オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

4月23日 銀河線廃線 1

2006/04/24 02:30
 
20060423225348.jpg

NHKの全国ニュースでも生中継されたりしたので皆さんご存知と思いますが、北海道ちほく高原鉄道株式会社ふるさと銀河線が4月20日の運行をもって廃線となりました。
廃止を前に先月乗ってきましたが、その時このブログにも書いた通り、僕が初めてこの路線に乗ったのは1985年3月、国鉄池北線という名称の頃でした。この時は初めての北海道旅行で、当時の「北海道ワイド周遊券」という切符で道内の様々な国鉄路線に乗りながら2週間旅をしました。
その時乗った池北線の印象は、さびれたローカル線にしては結構スピード出るんだなというもので、その後は先月まで乗る機会はありませんでしたが、この、「意外と速い」というイメージはずっと頭の中に残ってました。
そして最近知った事ですが、実際、この路線は勾配、カーブなど、比較的線形が良く、銀河線の存廃が問題になった時、JR石北線を走る特急オホーツクを、銀河線の線路を改良強化したうえ、高性能新型車で走らせれば、既に高速化していたJR根室線、石勝線と合せて札幌と北見、網走の所要時間短縮に効果があり、銀河線の存続にも繋がると検討された事もあったようです。


昨日(22日)、廃線後の銀河線に沿って北見から置戸まで車で走ってみました。
既に踏切の警報機や遮断機は撤去され、この写真のように線路に対して柵が立てられていました。レールはまだ光っていて今にも向こうから列車が走ってくるように感じました。

今回の銀河線の廃止は正直言って仕方の無い事と思います。鉄道が好きな方の僕でも普段は地元の釧網線や石北線に乗る事は殆ど無いですし。
ただ、鉄道は不思議な交通機関だなと思います。本来、単なる移動手段の1つであり、その意味では廃止になってもその代わりにバスがあるわけで、鉄道が無くなって人々がどこにも行けなくなるわけではありません。大都市圏と違って道路の渋滞は無いので、バスになって所要時間が大幅に長くなるわけでもありません。冬も主要道路は常に除雪されてます。実生活に大きな影響は無いはずなのに、沿線の人達には何故か大きな喪失感が残るんですね。
鉄道って何か人の心に自然と溶け込むような事が出来る交通機関なのでしょうか。普段は乗らなくても、身近な所に存在してるだけでなんとなく安心みたいな。
銀河線沿線の多くの人達も車で移動してると思います。それが廃止の原因のひとつでもあり、それでも困らないと思いますが、寂しさを感じてる人も多いでしょう。

現実に鉄道を維持するには巨額の費用がかかり、感情論で語るべきでは無いのは分かるんですけどね。でも鉄道は何か心に染み込んでくるものがあるんですよね。
 

4月23日 銀河線廃線 2

2006/04/24 02:27
 
20060423225327.jpg

置戸駅には銀河線への寄せ書きがたくさん掲示されてました。
先月あたりから地元の学生を中心に書かれていたようでした。
利用客が少なくなっていたとはいいながらも、やはり多くの人達に愛されていたんですね。
 

4月23日 銀河線廃線 3

2006/04/24 02:24
 
20060423225232.jpg

先月学校を卒業した子達が書いたんですね。
見てるとジ~ンときました。
 

4月16日 足跡・・・ 1

2006/04/17 00:13
 
20060416232148.jpg

昨日ですが、クマゲラに会いたくて知床の森を歩いて来ました。
真新しい食痕は見ましたが、残念ながらクマゲラ本人には会えませんでした。

それよりも、森に入ったとたんにヒグマのこんな足跡が・・・。
もうこの時期ですからクマさんは全員起きてるだろうな~とは思っていたものの、こんな足跡がそこらじゅうにあるのを見ちゃうとかなりビビリます。ホント、1頭や2頭じゃない感じでした。ヒグマは凄く魅力的な動物ですが、やはりねぇ・・・。
時々手を叩いたり、声を出して歩きましたが、それではクマだけでなく、他の動物や鳥も警戒しちゃうわけで・・・^_^;

撮影もクマに注意しなければならない季節になりました。
 

4月16日 足跡・・・ 2

2006/04/16 23:50
 
20060416231907.jpg

このオスジカ、雪を掘って一心不乱に草を食べてました。
この後すぐそばまで近付いても僕をチラッと横目で見るだけで、お食事に夢中でした。冬の間は木の皮をかじりながら飢えを凌いでいたのでお腹空いてたんでしょうね。
 

4月8日 「子ぎつねへレン」見てきました。 1

2006/04/08 23:10
 
20060408212638.jpg

現在公開中の映画、「子ぎつねへレン」を北見まで見に行ってきました。
この映画は目と耳が不自由で、僅か3週間あまりしか生きられなかった子ぎつねの実話を基に制作されたもので、昨年、隣接する小清水町、常呂町も含め、網走で撮影されました。
昨年映画の撮影をしている事は知っていましたが、僕自身は特に映画に関心があるわけでもないので、気にする事も無くその後忘れていたんですが、先日所用で市役所に行った時にこの映画のチラシと割引券が置いてあり、地元で撮影された映画だし、動物は好きだし、せっかくだから見てみようということにしました。

普段、見たい映画はDVDになるのを待ってレンタルで見てるので、スクリーンで見るのはいつ以来か思い出せないくらい久しぶりでした。
そして心配だったのは僕、いい年して結構涙もろいところがあるんです。(^_^;)
いい年した男が他人が居る中で(T_T)状態になるのは凄く恥ずかしい事ですが、そういった意味ではこの映画の内容は非常にヤバイもので、そこは何とか耐えねば・・・と、始まる前から変な緊張感がありました。

やはり終盤はかなり危機的状況に陥り、涙腺決壊寸前まで行きましたが、何とかぎりぎり耐えましたぁ~。
子供向けの映画ですが、単純な僕は素直に感動しました。そして映画の中に映し出される風景、いつもの見慣れた景色ですが、映画の中で見ると綺麗ですね~。「オレっていい所に住んでるじゃん」と改めて思いました。
自分が住んでる所で撮影された映画で感動できてちょっと幸せです。
見終わった後、思わずサントラCDも買ってしまい、帰りの車の中で聴きながら余韻に浸ってました。

春休み映画ですが、まだ各地で上映してると思いますので皆さん是非ご覧下さい。撮影地市民としてお勧めいたします(^_^)

僕はそのうちDVDが出たら今度は一人でおもいっきり泣きながら見るつもりです。
 

4月8日 「子ぎつねへレン」見てきました。 2

2006/04/08 23:08
 
20060408212746.jpg

網走に帰ってきて更に感動の余韻に浸りたくなり、映画の中でよく出てきた能取岬に行ってみました。そしてその後小清水の海岸へ。
見終わったその足でちょっとしたロケ地巡りが出来るのはいいものです。

関係ない話ですが、とっくにいなくなったはずの流氷が、最近の低気圧の影響で紋別に戻ってきて一部接岸したらしいです。びっくりです。
 

4月3日 冬に戻りました

2006/04/03 21:34
 
20060403201748.jpg

東京では土曜日がお花見のピークだったようで、昨日から散り始めて桜吹雪となったようですが、網走は本当の吹雪です。

2月下旬から3月は暖かい日が多く、去年よりだいぶ早く雪解けが進んでいましたが、ここ数日は毎日雪が降り、時々吹雪いてます。
今日は1日中雪が降り、ちょっと近所の様子を撮ったのがこの写真です。この時も吹雪いていて、目に雪が叩きつけるように入ってきて痛いのなんの・・・。市内を歩くにもスキーのゴーグルが欲しいくらいです。
ただこの雪も湿った重い雪。やはり春の雪です。天気が回復すれば、すぐに融けるでしょう。

このブログもちょっと間が開いてしまいましたが、先週、久しぶりに札幌へ行って来ました。友人と飲んだり、ビックやヨドなどの大型店を見て歩いたり、楽しかったです。
ただですね、今回は特急オホーツクで往復したんですが、3月のダイヤ改正で道内の特急は全車禁煙になってしまったんです。網走~札幌5時間半もかかるオホーツクも例外ではありません。喫煙者にはこれは辛いところです。時代の流れとはいえ、確か前回のタバコの値上げの理由は旧国鉄の債務返済だったよな~。オホーツクは国鉄時代の車両だし。
ま、禁煙はいいとしても、前にも書きましたが、オホーツクのスピードアップは真剣に考えて欲しいものです。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad