オホーツクだより

網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」オーナーブログ

根北線越川橋梁追悼集会

2011/07/31 22:33
 
110731-1.jpg

110731-2.jpg

110731-3.jpg

またずいぶん更新が空いてしまい、すみません。

今日は斜里町の越川橋梁で行われた「根北線鉄道工事殉難者・受難者追悼集会」にMOTレール倶楽部のメンバーの1人として他の3人のメンバーと共に参加してきました。

国鉄根北線(こんぽくせん)は主に国防上の理由から斜里と根室管内標津(しべつ)を結ぶ目的で1938年(昭和13年)に着工されましたが、太平洋戦争の影響で1941年(昭和16年)に工事は中断。
戦後工事は再開され、1957年(昭和32年)11月に斜里~越川(12.8km)が開通したものの、その先への工事は中止されたまま、開通から僅か13年後の1970年(昭和45年)11月30日をもって廃止された鉄道路線です。

そしてこの越川橋梁はその根北線の一部として1939年に着工されましたが、その工事は「タコ」と呼ばれた労働者が苛酷な環境で使われ、11名の犠牲者が出ました。
1941年に工事が中断した時には越川橋梁はほぼ完成していましたが、1957年に開通したのはこの橋梁の手前の越川までとなり、結局この橋梁に列車が走ることはありませんでした。

その後国道244号線の拡幅工事の際、橋梁の一部が撤去された他はそのまま放置されていましたが、1998年に国の登録有形文化財に指定されました。



今日の追悼集会は越川橋梁の工事の犠牲となった11名の労働者の供養をし、語り継ごうと「知床の歴史を語る会」と地元の越川自治会の主催で毎年この時期に行われており、今年で17回になるそうです。


この越川橋梁は知床半島の基部を横断する国道244号線を標津に向かい、斜里の市街地から車で約15分ほど、根北峠の麓にひっそりと佇んでいます。


 

8月29日 松浦武四郎展準備中

2007/08/30 01:31
 
昨年から近隣の美幌町の美幌博物館で学芸協力員として自然関係の調査や行事などのお手伝いをさせてもらってますが、その美幌博物館で9月2日から10月26日まで、「北海道を探検した男 松浦武四郎 ~未知への憧れ・挑戦~」と題した特別展が開かれます。

松浦武四郎(1818年~1888年)は幕末から明治時代にかけて活躍した探険家で、それまで蝦夷地と呼ばれていたこの北の大地、北海道の名付け親でもあります。

今回のこの特別展は様々な資料展示以外に、松浦武四郎が美幌を訪れた時の様子をジオラマにして展示するという事で、先月初めからその製作に取り掛かりました。
僕は他の学芸協力員の皆さんと共に主にジオラマの中に配置するアイヌの人々や松浦武四郎の人形作りをしましたが、これは市販のプラモデルの武士を切ったり削ったりパテで整形したりしながら、それぞれのシーンに合ったポーズのアイヌ人達に仕立てるというもので、最初はどう加工していいか分からず、途方にくれましたが、皆で試行錯誤しながら知恵を出し合い、何とか数十体もの人形を作り終えました。
20070830003850.jpg


今月途中からは情景担当の人がそれぞれのシーンのジオラマの製作に取り掛かり、出来上がったものから人形を配置、何とか形になってきました。
20070830004643.jpg


他にも大きな地図に、発光ダイオードを埋め込み、ボタンを押して武四郎の足跡を点灯させる仕掛けを作ったりと、皆さん自分の時間がある時に博物館に集まり、いろんな展示物を作ってきました。
今週は開催を前に追い込み作業、連日夜8時過ぎまで頑張ってます。
昨日と今日は北海道新聞の記者の方が準備作業の取材に来てました。
ジオラマ作りなどは皆素人で、最初はどうなる事かと思いましたが、皆で協力し合った甲斐があり、自分で言うのもなんですが、素人にしてはなかなか良く出来たのではと思っています。
20070830010318.jpg


美幌博物館は女満別空港から車で15分くらい、JR美幌駅からは車で5分くらいの所なので、観光で来られる方も是非立ち寄って頂ければと思います。
常設展示は入場料金300円(高校生以下は無料)ですが、武四郎展のみの場合は大人も無料です。
 

8月27日 ツチクジラ解体

2007/08/28 00:27
 
20070827203209.jpg


上の写真は昨夜網走港に水揚げされたツチクジラという体長10m前後の歯クジラです。

知らない人も多いかもしれませんが、かつて網走は和歌山県太地町、千葉県和田町、宮城県牡鹿町鮎川と並ぶ沿岸捕鯨の4大基地のひとつでもありました。
ご存知の通り、世界的な捕鯨禁止の流れの中で現在は昔のような捕鯨は出来なくなりましたが、網走では毎年この時期、調査捕鯨として農林水産大臣から許可を得た上でIWCの規制対象外となっているツチクジラの漁が行われています。
網走では現在捕鯨が出来る会社が2社ありますが、今年も8月20日から9月5日までの漁期で4頭の捕獲枠を得て本州の会社と共同操業で捕鯨が行われています。

24日に羅臼沖で今年の1頭目が捕獲され、25日午前2時から解体されましたが、この1頭目はたまたま同じ羅臼沖の海域でホエールウオッチングをしていた観光船の目の前での捕獲となり、それがニュースになって物議を呼んだようです。

昨夜(26日)は大河ドラマを見ながら飲もうとしたビールを開ける直前に北見の、魚類関係に詳しい友人から電話があり、「21時から2頭目のクジラの水揚げ解体があると情報があった。お前はすぐ近くなんだから見に行って来い」と言われ、貴重なシーンを見れるいい機会だと思い、港へ行ってきました。
以下、解体の様子を撮影したものですが、10人くらいの作業員の人達がなぎなたのような、ものすごく良く切れる刃物を使い、見事な太刀捌きで2時間も掛からずに終えました。
今では年に1回、この時期に数頭しかクジラを解体する事は出来ませんが、これも一つの職人技、貴重な文化だと改めて感じました。
(以下の写真には内臓の一部や切断された頭部が写っているものもあります。そのようなものが苦手な方はご注意下さい)
20070827203250.jpg

20070827203313.jpg

20070827203346.jpg

20070827203418.jpg

20070827203500.jpg

20070827203533.jpg



網走で商業捕鯨が始まったのは1915年(大正4年)からでした。
その後、1960年代までは大型のナガスクジラやザトウクジラなどが捕れており、その頃の大型クジラを解体していた場所には記念碑が建っています。
20070827203608.jpg


現在の解体場所は下の写真です。解体場の奥に設置されているウインチを使い、写真に写ってるスロープからクジラを引きずり上げます。
20070827203634.jpg


いつ頃まで使われた船かはまだ調べていないので分かりませんが、市内中心部を流れる網走川の河口近くに古い捕鯨船が置いてあります。
網走がかつて捕鯨の町だった事を伝える物の一つです。
20070827203656.jpg

 

  HOME  

プロフィール

金指 功(かなざし いさお)

  • Author:金指 功(かなざし いさお)
  • 2004年に埼玉県からウトロのホテル勤務を経て網走に移住。
    2007年2月から網走自然ガイド「オホーツク遊楽倶楽部」として網走の自然の魅力を伝えてきました。
    そして2013年、オホーツク遊楽倶楽部は網走自然ガイド&旅人の宿「わしのとまり木」に生まれ変わり、新たな出発をしました。

最近の記事

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad