オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

サンゴ草 1

2005/09/16 21:28
 


網走の見所のひとつでもある能取湖のサンゴ草が見頃です。
サンゴ草は正式にはアッケシ草という名の植物で、この時期に茎が赤く色付き、一面赤い絨毯のようになります。
ここ能取湖は日本最大の群生地として知られています。
この赤い絨毯は来月中旬頃まで見る事ができます。
 

サンゴ草 2

2005/09/16 21:14
 


これは涛沸湖です。
能取湖ほどの大群生ではありませんが、他にもサロマ湖や風連湖など、
オホーツク海側から道東にかけての、海と繋がってる湖や湿地では、
あちこちで見る事ができます。
 

またカラフトマスです 1

2005/09/12 21:05
 


またカラフトマスです。先日、ウトロの反対側、根室海峡に面した羅臼の川の様子を見に行ってみました。遡上の状況は各川によって違い、川面を覆いつくす程のカラフトマスが上って来てる川もあれば、そのすぐ近くの別の川ではまだ数える程しか上って来てなかったりします。

その日は以前からチェックしていた川に行ったところ、まさに祭り状態でした。その川は河口から間もない所に砂防ダムの滝があるのですが、凄い数のカラフトマスが滝の前に集結し、ジャンプを繰り返していました。

ここでは2時間位の間に500枚くらい撮ってしまいました。いや~デジタルにして良かったぁ~。と思ったものの、帰ってからの画像のチェックが大変でした。

先ずは河口での立ち上がった波の中に見えるカラフトマスです。
今回は1~6まであります。
 

またカラフトマスです 2

2005/09/12 20:33
 


砂防ダムの滝です。多くのマス達が絶え間なく果敢にジャンプを繰り返し、それはすごい光景でした。一見、この滝をクリアするのは難しそうですが、見ていると、惜しい!あともう一歩!という場面もあり、乗り越えていく個体もいると思います。
そしてこの砂防ダム、実は一番端に細いつづら折れの魚道が設けられているのですが、当然ながら殆どのマスはその魚道を見つけられず、正面から滝に挑んでいました。
 

またカラフトマスです 3

2005/09/12 20:12
 


砂防ダムの上に立ち、下から飛び出してくる様子を狙ってみました。
絶え間なくジャンプしてくるものの、何時、どの瞬間、どの位置から飛び出すかわかりませんので、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるということで、ファインダーを凝視し、ちょっとでも魚影が見えたらシャッターボタン押しっぱなしで連写!連写!です。

露出がバックの白い泡に引っ張られて、魚体が黒つぶれ気味になってしまいました。一応、プラス1/3、2/3で補正はしてたんですが。
 

またカラフトマスです 4

2005/09/12 19:52
 


 

またカラフトマスです 5

2005/09/12 19:51
 


 

またカラフトマスです 6

2005/09/12 19:50
 
20050911214440.jpg

今日はここまでです。今度撮りに行く時はサケも混じってくるでしょう。
 

カラフトマス遡上 1

2005/09/08 21:14
 


先月、カラフトマスの遡上が始まったとお伝えしましたが、9月に入り、知床の各川での遡上が本格的になってきました。
多くの観光客達も橋の上から川を覗き込み、この地域の自然界の大きな
イベントに歓声をあげていました。

今回の写真は台風が来る前に撮ったものです。1~8まであります。
 

カラフトマス遡上 2

2005/09/08 20:56
 


川の中の黒っぽい影は全部カラフトマスです。
カラフトマスは東京などでは聞き慣れない魚だと思いますが、実際には
サケフレークや、サケ缶など、加工されたものに「サケ」という名を付けて、全国に売られているそうです。
こちら地元では「マス」あるいは「アオマス」という名で、スーパー
や魚屋さんで普通に売られています。最近では新たに「オホーツクサーモン」という名を付け、拡販しようとしているようです。

今月下旬になると、サケも帰ってきます。そして11月くらいまで知床の川はサケ、カラフトマスの遡上で賑やかになります。
そして母なる川に戻ってきたマス、サケ達は間もなく交尾、産卵を終えると自らの生涯を閉じます。
 

カラフトマス遡上 3

2005/09/08 20:23
 


 

カラフトマス遡上 4

2005/09/08 20:22
 


 

カラフトマス遡上 5

2005/09/08 20:21
 


ウトロの中心部を流れるペレケ川です。小さな川ですが、土石流対策
で、コンクリートでガチガチに固めてあり、この写真のように段差も
ありますが、ここにもたくさんのカラフトマスが上ってきます。

こんなにコンクリートだらけだとちょっと興醒めですが、一応、サケ、
マスの遡上に配慮して設計されてるようです。
 

カラフトマス遡上 6

2005/09/08 20:00
 


コンクリートの段差に果敢にチャレンジしています。
一発でクリアするのは難しいようですが、皆何度も繰り返しアタック
し、乗り越えていきました。ちなみにこれはメスです。

残された命はあと僅か・・・。最後の命の炎を燃やす瞬間です。
間もなく次の生命と引き換えに、自らの生涯を閉じます。
見てるとウルウルしてきました。
 

カラフトマス遡上 7

2005/09/08 19:42
 


これがオスです。前のメスと較べて背が盛り上がり、口先も鋭く、
厳つい顔になってるのが解ると思います。

海にいるときはオスもメスとあまり変わらない姿ですが、
川に遡上する頃になると、オスはこんなふうに姿が変わってきます。
この姿になったオスを「セッパリ」と言う事もあります。
 

カラフトマス遡上 8

2005/09/08 19:36
 


間違えて乗り上げちゃいました。

この直後、ちゃんと水中に戻りました。
 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad