オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

1月31日 流氷の近況

2007/01/31 21:40
 
更新が滞ってしまいました。

流氷の近況ですが、27日に一気に接岸する勢いで寄ってきました。その時の写真です。
20070131212337.jpg



その時はもう接岸だろうと思っていたのですが、その後後退。
昨日と今日は南風で更に押し戻され、今日はすっかり見えなくなってしまいました。
この写真は今日の能取岬の様子ですが、せっかく来た観光客の皆さんもがっかりでしょう。
しかし流氷とはこういうものです。逆に前の日は見えなかったのに一晩で接岸という事もあります。
今日の網走は暖かく、最高気温は3.6度まで上がりました。おかげで市内はそこらじゅうびちゃびちゃでした。明日以降は冬型の気圧配置に戻るので、2月2日あたりから流氷もまた戻って来そうです。
20070131213720.jpg



昨日、久しぶりにウトロへ行って来ました。ウトロでは先日接岸していたのですが、やはり離れてしまったようで、波打ち際にちょっとだけ残された流氷が浮かんでました。20070131214028.jpg

 

1月26日 きた来たキターーー!

2007/01/26 17:55
 
18日に流氷初日が発表されたものの、その後一進一退、見えたり見えなかったりを繰り返していましたが、今日、ぐっと近付いて来ました。

今日の網走は雪が降ったり止んだりで海上の視界も悪く、今日もダメかなと思っていましたが、夕方、視界が良くなったところで窓から海を見てみたら白い帯がはっきりと確認出来ました。早速カメラを持って高台にある近所の公園に行って撮ったのがこの写真です。20070126174140.jpg


そしてズームアップ。写ってる船は砕氷観光船おーろら号です。20日の営業開始から流氷が見られず、500円引きの2500円で能取岬遊覧をしてましたが、ようやく流氷の中を航行できるようになったようです。20070126174157.jpg


この後能取岬に行ってみたら、流氷本隊から離れた小規模な流氷群がかなり近付いていました。20070126174941.jpg

20070126175006.jpg


話し変わりますが、網走湖ではまだ辛うじてサケを見ることが出来ます。近くにサケ増殖施設があるためだと思います。
もう数匹程度なのでまもなく終わると思いますが、今月中なら見れると思います。20070126175432.jpg

 

1月19日 流氷今日は見ましたよ~

2007/01/19 18:16
 
20070119175549.jpg

昨日は数時間の差で流氷を見逃してしまった僕ですが、今朝、能取岬でしっかり見ることが出来ました。僕にとっての流氷初日です。

流氷を見ていると上空にオオワシが次々と飛来し、合計5羽、まるで流氷がやって来たことを歓迎するかのように旋回を始めました。
20070119175614.jpg


流氷観光船「おーろら」も今までは港奥の網走川河口付近に係留されてましたが、営業用の岸壁に移動、明日から運航開始です。20070119175650.jpg

 

1月18日 網走流氷初日

2007/01/18 19:55
 
網走地方気象台が本日15時、流氷初日を発表しました。平年より2日早いとの事です。

実は私、網走で自然ガイドを始める事になりました。この冬は流氷と絡めてオジロワシ・オオワシ観察と、スノーシューを履けば誰でも気軽に歩ける森の散策を計画し、現在準備中です。準備が出来次第このブログでご案内しますのでよろしくお願いいたします。

そして今日、ガイド開業に先立ち、はるばる九州から来られたお客様をご案内させて頂きました。ここ数日の流氷情報で、もしかしたら今日のお客様に流氷を見て頂けるかもしれないと期待してましたが、飛行機の時間の関係で午前中のご案内。朝、海上にはかなり靄がかかっており、視界が回復するのを願いながら、先にワシの観察ポイントに行った後、能取岬に行きましたが、残念ながら流氷の姿は見られませんでした。
ほんの数時間の差だった事になり、ちょっと残念です。
それでも立派なオジロワシの成鳥を20倍のフィールドスコープでじっくり見て頂けた他、移動中にもオオワシ、オジロワシ、キタキツネを見ることが出来ました。そして網走湖ではまだ少しだけ残っているサケを御覧頂けましたので、何とかこの地方の自然を感じていただけたかなと思っています。
 

1月13日 また津波警報

2007/01/13 18:48
 
また津波警報出ました。昨年11月に出た時は、気象庁が津波警報を出すようになってからオホーツク海側に出されたのは初めてとの事だったので、あと2~30年は無いだろうと思っていたので、昼食のカップラーメンを食べながら見ていた大河ドラマの再放送が中断された時は何かの間違いだろうと思いました。

私が住んでいる所は高台にあるので、問題無いんですが、また多くの人達が避難してきました。前回は夜だったので写真は撮りませんでしたが、今回は近所の様子を撮影してみました。20070113182136.jpg



流氷シーズンに備えて網走港に戻っていた観光船「おーろら」は沖へ避難です。11月の津波警報の時は漁船が次々と港を出て沖へ避難してましたが、流氷が来ると漁が出来なくなるので、既に漁船は全て陸に上げてあります。この写真で右端に写ってる小さな船は海保関係の船だと思います。20070113182157.jpg



岸壁で警戒中のパトカーです。
20070113182227.jpg



津波到達予定時刻を過ぎた海岸の様子です。結局網走では16時33分に10センチの津波が観測されただけで、18時頃に注意報に変わりました。20070113182312.jpg

 

1月6日 アザラシの群れ

2007/01/06 23:55
 
昨日の夕方、お世話になってる方から電話があり、「サロマ湖にアザラシの大群が居て、NHKが取材に来ていた。この後6時から7時の間に放送される。全面結氷すると居なくなるから君もなるべく早く写真撮っておけ」との事。私は「早速明日の朝に撮ってきます」と答え、NHKを見ました。全国ニュースではなく、道内ニュースの、更に北見ローカルでの放送でしたが、約200頭が来てるという事でした。

そして今朝サロマ湖に行ってみると、居るわ居るわ・・・。広い範囲に散らばってましたが、湖面に浮かぶ氷の上でとても数え切れない数のアザラシが寝そべっていました。多分殆どがゴマフアザラシだと思います。
こちらで暮らしていると、アザラシはたまに見ることがありますが、一度にこれだけの頭数を見たのは初めてでした。さすが北海道!

ただ、写真撮るには陸からちょっと遠かったですね。一番近い所に居た群れでも200m以上はあったと思います。でもサロマ湖は日本で3番目に広い湖(汽水湖)ですから、その中でも観察しやすい場所に居てくれたのは良かったです。
テレビで放送された翌日なので多くの人達が来てるかな?と思ってましたが、私が居た約1時間は地元の子供が4~5人歩いて見に来ただけでした。20070106223534.jpg

20070106223553.jpg


かなり遠いですが、手前に居るのはオジロワシです。20070106223613.jpg


群れから離れてぽつんと1頭。20070106223643.jpg

 

2007年元旦 あけましておめでとうございます

2007/01/01 20:00
 
20070101182750.jpg

20070101182807.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

網走で迎える初めてのお正月ということで、今回は部屋に小さな鏡餅、車にもお飾りを付けてみました。車に正月飾りなんて初めてです。
玄関のドアにも小さなお飾りを付けました。

こうしてささやかながら正月の準備をして元旦を迎えましたが、正月早々、大失態をやらかしてしまいました。
天気も良さそうなので、これは綺麗な初日の出が見れる!と、防寒対策をしっかりして、カメラも忘れず、車で海岸に出かけました。
網走では東に知床半島が横たわってるので、太陽は知床の山から出てきます。その関係で、明るくなるのは東京より早いですが、日の出そのものは東京より遅かったりします。
ま、そんなことでカーナビのテレビで本州最東端の犬吠埼の初日の出の様子を見たりしながら知床の山々の向こうがどんどん明るくなっていく様子を見てました。
やがて知床半島付け根付近にそびえる斜里岳の左側稜線が赤く輝き始めました。いよいよです。平成19年初日の出を撮影するべく、カメラのスイッチを入れました。その時です、背面の液晶モニターに文字が表れました「カードが入っていません」・・・。
やってもうた・・・その直後7時5分、斜里岳の稜線から太陽の頭が見え出しました。その輝きはみるみるうちに大きくなり、7時10分、真っ赤に輝くまん丸の太陽が完全にその姿を現しました。本当に美しく、素晴らしい初日の出でした。
カメラを助手席に置いたまま、その神々しい光景を自分の脳裏に焼き付け、「まあ、見れたんだからいいじゃないか」と自分を慰めながら帰宅。
カードはパソコンに刺さったままでした。
これで今年も写真が上達しない事だけは確定しますた・・・。

という事で、残念ながら初日の出の写真はありません。

気を取り直して午後にワシを撮りに行きました。2007年初撮りのオジロワシです。20070101182823.jpg

 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad