オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

寒い

2009/05/27 21:44
 
090527-1.jpg
先週土曜日以来昨日まで4日間連続で雨が降り、この時期にしては大変寒い日が続きました。
今日はようやく雨は上がり、時々日も差したものの、最高気温は10度に届かず。
予報だと明日は19度まで上がるようなので、この寒さからも開放されそうです。

今日の写真は1週間ほど前から住人となった濤沸湖畔北浜の白鳥公園で撮影したもので、
手前の植物はヒオウギアヤメです。来月半ば頃にはとても綺麗な青い花で見頃を迎えます。
 

ウチダザリガニ駆除調査

2009/05/23 21:44
 
前回の更新後、引越しでドタバタし、しばらく更新ができずにいました。見に来てくださった方、申し訳ありませんでした。

今までは市役所にも近い網走市中心部に住んでいましたが、今度は郊外、北浜に住むことになりました。網走市北浜といえば流氷に一番近い駅、JR釧網線「北浜駅」ということでご存知の方もいらっしゃるかと思います。
また、2005年11月にラムサール条約に登録された濤沸湖に面し、特にこれからの季節、様々な美しい花で彩られる小清水原生花園もすぐそこです。
これからはこの北浜で暮らしながら、網走及びその周辺の様子をお伝えしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。



今日は一日中雨。
その雨の中、美幌博物館のウチダザリガニ駆除調査に行ってきました。
ウチダザリガニはちょうど一年前のニホンザリガニの調査の時に、網走川水系としては初めて発見された特定外来生物指定種で、以来、このブログでも何度かお伝えしてきました。
美幌博物館ではその後、環境省の許可を得て昨年8月から美幌町内での駆除調査を行っています。
網走市内ではまだ公式には確認されていないようですが、先日このブログにも書いたとおり、網走川本流でも確認されていますので、もうすでに生息している可能性は十分考えられます。

今日の駆除調査はNHKと北海道新聞の取材があり、NHKでは既に今日の18時45分からの道内ローカルニュースで放送されました。
今日調査した川の様子です。
090523-2.jpg

川岸にはクリンソウが咲き始めていました。
090523-3.jpg

今日捕獲したウチダザリガニです。
今日は博物館の学芸員さん2人と私達学芸協力員3人、そして取材に来て下さったNHKの記者さん2人と道新の記者さん1人も取材しながら捕獲を体験し、約1時間の作業で合計139匹でした。
昨年も同じ場所で駆除調査していますので、まだまだ居るんだな~という感じです。
090523-1.jpg

捕獲後、全て体長、体重、雌雄などを測定、記録しました。
今日の最大体長は111mm、最小は18mmでした。
ちなみにザリガニの体長はハサミの部分は含まれません。
 

また雪

2009/05/14 21:42
 
090514-1.jpg
先月の終わりに季節外れの大雪が降った後、30度近くまで上がった日もあったのに、今日は夕方からまた季節外れの雪になりました。

さすがに平野部では先月のように道路まで積もる事は無いと思いますが。

夜になって気温は+2度。強い北風が吹いています。
 

網走川魚類調査

2009/05/07 22:03
 
今日の網走は最低気温8.5度、最高気温は28.3度まで上がりました。いや~暑かった!
夕方のテレビニュースを見たら、紋別では30度まで上がったそうで、今日の全国の観測地点での最高気温が高い順の1~5位までが北海道オホーツク海側だったとのことでした。
ついこの前20センチも積もる雪が降ったばかりなのにね。
観光で来られた方はびっくりしたことと思いますが、オホーツク海側は気温が上がる時はかなり上がる事があります。

先日開花した桜も今日、気象台から網走での満開宣言が出ました。


そんな暑さの中、美幌博物館の魚類調査に行ってきました。
農作業が本格化するこの時期、川から農業用の灌漑用水に通水するため、取水口のそばにある水門を閉め、水位を上げます。
用水路の取水口は通常の川の水位よりも上にあり、秋から翌年の春までは水門を開けておき、川からは水が流れ込みません。そして農業で水を使用するこれからの季節は水門を閉めて水位が上がると川の水の一部が用水路に流れ込むのです。
そして取水に必要な水位に達すると、水は水門から溢れて下流に流れていきます。

水門が閉まって、その上流側が取水に必要な水位に達して水門から溢れるまでの間、水門の下流側は一時的に水が流れなくなり、川は浅い水溜りのような状態になりますので、そこに取り残された魚を調査するものです。
美幌博物館と網走にある東京農大で一緒に毎年行っている調査です。

今日は美幌町内を流れる網走川本流の2箇所で行いました。
先ずは上流側、水門を閉める前です。
090507-1.jpg

水門が徐々に閉まっていきます。ここの水門は開いてる時は下流に向けて川底にぺたんと倒れていて、閉める時は油圧で起き上がってくるタイプです。
090507-2.jpg

水門が完全に起き上がり、川を堰き止めました。私達も作業開始です。
ここは水門が小さいので堰き止めた水が溢れ出すまであまり時間がありません。
090507-3.jpg

水門の下流側はこんな状態になります。
090507-4.jpg

昨年、美幌博物館の調査で網走川水系に侵入しているのが初めて公式に確認された、特定外来生物に指定されているウチダザリガニがここにも居ました。
090507-5.jpg

他にはヤツメウナギ、フクドジョウ、ヤマメ、アメマス、そして赤い婚姻色が表れたウグイなど、通常網走川に生息している魚達でした。


次に少し離れた下流側に移動、ここの水門は大きく、上から降りてくるタイプです。
090507-7.jpg

水門が閉まりました。
090507-8.jpg

水門の下流側から見たところ。ここでも石をひっくり返したりしながらウチダザリガニに注意して探しましたが、ここではウチダザリガニは見つかりませんでした。
090507-9.jpg

水位が上がり、水門から溢れ出した様子です。
090507-10.jpg


捕獲した魚の測定、記録に没頭していて魚の写真撮るの忘れてしまいました。

暑い一日でしたが、爽やかで不快な暑さではありませんでした。でもだいぶ日焼けしたかな・・・。
 

桜 開花しました。

2009/05/04 20:13
 
090504-1.jpg

090504-2.jpg
今日の網走は最高気温が24.6度まで上がりました。

昨日のつぼみの様子からして「今日は開花するだろう」と思い、また桂ヶ岡公園に行ってみたら、エゾヤマザクラの標本木が数輪咲いてました~!

気象台からも開花宣言が出ました。
平年より9日早く、昨年より1日遅いとのことです。
そういえば、昨年は5月1日に30度まで上がった事があったんですよね。

本来、ゴールデンウイークが見頃の呼人のミズバショウも平年より10日くらい早い感じで、もう見頃は終わってきました。

東藻琴の芝桜はまだ見てませんが、これも今年は早そうです。
 

もうすぐ開花

2009/05/03 23:19
 
090503-1.jpg
今日の網走は最高気温が20.6度まで上がりました。
ちょうど1週間前は季節外れの大雪だったんですが、その後は気温が高い日が続き、平野部では何事も無かったかのように、雪はすっかり消えています。

今日は美幌博物館に寄りながら北見に行ってきましたが、北見でも美幌でも桜が咲き始めていました。
網走での最新の開花予想は先月22日に発表された5月11日ですが、北見や美幌の桜を見て、網走でもひょっとしたらと思って夕方、市内の桂ヶ岡公園にある標本木を見に行って撮ったのが上の写真です。

まだ開花はしていませんでしたが、明日はまた20度まで上がるようなので、この様子だと明日あたり開花するかもしれません。


ところで今朝放送されたNHK「さわやか自然百景 ~北海道 網走湖畔~ 」は見ていただけたでしょうか。
僕も今日の放送で初めて映像を見ましたが、さすがプロですね~様々な制約の中でよくあれだけの映像が撮影できたと思います。あっという間の14分でした。
今日見られなかった方でBSを受信できる方は来週10日、午前5時からBS2で再放送されますので
是非ご覧下さい。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad