オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

ニホンザリガニと子供たち

2010/05/31 15:10
 
100530-01.jpg
3月28日から美幌博物館で開催されていた「ザリガニの暮らし」展は5月30日で終了。多くの方々に楽しく見ていただけたようです。
そして最後の週末となった29・30日は美幌博物館の自然講座「ニホンザリガニをさがそう」が開催され、美幌町の子供たちも参加しました。

29日は夕方から90分ほど博物館内で写真などの資料を使いながら博物館の学芸員さんが絶滅危惧種でもあるニホンザリガニの生態や体の仕組みなどのレクチャーを行い、翌30日は朝から実際にフィールドに出てニホンザリガニ探しです。

とても良い天気に恵まれ、バスから降りた子供たちは元気いっぱい!
改めて学芸員さんから話を聞いた後、湿地を流れる小さな沢に入ってザリガニ探し。
私達大人は泥に足を取られないように注意深く行動しますが、子供たちはそんなのお構いなし。
「いた~!」「見つけた~!」とあちこちから歓声が上がります。その姿は上から下まで泥だらけ。
泥だらけになってはしゃぐ子もいれば、誤ってイラクサに触れてしまい、泣き出す子も。
そこには本来の子供の姿がありました。
小さな子供も立派なニホンザリガニを捕まえ、得意気に見せてくれました。
100530-04.jpg


今の時期はザリガニも繁殖期。卵を持ったメスが何匹も見つかりました。
100530-05.jpg


皆が捕まえたニホンザリガニを集め、水を張った大きなトレイに入れて今度は本物のザリガニを見ながら学芸員さんの解説を興味深く聞く子供たち。
希少種でもあるニホンザリガニですから各自が持ち帰るわけにはいきません。
この後博物館の研究用のサンプルとする数匹を除いて全てこの沢に返し、自然講座は終了しました。
今回しみじみ思いましたが、やはり自然の中で元気いっぱいにはしゃぎまわる子供たちっていいですよね。
100530-06.jpg



お昼に自然講座終了の後、私達は午後から別の場所にニホンザリガニの調査に行きましたが、博物館に帰ると数人の職員さんが、駐車中の車の下の方を覗き込んでいました。車の故障かと思いながら近付くと、なんとタイヤでエゾハルゼミが羽化の真っ最中!
羽が乾いて飛べるようになるまではまだ何時間も掛かり、昆虫にとってはここで外敵に襲われたら逃げる事もできず、成す術がありません。セミに限らず、昆虫にとって羽化の数時間は最も危険な時でもあります。
しかしよりによってこんな所で羽化するとはびっくりです。
この車の職員さん、今日は帰れないな~(笑)
100530-1.jpg

100530-2.jpg

100530-3.jpg

この後もう少し羽が伸びたところで学芸員さんがこのエゾハルゼミを別の場所に移動、職員さんは無事帰宅できたとのことでした。
 

やっと晴天

2010/05/29 20:28
 
100529-1.jpg
網走はこの数日雨が続き、気温も低いままでしたが、今日はようやく朝から晴天に恵まれました。
写真は今日お昼頃の白鳥公園です。

天気は回復しましたが、それでも気温は低めで、今日の最高気温は10度に届かず8.3度。
網走地方には霜注意報、低温注意報が出されたままです。

先日出された長期予報では昨年に続き、今年も冷夏になりそうとか・・・。
昨年の夏は気温が低くて、夏の楽しみでもあるホタルが大ハズレでしたが、今年もダメなのかなぁ。
農家の方も心配されてるのではと思います。


数年前から左の翼を怪我して飛べないオオハクチョウ。
仲間は既に全て北へ帰ってしまい、また10月頃まで一人ぼっちになりますが、元気そうでした。
100529-2.jpg
 

東藻琴の芝桜

2010/05/25 20:41
 
100524東藻琴1

100524東藻琴2

100524東藻琴3

昨日撮影したものですが、東藻琴の芝桜が満開です。
自然の花ではありませんが、やはり見事ですね。
付近一帯芝桜のいい匂いに包まれていました。

今日の網走は朝から雨が降り出し、明日いっぱい降り続くようです。
 

根室のネイチャークルーズ

2010/05/22 13:25
 
100520-1.jpg

100520-2.jpg
数年前に横浜での自然観察指導の講習会で知り合った方がこの春首都圏から根室市に移住し、先月から国道44号線沿いにある道の駅「スワン44ねむろ」の駅長さんに就任しました。
上の写真はスワン44ねむろです。駐車場の反対側は風連湖に面しており、ここに居るだけでもガラス越しに様々な野鳥達を見ることができます。

先月その旨お電話をいただき、ぜひお会いしたいと思い、一昨日20日に根室に行ってきました。
以前網走に来られた事があり、その時にお会いして以来、2年ぶりくらいかな。
この方はある交通関係の大会社にお勤めだったのですが、以前からバードウオッチングを中心にした地域活性化策を根室市に提言されてきました。

そして今回、その会社を退職され、スワン44ねむろの駅長に就任するとともに、根室の落石漁業協同組合や根室市と共同でこの方の企画の一つが実現しました。
それが昨日21日から始まった「落石ネイチャークルーズ」です。

漁がお休みの金・土・日に限られますが、休みの漁船を利用し、落石漁港からユルリ島、モユルリ島周辺海域をクルーズし、様々な海鳥やアザラシ、イルカなどの海洋動物を観察するもので、出発から帰着まで2時間30分のクルーズです。
この駅長さんか、もう一人のガイドさんが船に同乗し、解説などを行います。
私もそのうちぜひ参加してみたいと思います。
運が良ければエトピリカにも会えるかも・・・。
詳しくはこちらをご覧下さい。落石ネイチャークルーズ


この日は道の駅で2~3時間、駅長さんとも1人のガイドさんと楽しくお話しさせていただきました。
今後もいろんな形で交流、協力していければと思います。



私にとっても久しぶりの根室でしたので、道の駅の方々とお会いした後、雨が降ったり曇ったりなど、生憎の天気でしたがせっかくなので納沙布岬まで行ってみました。
道東の太平洋側はこの時期、ちょっと天気が悪いとこんなふうに霧に包まれる事が多いです。
100520-3.jpg

網走ではミズバショウの花は終わり、今は葉がどんどん大きくなっていますが、根室周辺では今が見頃でした。
特に春~夏の根室、釧路方面の気温は低いですからね。
100520-5.jpg

根室はいろいろなものに「日本最東端」と付きますが、これは日本最東端の駅、東根室駅です。
JR根室本線の終点、根室駅の一つ前の駅で無人駅ですが、駅員さんが居る駅だと終点の根室駅が最東端となります。
写真を撮ろうとしたらちょうど釧路からの普通列車が到着しました。
100520-4.jpg



 

網走で桜が開花しました

2010/05/17 20:59
 
100517-2.jpg

100517-1.jpg
網走地方気象台から今日(17日)エゾヤマザクラの開花が発表されました。
平年より4日遅く、昨年より13日遅い開花となりました。

写真は今日の昼頃に撮影したエゾヤマザクラです。

今日の網走は最低気温8.3度、最高気温は17.8度。
桜の花を見ると気分的にも春を実感するものですね。

網走もようやく春らしくなりました。
 

今の小清水原生花園

2010/05/09 19:39
 
100508-1.jpg
この数日雨が降ったり曇り空が続いています。今日の網走の最低気温は+4.7度、最高気温は+6.5度でした。

一昨日(8日)、小清水原生花園の様子を見に行ってみました。
売店などがあるインフォメーションセンターはGW前にオープンし、冬の間全列車が通過していたJR釧網線の原生花園駅も1日から営業再開、10月31日まで全列車が停車します。

でも網走はようやく春が始まったばかり、今咲いている花は駅舎付近のエゾエンゴサクだけで、訪れる人はまばらです。
100508-4.jpg


園内中央の天覧が丘から網走方向を見たところ。
100508-2.jpg


同じく天覧が丘から斜里方向。
100508-3.jpg


ハマナスの若葉。6月に入って間もなくちらほらと咲き出し、9月末くらいまで花を見る事ができますが、ピークは6月下旬から7月上旬くらいです。その時期はエゾスカシユリやエゾキスゲなども見頃で、小清水原生花園が最も華やかに彩られる時期でもあります。
しかしこの棘、見るだけでも痛そうですね。
100508-5.jpg



話し変わりますが、6日と7日、美幌博物館の魚類調査があり、参加してきました。
6日は美幌町内を流れる網走川2箇所、美幌川1箇所での調査でしたが、3箇所全てで例の特定外来種ウチダザリガニが見つかってしまいました。写真はこの日捕獲したウチダザリガニで一番大きな個体。体長12センチでした。
今年もまたウチダザリガニの防除調査をやると思いますが、今年は何千匹この姿を見る事になるんだろう・・・。
そういえば先月帰省した時、4月14日の読売新聞夕刊に千葉県の利根川でウチダザリガニが見つかったという記事がありました。関東で確認されたのは初めてだそうです。
100506頭首工1


明日(10日)から16日まで所用でまた東京に行く事になりました。
網走に帰ってきた頃にはこちらでも桜が開花しているかな。
 

ヘイケボタルの幼虫

2010/05/02 19:53
 
100501-1.jpg
昨夜(1日)美幌博物館のヘイケボタル幼虫カウント調査に参加してきました。
上の写真がその幼虫です。足がたくさんあるように見えますが、昆虫ですから足は6本、他に足のように見えるのは、水から酸素を取り込む「気管」と呼ばれるものです。この写真だと足と気管の違いがちょっと分かりませんね。ごめんなさい。

毎年継続して調査している美幌町内の用水路の決まった区間で、昨夜は4人でカウントして250匹が確認されました。
ホタルは幼虫も日光を嫌い、日中は物陰に隠れていますので、幼虫の調査も夜間に行います。
曇りの日などは日中でも見られる事があるそうです。


この写真は幼虫がモノアラガイを食べているところです。
少なくとも3匹で襲っていますね。いや4匹いるかな?
ヘイケボタルの幼虫はこのようにモノアラガイやイトミミズ、他の水生昆虫やオタマジャクシの死骸などを食べる肉食です。
100501-2.jpg


こちらでは7月中旬以降に成虫を見る事ができます。楽しみですね。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad