居るわ・・・。
この日は午前と午後それぞれ1時間ぐらいずつ、6人で200~300メートルくらいの区間で合計412匹を捕獲しました。
この日1番の大物が上の3枚の写真。たまたま私が捕まえたオスの個体で、測ってみると全長135.4ミリ(ハサミは含まず)でした。

ウチダザリガニは最大で150ミリくらいと言われていますが、美幌でのこれまでの調査では先月140ミリを超えるものが見つかったそうですが、他は大きくても120ミリくらいのものが多く、今回の135.4ミリは美幌では2番目の大きさと言う事になります。
一番上のバケツに入っている写真を見ていただいても、他の個体に比べていかに大きいかがお分かりいただけるかと思います。
それにしても見つけた時はびっくりしたな~。


さっき見た天気予報だと明日(6日)は網走でも最高気温が34度になるとか・・・そんなのいつ以来だろう・・・。
かなりビビッています(笑)
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad